豊かな森林資源を活用した取り組みで、環境モデル都市にも認定されている岡山県英田郡西粟倉村。1966年に建設されて47年間運転、間近に改修工事を控えた西粟倉村小水力発電所を訪ねた。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


絶滅が危惧されるニホンウナギ。「絶滅危惧種なのに“食べて応援!”なんて理解不能」という声もあるなか、人とうなぎの持続可能な関係構築にチャレンジしている人々がいる。
岡山県西粟倉村の森の中でうなぎを養殖する、エーゼロ株式会社だ。

海に面していない、森に囲まれた村で、なぜ、うなぎ?
ビッグイシュー・オンライン共同編集長でプロブロガーのイケダハヤトがエーゼロ株式会社を訪問、お話を伺った。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


「国会エネルギー調査会(準備会)」が被曝労働に関する会合を6月12日に開いた。同調査会はエネルギー問題を国会で議論しようと議員有志が2012年に組織した集まりだ。代表は河野太郎氏と近藤昭一氏の2名(ただし河野氏は外務大臣のため休会中)、事務局長は阿部知子氏。これまで73回の会合を重ね、時々のテーマについてさまざまな立場の人を招き、また担当部署の役人を招き、議論を重ねてきた。




続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 あらゆる人が「自分らしく」生きることを応援している「ビッグイシュー日本版」。
この雑誌では「ワンダフルライフ」という「自分の興味・関心を極めて生きている人々」を紹介するコーナー(不定期掲載)がある。
読むたびに「…こんな人が世の中にいるのか…」と唸ってしまうようなラインナップだ。その一部をご紹介しよう。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


かつては女性の役割とされてきた「ケアラー(介護者)」に男性や30~50代の独身者が増えているという。介護の問題に20年近く取り組んできた「NPO法人介護者サポートネットワークセンター・アラジン」代表の牧野史子さんにそんな事情を聞いた。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


7月15日発売のビッグイシュー日本版339号の紹介です。
表紙・特集は「夏、大人の自由研究」です。

339_01s



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 森林面積が村の95パーセントを占める岡山県・西粟倉村。過疎化と高齢化が進んだ村ながら、地域資源である森林を活用した事業が伸び、移住者と雇用を増加させている。その中心的役割を担っている「株式会社西粟倉・森の学校」代表の牧大介さんに話を聞いた。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


日本で初めて地方自治体としてICO(Initial Coin Offering、新規仮想通貨発行)に挑戦すると発表した岡山県の西粟倉村。
村の9割以上が森林、林業がメイン産業という人口1500人の小さな村が、ICOをやってみようと思った背景はどのようなものだったのでしょうか。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


市場原理がもちこまれ、世界では1980年代から民営化が進んだ水道。しかし、料金の上昇や水質悪化などが頻発、再公営化への揺り戻しが起きている。そんな中、日本は「水道法」改正で今から水道民営化へ舵を切ろうとしている。関良基さん(拓殖大学准教授)にその問題点を聞いた。




 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ