291_01s
7月15日発売のビッグイシュー日本版291号の紹介です。
表紙は「チェブラーシカ」、特集は「軍事化する日本」。

スペシャルインタビュー 「チェブラーシカ」中村誠監督

膨大な労力をかけてつくられる人形アニメーションの世界には、そっと触れなければ壊れてしまうような儚さと、手仕事の温もりがあります。『チェブラーシカ 動物園へ行く』『ちえりとチェリー』を制作した中村監督に、作品に込めた思いを聞きました。

特集 軍事化する日本――軍学共同、武器輸出に対抗する市民たち

今、“軍事化”の波が押し寄せています。
2012年、JAXA法が改定され、宇宙開発は「平和目的に限る」の一文が削除されました。今や宇宙開発予算の大半が“軍事目的”とされます。また、防衛省が15年から開始した「安全保障技術研究推進制度」は、軍事に役立つ研究を行う大学や研究者に対して、6億円規模の資金を提供し始めました。
こうした「軍学共同」の進展に警鐘をならす池内了さん(総合研究大学院大学名誉教授)は「学者に対する“経済的徴兵制”が始まった」と語ります。そこで、池内さんに「日本の軍学共同の今」について、金子元久さん(筑波大学教授)に「大学財政の現状」についてインタビュー。
さらに、14年の「武器輸出三原則」撤廃により、日本が世界の武器市場へ参入するなか、反対のアクションを続ける「武器輸出反対ネットワーク」の杉原浩司さん、「KOBEピースiネット」の高橋秀典さん、松本なみほさんにも取材。
71回目の敗戦記念日を前に、改めて日本と世界の平和を考えたい。

ビッグイシュー・アイ アンプティサッカー。失望と不安に塞ぐ気持ちをサッカーが変えた

クラッチと呼ばれる医療用の松葉杖でピッチを駆け回り、片足で華麗なパスやシュートを放つ「アンプティサッカー(切断障害者サッカー)」。この知られざるスポーツの魅力を、関西チームの選手たちに聞きました。世界アンプティサッカー連盟には23ヵ国が参加、競技の人気は海外でも高まっています。

今月の人 ストリート誌の記事がきっかけで、27年ぶりに妹と再会―ドイツ『ヘンペル』誌販売者、ヨルグ・ワーケンチン

東西ドイツの国境に隔てられた後、会えないままだったヨルグとマデレンの兄妹。ある日、ストリート誌『ヘンペル』の記事の中に、妹は兄を見つけます。感動的な再会の場に、ヘンペル誌も立ち会いました。

この他にも、「ホームレス人生相談」やオンラインでは掲載していない各種連載などもりだくさんです。詳しくはこちらのページをごらんください。

最新号は、ぜひお近くの販売者からお求めください。 販売場所検索はこちらです。

販売者不在地域限定の定期購読もご利用ください。
http://www.bigissue.jp/subscription/subscription.html





ビッグイシューをいいね!で応援!



最新情報をお届けします

無料メルマガ登録で「ビッグイシュー日本版」創刊号PDFをプレゼント!



過去記事を検索して読む


ビッグイシューについて

top_main

ビッグイシューは1991年ロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊したストリートペーパーです。

ビッグイシューはホームレスの人々の「救済」ではなく、「仕事」を提供し自立を応援するビジネスです。1冊350円の雑誌を売ると半分以上の180円が彼らの収入となります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

ビッグイシュー・オンライン編集部より: [この記事は「ファイザープログラム~心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援」の提供でお送りしています]

NPO法人PROUD LIFE代表理事の安間優希さん
NPO法人PROUD LIFE代表理事の安間優希さん

今や、13人に1人ともいわれる「LGBT」(※1)。 ようやくメディアでも取り上げられるようになってきたが、職場で直面する問題など、当事者にしかわからない悩みはまだまだ多い。 今年1月から、就労に関する電話相談を始めた名古屋の「PROUD LIFE」を訪ねた。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

マチバリー | "生きる"を支える人を応援するメディアより、映画『さとにきたらええやん』 の監督である重江良樹さんへのインタビュー記事を提供していただきました。

------------------------------
大阪市西成区釜ヶ崎にて、38年にわたって障がいや国籍の区別なく無料で受け入れつづけている場所、それが児童館「こどもの里」です。さまざまな事情を抱えたこどもや親たちに寄りそいながら、苦難を乗り越え、地域の集い場として今もなお存在し続けています。

shigee01

そんな「こどもの里」にボランティアスタッフとして関わりながら、そこに来るこどもや親たち、奮闘する職員たちを2年にわたって撮影し続け、映画『さとにきたらええやん』として完成させたのが監督の重江良樹さんです。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ビッグイシュー・オンライン編集部です。現在路上で発売中の「ビッグイシュー日本版」290号から、読みどころをピックアップいたします。

今回は政治学者の白井聡さんと雨宮処凛さんによる「今、民主主義と日本の未来をつくるには?」をテーマにした対談を紹介します。

 

NewImage 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ビッグイシューオンラインの樋田です。

児童労働・人身売買問題に長年取り組み、2014年に、マララ・ユスフザイさんと一緒にノーベル平和賞を受賞したインド人人権活動家カイラシュ・サティヤルティさんをご存じですか?

『ビッグイシュー日本版』誌の6月15日発売号に、サティヤルティさんが福島の子どもたちを訪ねた際の記事が掲載されていますが、オンラインでは、今年の初めに行われたイタリアのストリートペーパーScarp de' tenisによる、独占インタビューをご紹介します。

これまで8万人を超える子供たちを奴隷労働の現場から解放し、その根絶のために闘ってきたサティヤルティさん。グローバリゼーションがいかに奴隷労働や人身売買に影響を与えてきたか、そして、これらの問題の解決のためには若者の力が重要だと語ります。

また、記事中にはありませんが、国際NPO「グッドウィーブ」を設立し、児童労働によらない製品を評価するネットワークを築いています。
http://www.goodweave.org/home.php

『ビッグイシュー日本版』はバックナンバーも販売者からご購入いただけます。あわせてお読みいただければ嬉しいです。(全国の販売場所はこちら)

Scarp kailash 5 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

社会の縁にいる非力な人間にとって、英国はどんな風に見えるのでしょうか?

今まで幾度も繰り返されてきたこうした質問に、正直な答えを得られたことはほとんどありませんでした。

今回は、社会の一員となるべく忙しく働きながらも依然として社会の外側に置かれている、ビッグイシュー販売者たち独特の視点を、読者のみなさんにお伝えしたいと思います。英国全土にまたがる販売者たちに、2015年のある日の暮らしぶりを聞き取った、24時間ドキュメントです。

聞き取り:アダム・フォレスト、エイドリアン・ロッブ(英国ビッグイシュー編集部)

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

ビッグイシューオンラインの小林美穂子です。初夏を思わせる陽気が続いていますが、梅雨がすぐそこまでやってきている証拠にアジサイが色づき始めています。

植物には嬉しい成長の季節ですね。でも、雨が降るとビッグイシューの販売者さんたちは街角に立てず、路上生活者の方は雨をよけられる場所を探してご苦労されます。

今日は「住まい」のお話です。路上で暮らす人が多くいる一方で、膨大な数の空き家が放置されているのはイギリスも日本も同じ。使わなくなった社員寮や、都市計画で数年後には取り壊される空き事務所などを眺めては、何とか活用する方向にいかないものかと悩みます。

少しずつではありますが、空き家活用に動き始めているイギリスの試みを、本日はご紹介します。王子たちも作業員として参加したこの取り組み、ぜひご一読ください。

F624bf05e5a1041f78ac72292f660633 m 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

290_01
7月1日発売のビッグイシュー日本版290号の紹介です。
表紙はロバート・レッドフォード、特集は 対談 白井聡×雨宮処凛「今、民主主義と日本の未来をつくるには?」。

特集 対談 白井聡×雨宮処凛「今、民主主義と日本の未来をつくるには?」


完全に行き詰まった戦後日本政治を終わらせたいと、白井聡さん(政治学者/京都精華大学人文学部専任教員)は『戦後政治を終わらせる――永続敗戦の、その先へ』を書きました。
そんな白井さんと、貧困問題を追い続ける雨宮処凛さん(作家)が、間近に迫った参議院選挙の前に、選挙の真の争点、永続敗戦レジーム、アベノミクスの失敗、経済と民主主義、市民の力などについて、語り合いました。そのハイライト部分を掲載します。

ビッグイシュー・アイ 選挙権は国家権力を選ぶという仕事で公務 ― 木村草太さん

憲法が目指すのは「究極的には他者とともに生きる秩序をつくるという意思」だと言う、木村草太さん(憲法学者/首都大学東京教授)。木村さんに、私たちが憲法を自分のものとしていくため、何をしたらよいのかを聞きました。

リレーインタビュー 遠藤憲一さん

映画、ドラマなど、さまざまな分野で活躍し、今年は『ギャラクシー賞』個人賞を受賞した、俳優の遠藤憲一さん。子どもの頃は天真爛漫で、ザリガニやカエルを捕って遊んでいたものの、勉強は得意でなかったといいます。そして高校最初の夏休みはビアガーデンのバイトに明け暮れると、学期明けの教室である異変が起きていたといいます。

スペシャルインタビュー ロバート・レッドフォード

8月公開の映画『ニュースの真相』。ジョージ・W・ブッシュ政権と対決し、降板に追い込まれた元CBSのニュースキャスターを演じたのは、ハリウッドでもっともふさわしい人物、ロバート・レッドフォードです。彼は出演映画や監督作品で、メディアと権力の問題を何度も取り上げてきました。

国際 ネパール、地震の3ヵ月後に起きた鉄砲水。地元の天然資源を活用する持続可能な開発モデル

2015年4月、ネパール全土を襲った巨大地震によって、山岳や森林地帯の生態系は大きく乱れました。地滑りや干ばつから村を守る取り組みが始まっています。

この他にも、「ホームレス人生相談」やオンラインでは掲載していない各種連載などもりだくさんです。詳しくはこちらのページをごらんください。

最新号は、ぜひお近くの販売者からお求めください。 販売場所検索はこちらです。

販売者不在地域限定の定期購読もご利用ください。
http://www.bigissue.jp/subscription/subscription.html





ビッグイシューをいいね!で応援!



最新情報をお届けします

無料メルマガ登録で「ビッグイシュー日本版」創刊号PDFをプレゼント!



過去記事を検索して読む


ビッグイシューについて

top_main

ビッグイシューは1991年ロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊したストリートペーパーです。

ビッグイシューはホームレスの人々の「救済」ではなく、「仕事」を提供し自立を応援するビジネスです。1冊350円の雑誌を売ると半分以上の180円が彼らの収入となります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ビッグイシュー・オンライン編集部です。現在路上で発売中の「ビッグイシュー日本版」289号から、読みどころをピックアップいたします。

今回は、Facebookのタイムラインに表示されるコンテンツについて、書かれた記事を紹介します。

 

NewImage続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ