野生動物獣医になりたいと、18年前ケニアに移り住んだ滝田明日香さん。ナイロビ大学で医師免許を取得、ジステンパーウイルスの予防接種、ゾウの密猟対策などの仕事を続けてきた。広大なマサイマラ保護区を車で駆け回ってきた滝田さんに突然、運転できないという試練がやってきた。

これからも野生動物保護の仕事を続けたいと願う滝田さんからの手紙を掲載します。

303takitasan-kao










続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

Genpatsu

全原発廃止など共通点多い立憲民主党案と原自連案

1月2日、立憲民主党が次期通常国会に「原発ゼロ基本法案」を準備していると報じられた。久しぶりに明るいニュースに接し、脱原発法案がこの1年を通した話題となると確信した。




続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 「モフモフ」という表現を聞いて毛並みの良い動物を思い浮かべる人は、10年前より明らかには多くなっている。
感覚を豊かに表現する言葉を「オノマトペ」と呼ぶが、「モフモフ」のオノマトペは誰が初めて使ったのかご存じだろうか。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2月15日発売のビッグイシュー日本版329号の紹介です。
表紙はテニス選手の「ノバク・ジョコビッチ」、特集は「生きている日本語―方言コスプレと新オノマトペ」です。

329_01s








続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


(前編)」を読む

 -太平洋岸北西部では、極右勢力の台頭、ヘイトクライムの増加、ボツになったはずの化石燃料施設建設の動きが起こっています。気候変動と人種問題などそもそも分野が異なる問題を、批判も激化しているなかでどのように連携させていけばよいのでしょうか。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


カナダ人のジャーナリスト・作家のナオミ・クラインが、これまでの作品と違い、たった数ヶ月で書き上げた最新作を発表した。ドナルド・トランプが大統領選に勝利して以来、米国を苦しめている混沌を和らげる方法について明晰かつ深い洞察力で解き、アメリカが歴史上どんな転換点にあるかを解説する。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 こんにちは。ビッグシュー日本東京事務所の長崎です。
「うちの会社でも、ボランティアとか、プロボノとか、やってみたいって言われるんだけど、そんな余裕ないんだよな…」という管理職、経営者の方も多いと思います。

そこで、製作日誌vol.3となる今回は、プロジェクトのオブザーバーである株式会社プラグ代表取締役副社長・坂元英樹さんの元を訪ね、社員をプロボノに送り出すことをどう考えているのか、お聞きしてきました。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 統計によるとドイツの失業者数は250万人、過去26年間で最低の数字を記録した。しかし、この裏には、100万人近くが統計から漏れているという事実がある。政治家からの要請により、統計から除外されている人々がいるのだ。長期失業者のミリアム・Sとピーター・Kもそのうちの2人で、彼らはドイツ連邦議会選挙の投票をあえて棄権している。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 「ビッグイシューを買う人見たことないけど、どんな人が買ってるんだろう」といった声を時々SNS上でお見かけします。
今回は2017年以降Twitter上でお見かけした、有名人・クリエイターの皆さんのビッグイシュー&ビッグイシュー関連書籍購入のツイートをまとめてみました。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ