ドイツ北部の都市キールにある「フライシュティール(Freistil)」は、一般的なレストランとはひと味違う。障害のある人とない人が肩を並べて働くレストランなのだ。そこでは、障害の有無でスタッフを区別せず、いわゆる「インクルージョン(*)」を推進している。前向きな職場環境にすべく、スタッフは注意深くやりとりすることを求められている。「美食」と「社会的責任」を一体化させたこのレストランは、ここで働く者たちに実にスペシャルな環境を提供している。 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ホームレスが路上で販売する雑誌、『ビッグイシュー日本版』。
毎月1日、15日に発売される雑誌の販売者は、全国で約120人(2019年3月末現在)。
その販売者たちのサポートは、ビッグイシュースタッフのほか、大学生をはじめとしたインターンによっても支えられています。

今回は、東京事務所の販売サポート業務で4ヶ月間インターンをしてきた早稲田大学3年生の山中さんに、インターンに応募した動機や、やりがいについてインタビューをしました。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


前回は福島第一原発3号機の使用済み核燃料の取り出しトラブルを報告したが、今回は燃料デブリ(溶融した核燃料が冷えて固化したもの)に関する初の調査が行われたことを報告したい。




続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


「“書くこと”に苦手意識を持っているNPOスタッフ」や、「職場と家の往復の毎日、このままでいいのだろうか」と感じる副業ライター志望の人…そんな人たちが、2019年4月、代々木上原で開催された「ソーシャル×ライティング」の教室に集まった。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


太陽光発電式のエネルギーを使うことで農作業にどれほどのメリットがあるものなのか、ジンバブエの農家たちも気づき始めている。持続可能なエネルギー技術によって誰よりも恩恵を受けるであろう農家たちへのより良い教育と情報提供を、専門家らは呼びかけている。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


貧富の差が激しいブラジルには、ほぼすべての都市郊外に貧困街「ファベーラ」が存在する。低所得層の人々が暮らすエリアにもかかわらず、長年、桁外れに高い電気代に悩まされている。

そんな状況をテコ入れすべく、2015年、2人の男性が主力となって太陽光発電の導入を推進するソーシャルビジネスを立ち上げた。活動開始から数年、早くも電気代の大幅削減に成功する事例が続いている。この取り組みが始まった背景ならびに現状について国際開発系ニュースに強い通信社「Inter Press Service」の記事を紹介する。 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2018年6月の大阪北部地震では17万戸停電し2時間半で復旧したが、9月6日の北海道胆振東部地震では約295万戸が停電、全ての停電が解消したのは10月4日だという。
また、災害ではなくともベネズエラのように国土全体が長期間たびたび停電ということも起こっている。
「電気は使えて当たり前」の生活をしているとなかなか意識しづらいが、いったん停電となるとできないことのあまりの多さに直面し愕然とする。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


マニラ首都圏だけでも万単位の子どもや若者が路上で暮らすフィリピン。現地のNGOと協力して彼らの自立を助ける支援をしているアジア・コミュニティ・センター21。その活動を聞いた。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2019年4月15日発売のビッグイシュー日本版357号の紹介です。
表紙は「ティモシー・シャラメ」、特集は「市民発電所」です。

357_H1s



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ