米オレゴン州ポートランドは、環境に優しい街づくりが行われ(公園、橋、自転車専用道路などの整備)、リベラルな街として知られる。ファーマーズ・マーケットなど健康的な食生活が送りやすく、都会でありながら自然に近い暮らしができることから、暮らすにも旅するにも人気の街として注目されて久しい。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


あなたは最近、どんなアートに触れる機会があっただろうか。
そう聞かれると、美術館や展覧会、話題のアート展示のことかと想像し「いや、そんな余裕はなく、行ってない」と答える人は多いかもしれない。日本では「特別な才能を持った一握りのアーティストが、余裕のある人向けに制作したもの」と捉えられがちだからだ。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


非行、ひきこもり、児童養護施設出身などの事情で家を離れる必要のある若者の自立や進学を支援している、茨城県の「認定NPO法人 シオン」。その活動と新たに始まった成人対象のアフターケア「ステップハウス」について聞いた。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2019年1月15日発売のビッグイシュー日本版351号の紹介です。
表紙は「フレディ・マーキュリー」、特集は「アートで食べていく!」

351_01web (1)



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2018年10月15日、ハンガリー政府は路上生活を事実上禁止する憲法修正案を可決した。スロバキアのストリート誌『ノータ・ベネ』はこれに真っ向から対抗、ハンガリー国内のホームレスの人々への支援を表明している。 今回の憲法修正が及ぼす影響を取材した。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ビッグイシューでは、ホームレス問題や活動の理解を深めるため、学校や団体などで講義をさせていただくことがあります。
今回の訪問先は岡山県の男女共同参画推進センター(ウィズセンター)。

“社会的包摂”をテーマにした企画講座としてビッグイシュー日本のスタッフである長崎が40名の市民の方にお話させていただきました。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ザック・マクダーモットは、公選弁護人(*1)として働いていた26歳のある日、自宅のアパートを出ると、なぜかこの日はコメディ番組のパイロット版の撮影中なんだと思った。いかにもニューヨークっぽいシーンで、出会う人たちはみな俳優。アドリブ演技もできてしまう。服を脱ぎ捨てながら通りを走り抜ける。バスケットボールの試合に飛び込み、何本もシュートを決めた。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ビッグイシューでは、ホームレス問題や活動の理解を深めるため、学校や団体などで講義をさせていただくことがあります。

今回は関西大学社会学部社会システムデザイン専攻の「人間開発論」(担当:草郷孝好)の授業で、ビッグイシューのスタッフと販売者がホームレス問題とビッグイシューの取り組みについての講演を実施しました。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ビッグイシューも参加する、国際ストリートペーパー・ネットワーク(INSP)で「Vendor Playlist」なる、世界中のストリートペーパー販売者のお気に入りの楽曲とストーリーを集める特集企画があった。

capture

日本からは、入島輝夫さんが参加。日本語訳記事を紹介します。



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ