俺がフリーターなのを親父が気に入らないらしく、俺の顔を見るたびに説教をしてくる。車を借りようと思っても文句を言われるので、うんざりしてます。声を荒げることはなくて、「まさかこんなだらけたやつに育つとは」とか、また嫌みな言い方で。考え方も古いし、一緒に住みたくない、住めないなって、ひとり暮らしを考えています。
(25歳/男性/フリーター)


112人生相談




この男性の年からみて、親父さんはきっと50過ぎくらい、多分俺らと同じくらいじゃない? 嫌みにも聞こえるこういう言い方は、ついついやってしまう親の常套句なんだわ。それはもちろん心配だから。だって自分の子どもがかわいくない親なんているわけないやん。

うちの親父はほんまにガキの頃から怖かったよ。柔道をやっていて、怒ると背負い投げから足払いから何でもしよんねや。近眼で眼鏡かけてるんやけど、こいつを外した時が危ないサイン。全力で逃げなあかんねん。そんな親父でも子どもの頃から、あっちゃこっちゃ連れて行ってくれて可愛がってもらったなぁ。でも、俺が大学行く時はちょっと寂しがってたわ。

親と子の関係は年月を経て変わっていくもんで、結局一番仲良くなったのは俺が大人になって、おふくろの面倒をみだしてからやな。親父も脳血栓とか病気をして苦労した人だから。最後の方は穏やかな人柄になってた。

親父さんとは、一度腹を割って話し合ったらどうやろうか。だってこの男性は遊んでるわけじゃないんだから。

極端な話、ホストをやっていようが風俗店で働いていようが、これも立派な一つの職業。『山谷ブルース』じゃないけど、「だけど俺たちいなくなりゃ、ビルも道路も出来やしねえ」ってなもんで、世の中サラリーマンばっかりだったら成り立たないわけやしな。
一度親父さんと酒でも飲みもって、「僕はこういう職場で働いてるねん。ところがこれ以上は無理で思うようにいかへんねん。じゃあ親父、どうしたらいい?」っていうふうにぶつかってみたらいいねん。

それでもソリが合わないと思ったら冷却期間を置く。ひとり暮らしをして1年でも2年でもはいずりまわって苦労をしてみるんや。

20代から30代になるにつれて人は変わっていくもんで、俺も親父の年代に近づいていって、「ああそうやったんか」と親父の気持ちが初めてわかった。そうすると不思議に、すごく会いたくなったりするもんなんよね。(大阪/Nさん)




(THE BIG ISSUE JAPAN 第112号より)








最新情報をお届けします

無料メルマガ登録で「ビッグイシュー日本版」創刊号PDFをプレゼント!





ビッグイシューについて

top_main

ビッグイシューは1991年ロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊したストリートペーパーです。

ビッグイシューはホームレスの人々の「救済」ではなく、「仕事」を提供し自立を応援するビジネスです。1冊350円の雑誌を売ると半分以上の180円が彼らの収入となります。