(2012年7月15日発売、THE BIG ISSUE JAPAN 195号より)






「刑事裁判で被害を明らかにして」福島原発告訴団が東電役員らを刑事告訴



10
(福島地検に告訴状を提出する告訴団)




6月11日、本誌190号(5月1日発行)でもレポートした福島原発告訴団の1324人が、東電役員らを業務上過失致死傷と公害犯罪処罰法違反などの疑いで刑事告訴・告発した。

告訴されたのは、東京電力の会長勝俣恒久氏、同社長の西澤俊夫氏ら役員、原子力安全委員会委員長班目春樹氏ら委員、原子力委員会の近藤駿介氏、原子力安全保安院長の寺坂信昭氏、福島県放射線健康リスク管理アドバイザーの山下俊一氏ら総勢33人と、東京電力だ(役職名は告訴当日)。




当日は提出に当たり、約200人の告訴・告発人、支援者らが駆けつけ、集会が開かれた。

武藤類子団長は「(被告訴人が)この責任を取らなければ、福島の復興はありえない。今、県民は対立関係をつくらされているが、この告訴で私たちが力を取り戻せる」と述べた。

弁護団長で東京電力株主代表訴訟の弁護団長も務める河合弘之弁護士は、「東電の役員は事故後、誰も責任を取って辞めていないが、社会的に許されない。刑事責任を追及してそれを正し、本当の意味でやり直しをはかるのがこの告訴だ」と話した。

告訴状によると、被告訴人・企業らは「地震発生頻発国である日本で超危険物の原発を運営するに当たり、炉心損傷や溶融などの重大事故の発生を予防し、また、重大事故が発生した場合の被害の拡大を最小限にとどめるために適切な安全対策を講じる注意義務があるにもかかわらず、これを怠り、その結果、死亡、傷害の被害を負わせた」(業務上過失致死傷の疑い)ことや、「有害物質を排出し、福島第一原発から少なくとも半径50キロ以内の地域に拡散をさせ、告訴人らに傷害を負わせた」(公害罪)疑いがあるなどとした。

被害者は、「告訴・告発人を含む福島県民多数」、亡くなったり大量被曝をした大熊町の双葉病院の患者50人、自殺した川俣町の主婦や相馬市の酪農家男性、けがをした東電社員や協力会社の社員、自衛隊員ら。

福島地検は「現時点では受理には至っておらず、真摯に検討して(受理かどうか)結論を出す」とした。

告訴団は今後、県外の人を加えた第二陣、第三陣の告訴を予定している。

(文と写真 藍原寛子)


    このエントリーをはてなブックマークに追加

871771296f7cd3f682381aa638d5937f1

今、すれ違った若者はホームレスかもしれない


リーマンショックによる派遣切り等で職を失い、その後、仕事を得られず、住居を維持できなくなって路上に……ということは想像に難くない。しかし、若く働き盛りの、20代、30代の若者がなぜホームレス状態にまでなってしまうのか、疑問に思う人も少なくないだろう。
ここでは2008年~10年に実施した「若者ホームレス50人聞き取り調査」を参照しながら、「彼らはどこにいるのか?」「彼らはなぜ実家に帰らないのか?」「彼らはなぜ働かないのか?」という3つの疑問について考えていきたい。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加





(2012年5月1日発売、THE BIG ISSUE JAPAN 190号より)




東電・加害者が罰せられる社会をつくる








12 河合弁護士刑事告訴説明

告訴の重要性を話す河合弁護士





「被害と加害は明確なのに、加害者が誰一人法的責任を問われていないのはおかしい。刑事告訴で一人ひとりの被害を明らかにし、責任を明確にする」

福島県いわき市で3月16日夕方、会合が開かれ、出席した約70人により東京電力福島第一原発事故の責任者を刑事告訴する「福島原発告訴団」が結成された。

団長に田村市船引町の武藤類子さん(ハイロアクション福島原発40周年記念実行委員会)を選任。担当弁護士で、東京電力株主代表訴訟代理人も務める河合弘之弁護士と、保田行雄弁護士も出席して、告訴状案や今後の具体的な手続きを説明した。今後、被災者の告訴団への参加を広く求め、6月には福島地検に告訴状を提出する予定。




弁護団は、2006年、原子力安全委員会が原発耐震審査指針を改定したが、具体的な津波防護策として専門家が指摘した最新の知見を同指針に盛り込まなかったこと、2010年に同委員会が津波を安全対策の考慮に入れるよう定めた「手引き」を策定したのに、東電は津波対策を怠って、未然に防げた大事故を引き起こした――などの過失を指摘。

原子力安全保安院長などは業務上過失致死傷罪、東電や関係する責任者は公害犯罪処罰法違反の疑いがあるとした。告訴では被災者が被害の状況をまとめた陳述書を提出し、被害状況を明らかにする。




4月6日には郡山市で説明会が開かれた。

「悪いことをしたら個人や企業が罰せられるんだという怒りを社会に強く認識してもらうことが必要。被災者が心の底から怒って、原因をつくった東電の役員や官僚、学者たちを罰してくれと強く言い続けることが重要」と河合弁護士。今後、県内をはじめ、山形、新潟、北海道など、被災者の避難先でも説明会を開く。

団長の武藤さんは「事故から1年が経ち、県民にはあきらめの気持ちも出てきている。しかし一人ひとりの市民があきらめることなく声をあげることが、自分たちがこの日本、この社会に参加し、社会をつくっていくということにつながる。それが最も大切なことだと思う」と話している。

 (文と写真 藍原寛子)


    このエントリーをはてなブックマークに追加




fe33d1b078278e38106527b094d8b5de





〝おふくろの味〟って どうやってつくればいいですか?



両親は共働きで独身時代もほとんど料理をしなかったため、私にはおふくろの味的な定番料理がないのです。ふだんの食事もほとんど外食かネットレシピ。かと言って、彼の実家の味も嫌いじゃないけどチト違うし。みんな〝おふくろの味〟ってどうやってつくってるのか教えてください。
(32歳/女性/フリーランス)





おふくろの味といえば不思議に1番に思い浮かぶのは肉じゃがやなあ。芋の煮っころがしや味噌汁もそうやろう。煮炊きものの一品がイメージやな。おもしろいことにだいたいどの煮炊きものも味が一緒になってくるんやわ。肉じゃがもある程度難しいで。じゃがいもに味が染みなあかんやろう。しっかり味つけせんといかんもんな。




一応、一般的にはそれぞれの家庭で味わった味をおふくろの味というんやけど、しっかりとそれを丸まま教えてもらわなくても、自分自身がつくり出していっておふくろの味にしていくもんやないかな。「こうじゃないとおふくろの味じゃない」っていう、そういう型にはまった決まりはないわけよ。

今まであまり料理をしなかったのなら、一から何回も何回も失敗しながらつくっていって、自分の舌にあって自分がおいしいと思える、他にはない味つけを見つけていったらどうやろうか。

やっぱり肉じゃがにしたってな、砂糖と醤油と入れていって何回も自分で味見したらわかるやん、自分に合うような味つけ。料理の本をやったらその通りにしかならないやろう。料理の本やネットレシピも味つけの分量の参考にするにはいいと思うけど、頼ってばっかりではダメやと思います。そりゃあ最初は失敗もするわな。でも失敗を重ねていい味が出ていくんやからなあ。




私もそうやで、自分なりにやってるやん。料理の本も見いひん。小さい頃からおばあちゃんが料理するのを横からじっと見ていたりはしてたけどな。彼の実家に行く機会があったら教えてもらって、それもうまく取り入れていけたらそうしたらいいし。教えてもらったら彼のお母さんも喜ばれると思いますよ。

なので「おふくろの味」と気負って型にはめなくてもいいと思います。人間いうのはみんな舌が違うから、あなたの舌に合うように何回もつくり直せば気に入る味が出てくると思います。それを「私の〝おふくろの味〟」と胸はって言ったらええんちゃうかな。


(大阪/E)


(THE BIG ISSUE JAPAN 85号より)










    このエントリーをはてなブックマークに追加




瞬間芸術、新聞紙とガムテープでつくる巨大オブジェ



身近な素材でつくった『感性ネジ』で
第15回の岡本太郎現代芸術賞を受賞!





SORENARINIOOKIKU


造形作家 関口 光太郎さん





作品をつくる意義、大震災の中で考えた



見上げるほどの巨大な塔、その周りにはとにかくいろんなものがくっついている。カメレオンやごろ寝姿のカンガルー、団地のベランダ、通勤電車、ラッパや翼竜にマリリン・モンローまでご登場だ。上には何があるのだろうと、少し引いて眺めてみると、これが一つの大きなネジであることに気づいてうれしくなる。まるで今にもゴォーっと回り始めて、にぎやかな音色とともに上空へと浮かび上がっていくような気がするのだ。





MAIN

「感性ネジ」 ©岡本太郎美術館






造形作家であり、特別支援学校の教員でもある関口光太郎さんが、この『感性ネジ』を制作した背景には、東日本大震災でかみしめた思いがあったそうだ。

「私はこれまでアーティストとして、一見意味のわからないものをのほほんとつくってきました。でも、あの震災でたくさんの意味のあるものたちが破壊され、そんな大変な中で改めて私が作品をつくる意義はあるのだろうかとショックを受けたんです。その一方で、私は生徒たちに、ものづくりだとか芸術をあきらめる姿を見せるわけにはいかない、その楽しさを子どもたちや、作品を見てくれる人たちに伝えなきゃいけないんだと」

あらゆる物に使われている、ものづくりの象徴であるネジ、さらに終わりのない螺旋という形に〝つくり続ける〟という関口さんの決意を込めた。





関口さんはこれまでにも、アンコールワットのような『瞬間寺院』や、羽化する蝶をモチーフにした高さ7メートルを超える『明るい夜に出発だ』など、スケールの大きな作品で観る人をあっと驚かせてきたのだが、それらは実は、丸めた新聞紙とガムテープという、とてもシンプルで身近な素材でつくられている。もろくて長持ちしない分、スケッチのような感覚で、頭に浮かんだものをすぐに形にできるのが魅力だという。




瞬間寺院ジ標準サイズjpeg

「瞬間寺院」





彼の作品は、子どもの頃夢中になった図画工作から一直線につながっている。もの心ついた時から絵が好きで、少年時代は手近な材料でプロレスの覆面や怪獣の着ぐるみをつくっては遊んでいた。その後、美大の彫刻科に進みさまざまな素材を試した結果、自身のものづくりの原点に常にあった新聞紙とガムテープが、自分をもっとも自由に表現できることに気づいたそうだ。




子どもたちに大人気の怪獣づくり



アートが好きという気持ちが一度も揺らいだことはなかったが、大学卒業後、悩んだ末に関口さんは職業として芸術家の道を歩むことを選ばなかった。何も知らない状態で飛び込んだという特別支援学校の中学部では、美術の他にもあらゆる教科を担当し、少人数の生徒一人ひとりにじっくりと向き合う。ずっと表現する側だった関口さんは、今、誰かの表現を引き出すことのおもしろさにはまっている。

「彼らは目のつけどころがいいです。うちには自閉症の生徒もいるのですが、うさぎさんやくまさんなんかを描いた上にばっとレタリングで『17』と書いたりするんです。その『17』が確かにきれいで美しくて、私も『あぁ、これは芸術だね』と。今回の作品に拝借しました(笑)」




そんなふうに創作の刺激も受けつつ、同じ目線で教え合い、学び合いながら生徒たちとともに成長していきたいと関口さんは考えている。

そして、美術館や小学校に招かれて行う出前授業のワークショップは、関口先生の本領発揮といえる。新聞紙やガムテープを使った怪獣づくりは、毎回子どもたちに大人気だ。




「ワークショップでは子どもたちに、自分で目標を決めて進む体験をしてほしいと思っています。普段の授業では『これを覚えなさい』『ここを目指してがんばりなさい』と課題を与えられることが多いけど、美術では大まかな枠組み以外は何をつくるか、何色を使うか自分で考えなきゃいけない。そうやってつくった自分の分身のような作品を『いいね~』と認めてあげることで、自己肯定感につながっていくんじゃないか。そんな気持ちでやっています」

「私はたぶん、アーティストだけの存在にはなれないんです。さびしがり屋だから」と関口さんは笑う。そんな彼を取り巻く、ごちゃごちゃして愉快で愛しい日常のかけらたちを取り込みながら、『感性ネジ』はつくられた。〝この世界に無意味なものなど何もないんだ〟。ネジはそんなメッセージを発している気がした。

(樋田碧子)
Photo:浅野カズヤ





せきぐち・こうたろう
1983年、群馬県生まれ。多摩美術大学彫刻科在学中から新聞紙と紙テープを使った彫刻を制作し、卒業後は07年から東京都の私立特別支援学校で、教員を務める傍ら創作活動を行う。08年六本木21_21Design Sightにおける「21世紀人展」に出品。今年、『感性ネジ』で第15回岡本太郎現代芸術賞の太郎賞(最高賞)を受賞した。
    このエントリーをはてなブックマークに追加





7cd85109d444b06ecb42f2d928a98e04





幸せ恐怖症で、バツイチのトラウマから逃れられません。



バツイチです。離婚後6年たち、すてきな人と結婚したいと思い、デートもしているのですが、どうしてもその寸前で躊躇してしまいます。幸せ恐怖症とでもいうのでしょうか? 大好きな相手に優しくしてもらって、そこそこ稼ぎもあって、浮気もしなさそうだし、申し分ない。なのにこの人と、結婚し、まともな生活を送ると思うと……
なぜだか踏みとどまってしまうのです。ちなみに以前の結婚は5年続き、子どもはいません。(33歳/女性)





誰だって幸せにはなりたいもの。前の結婚の最後がどうだったとしても、もう別れて6年もたったのだから、5年間の結婚生活やその前のつき合っていた時も含めて、楽しかったことやうれしかったことを思い出してみることができる時期だよな。

まずは自分がバツイチであることを忘れろ、と言いたいね。誰かと出会っても、自己紹介と一緒にバツイチだなんて言う必要はない。相手がこの人に興味を示して初恋やこれまでの過去の恋愛について、聞いてきたら答えればいいこと。相手をよく知って、段階を踏んでお互い気に入れば結婚を前提につき合ったらいい。その頃は、この人がバツイチだなんてことは気にしないだろう。




なんてことを言うオレだけど、つき合って2週間目で結婚しようなんてことになった。これは随分とおかしな話だな。当時、オレは青森で車掌をしていて、気分が悪くなった鹿児島から来たお客さんの女の子を介抱するうちに交際することになって、トントン拍子で結婚することになってしまった。ハハハ。




この女性は年齢的にも子どもがほしいのかもしれないな。オレには子どもが2人いるんだよ。孫もいる。随分と前のことなのに、子どもが元気な産声をあげて生まれてきた瞬間が忘れられない。健康に生まれてきたと知った時は、本当にホッとしたね…。

こんな状態になったのは、オレが知り合いの保証人になったばかりに借金を背負いこみ、暮らしていた北海道の富良野を追われることになったから。今でも女房や子どもとも電話をしている。家族といっても、電車で20時間以上もかかる場所に離れているから、そう簡単には会えない。もう一緒に暮らすことはないだろうけど、オレにとってかけがえのない存在だと思う。




この女性は今、結婚すること以上にたった一人で生きていくことを不安で寂しいと考えているんだと思う。結婚というのは、女性から男性に仕向けるもの。この人のお相手みたいに男性から結婚しようなんて普通はめったに言ってこないよ。最初に言ったように、前の結婚生活での幸せだったことだけを思い出してごらん。次こそは、積極的に。そして早く子どもを産んで、その子と一緒に成長していったらいい。

(東京/I)


(THE BIG ISSUE JAPAN 84号より)










    このエントリーをはてなブックマークに追加




30年間の「座り込み」。ホワイトハウス前で平和と非核訴え




11 ピシオットさん

コンセプション・ピシオットさん(67歳)





アメリカの首都ワシントンDCにある、米大統領の公邸ホワイトハウス前。ホワイトハウスに向けてシャッターを切る多くの観光客の背中を見ながら、一人の女性が呼びかける。「核のある世界がどんなに危険か、考えてみて」。スペイン出身のコンセプション・ピシオットさん(67歳)。1981年から実に30年もこの場所で座り込み、平和と反核を訴え続けているのだ。

今、都内・霞ヶ関の経産省前では、福島や全国の女性たちによる脱原発の座り込み「未来を孕む とつきとおかのテントひろば行動」が展開されている。昨年秋以降は、経済や所得格差を訴え、ニューヨークウォール街で「オキュパイ(占領)運動」なども起きた。ピシオットさんは長年続けている、いわば〝先輩格〟だ。




10代で米国に来て、国連やスペイン領事館で秘書の仕事をした。結婚もし、娘ももうけたが離婚。政治活動に入り、やがてホワイトハウス前で座り込みを始めたのが30年前。当局にしめ出されたり、心ない人から罵声や暴力を受けたりしながらも、巨大な看板を設置して、その脇で身体を休めながら世界各国の観光客に平和の尊さや核廃絶を訴え続けた。

後に白いビニール製のテントが設けられ、彼女を「コニー」と呼ぶ友人や支援者が増えた。毎日の食事は観光客からの募金で賄い、トイレやシャワーは支援者や近くの教会、ファストフード店などで済ませている。実質「ホームレス」状態だが、日々多くの人と接し、自分の訴えを表現する自由さからか、日に焼けた横顔はツヤツヤと輝いている。





11 ピシオットさん2

観光客から写真を頼まれることもしばしば。「反核、平和」を訴え続ける




「ここで生活して危険ではないですか?」。そう尋ねるとピシオットさんはこう言った。「核兵器や原発のあるこの世界は、どこだって危険。安全な場所はどこにもない」。そして目の前のホワイトハウスを指差す。「世界で一番危険なのは、あそこだから」。ホワイトハウスの屋根に警備官の姿が見えた。核を持つ軍事大国ゆえに、テロの恐怖に直面するアメリカの矛盾が垣間見えた。

ピシオットさんをして素通りする人もいれば、立ち止まって「ユー・アー・ライト(あなたは正しい)」と言う人も。「日本は広島や長崎で核の危険を体験している。地震国なのに原発なんてとんでもない」。ピシオットさんは今日もたった一人、各国の観光客に平和を訴え続けている。

(文と写真 藍原寛子)




ピシオットさんの支援者らによるウェブページ
「未来を孕む とつきとおかのテントひろば行動」
*参考資料 /「ホワイトハウスの裏庭」(91年9月13日、The Yomiuri America 堀田佳男)





THE BIG ISSUE JAPAN 189号より)


    このエントリーをはてなブックマークに追加




スクリーンショット 2012 12 21 14 34 02






「若者ホームレス」と就職活動、生活保護





スクリーンショット 2012 12 21 15 10 27

いつかは自立したいとほぼ全員思っているにもかかわらず、4人のうち3人は就職活動をしていない。その理由としては、住所、本人確認書類、携帯電話、保証人等がないため、実際に就職活動を行っても、採用段階で断られてしまうなどの理由があげられている。

生活保護を受給しながら職探しをしている人も苦戦している。年齢制限、経験不足などさまざまな理由で求職活動の段階で門前払いを受けてしまっているケースも少なくない。





一方で、自立への意欲があっても、これまで仕事を通して受けた過酷な労働体験やイジメなどによるトラウマのせいで、仕事をする意欲を失っている人もいた。

将来を諦観している人も少なくなく、「結婚とか、家庭とかそういうことはあんまり考えない。一人のほうが楽」という人も。一方で「結婚もして子どももほしい」という声も少なからずあった。




スクリーンショット 2012 12 21 15 10 23



現在、生活保護を受給している人は8人いるが、生活保護を申請しようと役所に行ったが「若くて働ける人は申請できない」と断られた、「申請が受理される前に職がないと通らない」と誤った情報を伝えられたなど、申請すらできなかった人もいる。

現在受給中、もしくは受給経験がある人は、NPO団体等の支援を受け、生活保護を申請、受理されていることが多い。実際に、若年者が一人で生活保護を申請して受理されることは稀のようだ。一方、「親に連絡が行くので絶対に拒否する」など、生活保護に対して、消極的な人も多かった。





NPO法人ビッグイシュー基金を応援する
・「若者ホームレス白書」を読む




    このエントリーをはてなブックマークに追加



1月15日発売のビッグイシュー日本版207号のご紹介です。



特集 「盲ろう者」 二重障害の世界


視覚と聴覚の両方を失っている、またはそれらが不十分な状態の人は「盲ろう者」と呼ばれています。厚労省調査(06年)の推計によると、20歳以上の「盲ろう者」は2.2万人。視覚・聴覚の二重障害によって外界からの情報が絶対的に不足し、周りの状況がつかめなくなったり、他者とのコミュニケーションが極端に困難になってしまいます。
そんな過酷な状態を超えて、門川紳一郎さんは外国の大学で学び、現在は盲ろう者の仕事や憩いの場である「NPO法人視聴覚二重障害者センターすまいる」を立ち上げ、活動しています。
また、森敦史さんは、ルーテル学院大学に入学し、通訳のサポートを受けながら「自分のような盲ろう者の役に立ちたい」と社会福祉を学んでいます。早坂洋子さんは、仙台で盲ろう者の活動を中心的に担っています。
「盲ろう者」が置かれている状況やその世界を知り、共有したいと思い、門川さんと「すまいる」のスタッフ、森さん、早坂さんにそれぞれ取材させていただきました。



スペシャルインタビュー 工藤夕貴さん


複数のハリウッド映画に出演するなど、国際的な活躍を続けてきた女優・工藤夕貴さん。今回、日本・カナダ合作のロードムービー『カラカラ』に主演して感じたこと、人生を変えた農業との出合いなどについて語ってくださいました。



リレーインタビュー 探検家 関野吉晴さん


一橋大学在学中に探検部を創設。アマゾン全域踏査隊長としてアマゾン川全域を下り、93年、アフリカに誕生した人類がアメリカ大陸にまで拡散していった行程を遡行する旅「グレートジャーニー」を開始した関野吉晴さん。10年にもわたる長い旅のなかで気づいた自身のターニングポイントは「親から生まれたことだった」と語ります。



今月の人 新春座談会


1月1日号に続き、今回も「今月の人」は番外編。大阪の販売者さん4人による座談会です。鉄道クラブで琵琶湖1周した思い出、寒さ対策、日々感じる生きる喜びを語り合います。



この他にも、「ホームレス人生相談」やオンラインでは掲載していない各種連載などもりだくさんです。詳しくはこちらのページをごらんください。

最新号は、ぜひお近くの販売者からお求めください。
販売場所検索はこちらです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ