(2009年10月1日発売、THE BIG ISSUE JAPAN 第128号




公的住宅手当、保証金の無利子貸与も。若者の自立を支えるフランス・スウェーデンの住宅政策



イギリスやフランス、スウェーデン、フィンランドといった国では、ほとんどの若者がより早い時期に親から自立をはたす。日本のように、親元にとどまる若者は少ない。若者が自立するうえで、住宅政策が大きな役割をはたしている2つの国、フランスとスウェーデンに注目してみたい。

フランスでは、住宅ストックの17%を低家賃の社会住宅(公営住宅)が占める。その対象は低所得世帯であるが、日本のように年齢や家族形態によって制限されず、若い単身者でも入居が可能だ。

若年世帯は規定の所得水準以下であれば、家族向けや単身者向け(学生を含む)の公的住宅手当を受給することができる。また、若い失業者や就業者、学生などを対象とした住宅制度(ロカ・パス)として、借家契約の際の連帯保証人の代行、保証金の無利子貸与、未払い家賃の保証(18ヵ月まで)などのサポートがある。

スウェーデンの住宅政策は、すべての人に良質で適正な価格の住宅を供給することを目的としている。そのため、収入などにかかわらず、すべての世帯に社会住宅への入居資格がある。全住宅に対する社会住宅の割合は、約2割と多い。

公的住宅手当は、子どものいる世帯はもちろん、29歳未満の子どもがいない世帯(学生を含む)にも給付され、子どもの数などに応じて手当額の上限が設定されている。また、住宅サポートは、若者の自立を保障する包括的な青年政策の重要な柱の一つに位置づけられ、国が地方自治体に積極的な補助を行っている。

他国と同様、両国でも住宅政策に関するコストの削減は大きな課題であるが、それでもなお、多くの人がアクセスできる社会住宅の供給は維持されている。公的住宅手当も縮小がはかられる中で、社会的弱者としての側面が強まる若者の自立と家族形成への対策には重きが置かれ、柔軟な対応がなされてきた。

今、日本においては各政党のマニフェストに家賃補助の導入が含められるなど、住宅保障に関する議論が高まりつつある。他の先進諸国の経験と課題から多くを学び、住宅政策の新しい展開をはかるべき時がきている。




川田 菜穂子(かわた・なほこ)

1977年、神戸市生まれ。大阪市立大学生活科学部を卒業後、住宅メーカー勤務を経て、神戸大学大学院総合人間科学研究科・修士課程を修了。現在は同研究科・博士課程に在籍。専門は住宅問題・居住政策。著書に『若者たちに住まいを!−−格差社会の住宅問題』(岩波ブックレット)などがある。


    このエントリーをはてなブックマークに追加




Genpatsu


(2013年4月15日発売、THE BIG ISSUE JAPAN 213号より)




停電、汚染水の漏えい続く福島第一原発の後始末



爆発した福島第一原発の後始末では、いろんなトラブルが起きている。3月には停電がおき、原子炉や燃料プールなどの冷却が最長29時間にわたって不能となった。事なきを得たが、この間に強い余震が起きたらと思うとゾッとした。配電盤の中で焼け焦げた一匹のネズミが発見され、原因はこれだとなった。

4月になると今度は汚染水の漏えい問題が浮上した。原子炉の冷却のために水を循環させているが、問題は破損した建屋に毎日400トンもの地下水が入り込んでくることだ。循環する量はこれよりやや少なくしている。そうしないと逆に建屋から汚染水が漏れ出ていくからだ。しかし、入ってきた地下水は汚染された循環水と混じるので、捨てるわけにはいかない。結局、この分は貯蔵するしかないわけだ。

たまり続ける汚染水は、これまでタンクを作って保管してきた。しかし、それにも限界が近づいてきている。なぜなら、敷地に場所を作るとしても、切り拓いた樹木や土は放射能で汚染されているから、これも貯蔵しなければならないからだ。十分な場所がない。それで、貯蔵池を作って対応することにしたようだ。

東電は地下貯蔵施設と仰々しい言い方をしているが、地面を掘って厚さ1・5ミリのポリエチレンのシートを2枚張りし、上蓋を被せたものだ。7基も作った。空きスペースで作ったので、それぞれ大きさが少しずつ異なっているが、概ね50メートルから60メートル四方で、深さだけは6メートルと一定だ。

7基のうち3基に汚染水が入っていたが、いずれも汚染水漏れが起きた。シートが破れたか、継ぎ目からの水漏れとしか考えられない。やわな施設になったのは、安い工事費と短い工期が理由だろう。漏えい場所を特定するなどとてもできないし、意味がない。

なぜなら特定して修理しても別のところから漏れ出るだろうからだ。東電はせっかく作った貯蔵池を使用することをあきらめ、貯蔵タンクに移し替えるとしている。地下水の汚染となると海の汚染につながるから、これ以上漏らさないためには当然の対応ではある。

流入する地下水を減らそうと、井戸を掘って水をくみ上げているが、効果が上がっていない。冷却期間は10年以上。抜本的な対策が必要だ。





伴 英幸(ばん・ひでゆき)

1951年、三重県生まれ。原子力資料情報室共同代表・事務局長。79年のスリーマイル島原発事故をきっかけとして、脱原発の市民運動などにかかわる。89年脱原発法制定運動の事務局を担当し、90年より原子力資料情報室のスタッフとなる。著書『原子力政策大綱批判』(七つ森書館、2006年)






    このエントリーをはてなブックマークに追加




Genpatsu


(2013年4月1日発売、THE BIG ISSUE JAPAN 212号より)




信頼回復は、廃炉のみ。「原発のない福島」訴えた県民大集会



「原発のない福島を!県民大集会」が3月23日に福島市あづま総合体育館にて開催された。午前中は霊山太鼓や下柴彼岸獅子、大谷じゃんがら念仏踊りなどのアトラクションが、午後は主催者の挨拶、佐藤雄平福島県知事のメッセージに始まり県民からの訴えが続いた。集会には県内外から7千人が参加した。また、並行して会場では地元産品の出店やパネル展示などがあった。

佐藤知事は「事故が終わっていないにもかかわらず、忘れさられていっている。しかし、粘り強く廃炉を求めていく」と訴えた。農協、漁協、森林組合、旅館ホテル生活衛生同業組合、高校生平和大使、県外避難者、福島の子ども保養プロジェクトなどからの発言は各人の体験を基にした内容だった。原発震災時の証言集ともいえる貴重なもので、事故を忘れないとは、こうした体験の積みかさねを伝えていくことだと感じさせた。

発言者の多くが「福島県民は避難でバラバラにされた。福島県内の住民たち、また、県外避難者と福島に住み続ける人たちの心もバラバラになっている。だからこそ、心を一つにして明日へ立ち向かっていこう。福島の美しさを子どもたちに伝えていきたい」と訴えていた。「県内10基の原発の廃炉」は全県民の願いであることがしっかり感じとれる集会だった。

会場は、あづま総合運動公園の一角にある。公園には陸上競技場や野球場など多くの施設が併設されており、たいへん広い。今は屋内施設しか利用できない。持参した測定器で空間線量率を測ってみたが、アスファルトの上は普段の2倍くらいで、土の上だと5倍から8倍ほどだった。

そして私たちが集会をしている最中も除染作業が続けられていた。表面を削り取った汚染土は黒や青の袋に入れられて陸上競技場のアリーナなどに置かれているのが見えた。除染廃棄物の行き先が決まらない上に、仮置き場もなかなか決まらない。運動競技場は仮仮置き場なのだ。芝の張替えを含め除染作業は来年10月頃まで続けられる計画となっている。

事故を起こした東京電力は爆発で大きく壊れた4基以外は運転再開を考え、準備を進めているようだ。県民に多大な犠牲を強いておきながら、運転再開などあろうはずがなく、廃炉しかない。早く決断することが事故で失った信頼を回復する道だ。





伴 英幸(ばん・ひでゆき)

1951年、三重県生まれ。原子力資料情報室共同代表・事務局長。79年のスリーマイル島原発事故をきっかけとして、脱原発の市民運動などにかかわる。89年脱原発法制定運動の事務局を担当し、90年より原子力資料情報室のスタッフとなる。著書『原子力政策大綱批判』(七つ森書館、2006年)






    このエントリーをはてなブックマークに追加




(ビッグイシュー・オンラインは、社会変革を志す個人・組織が運営するイベントや、各種募集の告知をお手伝いしております。内容については主催者様にお問い合わせください。)




講演と歌の集い「路上の生と死を見つめて」




※チラシ画像はこちらから(pdf・別ウィンドウで開きます)




【日 時】平成25年6月14日(金) 18:30~20:20(18:00開場)

【場 所】聖イグナチオ教会ヨセフホール

〒102-0083 東京都千代田区麹町6-5-1
JR 中央線/東京メトロ 丸の内線・南北線  四ツ谷駅下車 (徒歩1分 上智大学手前)
http://www.ignatius.gr.jp/annai/access.html

【参加費】自由献金制

どなたでも参加できます。事前申し込みは、不要です。




【講演】稲葉 剛さん(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい代表理事)

[プロフィール]
1969年広島県生まれ。1994年より東京・新宿を中心に路上生活者の支援活動に関わる。2001年、
自立生活サポートセンター・もやいを設立し、幅広い生活困窮者への相談・支援活動に取り組む。
著書に『ハウジングプア』(山吹書店)、共著に『脱原発とデモ―そして、民主主義』(筑摩書房)など。




【 歌 】寺尾紗穂さん(シンガーソングライター)

[プロフィール]
大学時代から、弾き語りの活動を始める。
2007年ピアノ弾き語りによるメジャーデビューアルバム「御身」が各方面で話題になり,坂本龍一や大貫妙子らからも賛辞が寄せられる。
大林信彦監督作品「転校生さよならあなた」の主題歌を担当した他、
CM、エッセイの分野でも活躍中。




【講師から一言】

私は1990年代に「ホームレス問題」に出会ってから、夜回りや生活保護申請同行などを通して数千人の路上生活者と関わってきました。
そして、その中で多くの方が亡くなるのにも立ち会ってきました。

寺尾紗穂さんとは、路上生活をしていた一人の男性が共通の知人だったことが縁になり、彼の死後、知り合いました。
寺尾さんは、学生時代、山谷を訪れたことがきっかけになり、『アジアの汗』、『家なき人』など、日雇労働者や路上生活者について歌った歌をいくつも作られています。
2010年に制作した『私は知らない』では、原発での被曝労働について歌っています。

寺尾さんの歌と私の話を通して、路上に生きる人々の生と死について、そして貧困を生み出し続ける社会のあり方について、皆さんと一緒に考えていければと思います。

また、今年4月に刊行された『新宿ダンボール村 迫川尚子写真集 1996―1998』(DU BOOKS 解説:稲葉剛)に収録された、路上生活者コミュニティの写真も、会の中で紹介させていただきます。




【主 催】
聖イグナチオ生活相談室・ベグライテン・ミシュカの森・自立生活サポートセンター・もやい

【共 催】上智大学哲学科

【協 力】カトリック野宿者支援ネットワーク

【問合せ】
090-4959-0652(岩田)、090-9146-6667(関根)、090-6159-8787(稲葉)
ANA71805★nifty.com(入江) ★を@に変えてください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加




Genpatsu


(2013年3月15日発売、THE BIG ISSUE JAPAN 211号より)




収束? 否、拡大する原発事故。2年目の4万人参加集会



あの事故から2年、3月9日から11日にかけて「つながろうフクシマ!さようなら原発大集会」が東京の明治公園を皮切りに開催された。

明治公園には1万5000人が集まり集会とデモ行進を行った。翌日10日は経済産業省や首相官邸周辺でデモと抗議行動が行われた。報道によれば、こちらには4万人が参加した。11日の屋内集会には1000人を超える人たちが集まり、フクシマを忘れない、フクシマとつながり原発の再稼働を認めず、脱原発を求めていく思いを参加者のみんなが共有した。

内橋克人さん、大江健三郎さん、落合恵子さん、鎌田慧さん、澤地久枝さんら「さようなら原発1000万人署名・市民の会」の呼びかけ人によるアピールは、原発は速やかに廃炉作業に入る、新増設は行わない、再処理工場やもんじゅの運転を認めない、再生可能エネルギーの普及・開発を最大限に促進する、廃炉過程における立地自治体の支援などの政策を進めることを政府に求めた。呼びかけ人たちの発言の他に、福島ほか原発の立地する茨城や青森、静岡、北海道などの参加者から、また被災者を支援している市民グループなどからリレートークが行われた。

福島の今はどうなっているのだろうか? 復旧や復興が進んでいるのだろうか? 原発立地の地元浪江町から避難している教員の柴口正武さんの報告は、原発災害は進行中で、福島の人たちは3つの苦しみがいっそう重くのしかかり、困難に直面しているとのことだった。

3つの苦しみとは、いまだに高い放射線環境の中で暮らし続けることの苦しみ、観光や特産品に対する風評被害の苦しみ、そして自宅に帰ることができない苦しみだ。

柴口さんが浪江町の自宅に戻ったのはこの2年間にわずか7回。地震で壊れた家はそのままでまったく手がつけられていない。住まない家はどんどん朽ちていく現実。浪江町の人たちの苦しみはさらに重く、厳しい決断に迫られている。だからこそ、福島の悲劇を繰り返したくない、福島で脱原発をまず実現したい!と柴口さんは結んだ。事態は収束するどころか、拡大しているのだ。

この日は全国各地20ヵ所以上で同様の集会が行われた。脱原発とは金と権力の横暴がつくってきた社会を変えていくこと。鎌田慧さんのこの訴えは参加者のみんなの心に届いたことだろう。





伴 英幸(ばん・ひでゆき)

1951年、三重県生まれ。原子力資料情報室共同代表・事務局長。79年のスリーマイル島原発事故をきっかけとして、脱原発の市民運動などにかかわる。89年脱原発法制定運動の事務局を担当し、90年より原子力資料情報室のスタッフとなる。著書『原子力政策大綱批判』(七つ森書館、2006年)






    このエントリーをはてなブックマークに追加




こんにちは、オンライン版編集長のイケダハヤトです。最新号より読みどころをピックアップです。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加




Genpatsu


(2013年3月15日発売、THE BIG ISSUE JAPAN 211号より)




ハラハラドキドキ、危うい状態、4号炉の使用済み燃料



福島第一原発は廃炉に向けた長い行程を歩み始めているが、深刻なのがプールに保管されている燃料だ。特に4号炉は定期検査中だったため、原子炉内の使用中の燃料が5階にあるプールに貯蔵されている。この燃料は発熱量が特に高く、冷却し続けなければならない。

東電は、4号炉の爆発でプールが大きくダメージを受けたので、その年の6月に支柱を立てて補強工事を行った。

しかし、これはあくまでも応急処置。元スイス大使の村田光平氏は、このプールがボロボロであると訴えている。強い余震が来てプールに大きな亀裂が入るなどして、大量の水が出ることになれば、燃料の冷却はできずに溶ける恐れがある。

さえぎるものがない状態で燃料が溶けるのだから、大量の放射能が環境に出ることになる。かつて近藤駿介原子力委員会委員長は「不測事態シナリオの素描」として、4号炉のプールで燃料溶融が起きた場合の影響を試算した(11.3.25)。

ここには、1331体の使用中および使用済み燃料と、204体の新燃料が保管されていた。1331体の4割程度が溶けた場合を想定した近藤試算によれば、福島県内の惨事は言うに及ばず、半径200キロメートル以内は法定限度を超える被曝を受ける事態になる。福島原発事故をはるかに超える被害だ。

燃料の取り出しを最優先にと、誰もがそう考える。そして作業は今年の11月から始まる予定という。時間がかかるのは、取り出しがそれほど簡単ではないからだ。

これまで建屋屋上の瓦礫を取り除き足場をしっかりさせていた。使用済み燃料は強烈な放射線を出している。そこで、専用の取り出し容器を開発・製造しなければならない。放射線をさえぎるために鉛が使われているため、容器自体も重量物だ。これを吊り上げるクレーンも必要だ。燃料を容器に入れる作業は必ず水中で行う。受け入れ先の地上のプールもゆとりがない。スペースを作るために、前から入っていたものをプールから移す。

向こう2年の間に強烈な余震が4号炉のプールを襲うかどうかは神のみぞ知る。私たちはまだ大惨事と背中合わせにいるのだ。


伴 英幸(ばん・ひでゆき)

1951年、三重県生まれ。原子力資料情報室共同代表・事務局長。79年のスリーマイル島原発事故をきっかけとして、脱原発の市民運動などにかかわる。89年脱原発法制定運動の事務局を担当し、90年より原子力資料情報室のスタッフとなる。著書『原子力政策大綱批判』(七つ森書館、2006年)






    このエントリーをはてなブックマークに追加





こんにちは、編集部のイケダです。今回はビッグイシュー関連のイベントのアナウンスです。





スクリーンショット 2013 06 04 17 55 32


新刊「社会を変える仕事をしよう― ビッグイシュー 10年続けてわかった大事なこと」の発行を記念して、将棋棋士・羽生善治三冠とビッグイシュー日本代表の佐野章二の講演会・対談会が行なわれます。

2011年4月1日発売のビッグイシュー日本版164号の表紙とスペシャルインタビューにご登場いただいた羽生さん。以前からビッグイシューを応援してくださり、ビッグイシュー日本が10周年を迎える今回、対談が実現しました。

20年以上、将棋界のトップを走り続けてきた羽生さん。
「チャリティではなくビジネスで」と、ホームレスの人たちをビジネスパートナーとして10年間歩んできた佐野。
互いのフィールドは異なりますが、仕事について、社会について、語り合います。




【講演会内容】 第1部:羽生善治三冠、佐野章二それぞれの講演
第2部:対談 「社会を変える仕事の秘訣とは?」
【開催日時】 平成25年6月29日(土) 開場12:00 開演13:00(15:30まで)
【開催場所】 江戸川区総合文化センター 大ホール
【入場料】
◆S席40名限定 30,000円(羽生氏、佐野との懇親会付)
◆一般席(自由席) 3,000円

こちらのお申込URLからお申込いただくと、ビッグイシュー特別割引で 2,000円でご参加いただけます。

電話申込の場合にも、「ビッグイシューを通じて知りました」とお伝えいただければ、同様に2,000円でご参加いただけます。

◆中学生以下無料(中学生は学生証をご提示ください)
【主催】ミリオンリーダーズ
【お申込】
申込ページ http://p.tl/sYJK
電話:050-3694-3963(ミリオンリーダーズ 吉川)



0629tokyo_koen_bi - ミリオンリーダーズ
    このエントリーをはてなブックマークに追加




Genpatsu


(2013年3月1日発売、THE BIG ISSUE JAPAN 210号より)




民衆法廷で明らかにされる原発建設の舞台裏



原発民衆法廷が2月11日に三重県四日市で開催された。民衆法廷とは、法律に基づく裁判ではないが、原子力関連の法律を超えてより広い法律や憲法などによる法的判断を行うものだ。昨年2月、東京を皮切りにこれまで大阪、郡山、広島など6ヵ所で行われ、今回は7回目の法廷となった。

中部電力は現在の三重県南伊勢町に芦浜原発を建設する計画を立てていた。民衆法廷では建設計画の歴史を手塚征男さん(南伊勢町議)から証言してもらった。船で視察に来た中曽根康弘科学技術庁長官(当時)を追い返した実力行動とその後の逮捕による報復、三重県内で81万筆集めた署名運動、そして北川正恭三重県知事(当時)の仲介による中部電力の白紙撤回表明(2000年2月)への経緯と、推進派、反対派が真っ二つに割れた37年の歴史を短い時間でまとめてくれた。

また、町民の小倉紀子さんは、中部電力の金品による反対派切り崩し工作の実態や脅迫の手紙や無言電話、注文もしない品物が届くなどなど陰湿な行為の数々を赤裸々に語ってくれた。飄々とした語りに会場からは笑いがこぼれていたが、厳しい現実の一端を知った。

白紙撤回によって、親子二代にわたる反対運動(逆の側からは推進運動)に終止符が打たれたが、中部電力はいまだ買収した土地を所有したままだ。関西電力は和歌山県の日高原発計画を白紙にした後に買収地を町に寄付した。これに倣うべきだろう。

3・11の地震の後、東海地震・東南海地震・南海地震の同時三連動(マグニチュード9・1)を考慮すべきだが、耐震対策などの不十分さから、この三連動地震に浜岡原発は耐えられないだろうことを筆者が証言した。最後に、被曝の影響について、マーシャル諸島の島民調査を進めている竹峰誠一郎さん(三重大学地域戦略センター研究員)が証言した。

法廷なので、主尋問や中部電力の立場を代弁するアミカス・キュリエ(法廷助言人)と呼ばれる弁護士からの反対尋問なども挟んで進行していった。最後に判事が、芦浜の土地を町へ寄贈すること、浜岡原発を廃炉にすることなどを求める所見を述べた。判決は今年7月に予定されている。


伴 英幸(ばん・ひでゆき)

1951年、三重県生まれ。原子力資料情報室共同代表・事務局長。79年のスリーマイル島原発事故をきっかけとして、脱原発の市民運動などにかかわる。89年脱原発法制定運動の事務局を担当し、90年より原子力資料情報室のスタッフとなる。著書『原子力政策大綱批判』(七つ森書館、2006年)






    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ