東京マラソンの際、「ホームレスの人々の排除」が一部で話題になりましたが、2020年には長期にわたって開催される東京オリンピックが控えています。

ホームレスの人々を「排除」するのは、ホームレスの人々は「そこではないどこか」へ「移動」させられるにすぎません。
「排除」に代わる、ポジティブなかかわりについて考える機会がありました。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ビッグイシュー販売者の濱田進さんが主宰する街あるきクラブ「歩こう会」が100回目を迎え、2018年5月27日、記念イベントが開催された。ホームレス当事者が読者や応援者らとともに歩いた11年におよぶ活動を振り返りつつ、初夏の大阪の街を歩いた。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2018年7月20日、知的障害のある人たちの国際的なスポーツ組織「スペシャルオリンピックス」が50周年を迎えた。スペシャルオリンピックスを生んだ街・シカゴのストリートペーパー『Street Wise』が、その歴史を振り返る。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


看護婦から看護師へ、スチュワーデスから客室乗務員やCAに、保母さんから保育士に。一昔前と比べると、「差別的」「女性蔑視」とされる用語の言い替えがずいぶん進んだように感じる。そして、#metoo 運動に見られるように、今までは口を封じてきた女性たちが自らの体験について声を上げる風潮が日本でも広がり始めている。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


大阪北部地震、西日本豪雨、台風21号。さらに北海道胆振東部地震での大規模停電など、想像を超える災害が続いている。

停電が続き機能がストップする地域がある一方で、自家発電設備を持つ北海道のコンビニチェーン店の通常営業が多くの人々を支えたのは記憶に新しい。

“備え”を「自分ではない誰かがやってくれること」と切り分けてしまうのではなく「自分たちですること」と思っている市民・家庭が多いまちは、災害にも強い。
『ビッグイシュー日本版』では過去の特集で、有事の際の備えにもなる方法を何度かお伝えしてきた。今回はそのなかから長期停電などに備えて検討してもらいたいものをいくつかご紹介する。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


3つの若者支援団体の代表が、若者が働き、自立していくためには何が必要なのか、活動から見えてきたことについて語った。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


9月15日発売のビッグイシュー日本版343号の紹介です。
表紙は「マムアンちゃん」、特集は「セルフ・マーケットのはじめ方」です。

343




続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


高齢化、過疎化など、さまざまな理由で増えつづける「買い物難民」。そこへ千点以上の品物とともに駆けつける「移動スーパー とくし丸」は、地域資本のスーパーと連携して仕入れを行うなど、スモール経済の活性化も目指す。買い物から生まれた、路上コミュニティの現場を取材。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


「起こるとわかっていたことが起きたなら、誰よりも早く動けるんだから、生きている人に手を差し伸べるのは当たり前」-
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ