1月1日発売のビッグイシュー日本版206号のご紹介です。



新春かるた 「地球に生きる」


私たちも自然の一部。地球の住人たちから届いた言葉の数々をあなたへ。
「ね」眠っているときは休んでいるときだ。春また元気を取り戻すために
「ゐ」いつでも世界をめぐっているのに自分の場所をはなれられないもの(答え:心)
「は」はやくお仕事やめたいよ… (もんじゅ君のつぶやき)



特集 「縮小社会」を生きる


今、日本社会は「縮小社会」のリスクをかかえていると、萱野稔人さん(哲学者)は言います。文明史的に見て「経済成長」は人類史では例外的なことであり、1世紀~19世紀初頭まで世界経済の成長はほとんどありませんでした。経済成長をもたらしたのは、化石燃料によるエネルギー革命であり、経済成長は1820年以降のごく最近のことだそうです。そして、現在の先進国における経済的停滞は化石燃料のポテンシャルを消費つくしたことにあると。  そこで、萱野稔人さんに、経済が拡大せずマイナス成長する「縮小社会」の時代に、どのような社会のしくみをつくっていけばよいのかを聞きました。 また、萱野稔人さんと雨宮処凛さん(作家)に「『縮小社会』を生きる」をテーマに対談をお願いしました。新年に当たり、ポスト経済成長、縮小の時代をどう生きぬくのかを考えたいと思います。



スペシャルインタビュー ロアルド・ダール


『チョコレート工場の秘密』、『マチルダは小さな大天才』、ロアルド・ダールが遺した数々の作品は、今も読者を魅了してやみません。
自身も著名な児童文学作家・詩人であるマイケル・ローゼンが、ダールの人生と創作の秘密に迫ります。
また、翻訳家の金原瑞人さんには、英国におけるダールの人気ぶりを解説していただきました。



リレーインタビュー アーティスト 加藤翼さん


巨大な木製の構造物を作り、それを大勢で動かす……というパフォーマンス・アートで知られる加藤翼さん。初めは構造物をロープで引っ張る「引き倒し」が主でしたが、3.11がターニングポイントとなり、作風が大きく変わったと語ります。



国際 深刻な資金不足、治療停止に直面するビルマ難民診療所


ビルマ(ミャンマー)の国境近く、タイ側のメーソットという町には、約20万人のビルマ難民・移民の人々が暮らしています。彼らの健康の担い手が、総合診療所、メータオ・クリニック。来日中のシンシア・マウン医師にインタビューしました。



この他にも、「ホームレス人生相談」やオンラインでは掲載していない各種連載などもりだくさんです。詳しくはこちらのページをごらんください。

最新号は、ぜひお近くの販売者からお求めください。
販売場所検索はこちらです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加


若者ホームレス50人聞き取り調査



ビッグイシュー基金では、2007年以降、若い販売者が増加していることから、その実態を知るため、2008年 11 月から聞き取り調査をスタートさせた。東京と大阪のビッグイシュー販売者から聞き取りを始め、夜回りや炊き出しなどで出会う人たちにも調査の輪を広げていった。2010年5月までにその数は50人に及んだ。ごく一部ではあるが、彼ら自身の声を紹介したい。(飯島 裕子)





若者ホームレスはどんな人たちか?出身地、ホームレスになった理由




スクリーンショット 2012 12 21 14 49 56


調査対象者は50人。全員が男性。出身地は北海道から九州の離島まで各地方に及んでいる。平均年齢は32.3歳。30代が7割を占めた。路上にいた期間は半数以上が6ヶ月未満と比較的短い傾向にあった。

スクリーンショット 2012 12 21 14 50 10




路上へ出た理由としては、退職、派遣切り、倒産など、約7割が仕事に関するものを挙げている。寮に住み込んでの製造業派遣や飯場での日雇い仕事など、職を失うと同時に家を失うといったケースだけでなく、リストラされた末、家賃を払えなくなり、路上へ出て行かざるを得ないケースも出てきている。

またアルバイトや派遣を点々とする不安定な就業状態の中、家族との確執を深めたり、多額の借金をし、迷惑をかけたことで実家に居づらくなり、路上に出た人もいる。





スクリーンショット 2012 12 21 14 50 22


さらに約半数が消費者金融等からの借金を抱えている(あるいは抱えた経験がある)。借金をしたことが、退職や路上生活への引き金になったという人もいる。ちょっとしたきっかけで消費者金融に手を出してしまった結果、借金がどんどん増えていき、動きが取れなくなってしまう。借金の理由はギャンブルが圧倒的に多く、依存症的傾向の人も少なからず存在した。

話の辻褄が合わなかったり、自身のおかれた現状について認識できていない人など、何らかの障害が疑われる人もいた。しかし、実際に障害者手帳等を持っている人はごく少数に留まっている。





NPO法人ビッグイシュー基金を応援する
・「若者ホームレス白書」を読む


    このエントリーをはてなブックマークに追加




前編を読む





冬の屋内で楽しむ“多肉植物の寄せ植え”は雑木林のミニチュア




DSC0106

それでもやっぱり冬は苦手という人、都心に住んでいるので近くに自然がないという人もいるだろう。そんな人におすすめなのが、屋内でも育てられる寄せ植え。柳生さんはさまざまな種類の植物を一緒に植えて楽しむ寄せ植えをこれまで多数提案してきた。

中でも簡単に育てられることで初心者にイチオシなのが、多肉植物の寄せ植えだ。多肉植物とは、砂漠や高山など水分がほとんどない場所でも生きられるよう、根や茎などに水分を蓄える性質を持ったサボテンのような植物のこと。多肉植物の寄せ植えは、さまざまな種類の多肉植物の葉を混ぜて土の上に撒くだけでいい。

「僕はこれを“多肉のふりかけ”と呼んでいます。何もせず放っておけば、自然に芽を出し根を張りどんどん育っていく。2〜3週間で根と芽が出始め、徐々に大きくなって、1〜2年後には多肉植物の雑木林ができあがりますよ。水は数週間に一度あげるだけ。これほど簡単なものはないでしょう(笑)。八ヶ岳は寒いので温室に置いていますが、霜が降りない地域なら外で育てても大丈夫ですよ」


DSC0081





無造作に撒いた多肉植物の葉から芽が出て、根がどんどん広がっていく。そのありさまはまさに雑木林のミニチュアといった感じ。


「ちゃんと花も咲きますし、紅葉もします。本物の雑木林では、たとえ側にあったとしても、根を見たり触ったりすることはできないでしょう。でも多肉植物ならそれができる。植物の営みを身近に感じることができるのは、まさに寄せ植えの魅力の一つですね」






柳生さんは、多肉植物以外にも、メダカが泳ぐ水辺の寄せ植えや鳥が好んで集まる実がなる寄せ植え、気軽に食べられる野菜を集めたミックスサラダガーデンなど、いろいろな寄せ植えを作ってきた。

「自分の興味あるところから、気楽に始めたらいいと思います。大切なのはモチベーション。それがなければ長続きしません。『一所懸命世話しているのに枯れてしまった』という相談を受けることがありますが、絶対にそんなことはない。植物はある日突然枯れるのではなく、だんだんに枯れていくもの。だからこそ、モチベーションが持続しそうな、自分の好きなものから始めてみることが大切なんですよ」





柳生さんの家にある夏みかんの枝には一部ネットがかかっている。虫好きな子どもたちが芋虫を観察できるようにするためだ。

「大人にとって夏みかんは収穫して食べるための木かもしれないけれど、子供たちにとっては大好きな芋虫が住んでいる場所です。それを観察することも園芸の一つ。草や花を植えるだけが園芸ではないと僕は思います。植物、鳥、昆虫、水辺の生物もすべてはつながっているんですよ」


雑木林にも、庭にも、植木鉢の中にも、かけがえのない命の営みがある。自然の中を散歩することも、屋内で植物を育てることも生命に触れること。だからそこに無上の喜びがあるのかもしれない。



 
(飯島裕子)
Photos:浅野一哉





柳生真吾(やぎゅう・しんご)
1968年東京都生まれ。玉川大学農学部卒。10歳のころからほぼ毎週八ヶ岳に通い、父の雑木林作りを手伝う。大学卒業後、生産農家「タナベナーセリー」での園芸修行を経て八ヶ岳へ移住し、雑木林を核としたギャラリー&レストラン「八ヶ岳倶楽部」を運営。2000年からはNHK『趣味の園芸』のメインキャスターを務めるほか、全国各地で講演活動なども行っている。著書に『柳生真吾の八ヶ岳だより』(NHK出版)、『柳生真吾の、家族の里山園芸』(講談社)、『男のガーデニング入門』(角川書店)などがある。










(2007年1月15日発売、THE BIG ISSUE JAPAN 第65号 [特集 冬、満喫—冬ごもりレシピ]より)





ビッグイシューをいいね!で応援!

https://www.facebook.com/bigissue.jp" data-hide-cover="false" data-show-facepile="true" data-show-posts="false">


最新情報をお届けします

無料メルマガ登録で「ビッグイシュー日本版」創刊号PDFをプレゼント!



過去記事を検索して読む


ビッグイシューについて

top_main

ビッグイシューは1991年ロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊したストリートペーパーです。

ビッグイシューはホームレスの人々の「救済」ではなく、「仕事」を提供し自立を応援するビジネスです。1冊350円の雑誌を売ると半分以上の180円が彼らの収入となります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加




冬の夜長にしたためる—コラージュでつくる私の絵はがき



手紙




絵はがきを書くために、日ごろから印刷物の中の絵や写真や文字を切り抜いて溜めている。それらを組み合わせて、はがきの台紙にスティック糊で貼りつけていけば、コラージュ風の個性的な絵はがきになる。




台紙は、画材店にある画仙紙などの厚手のはがき用紙を使うと、きれいに仕上がる。大きなサイズの台紙なら、思い切った作品も可能。紙や布や糸その他の手近にあるさまざま素材を工夫して自由に組み合わせ、デジカメに取り込み、はがき大に印刷する。

はがきを洋形2号封筒(114×162mm)に入れて、封書として送ることもできる。便箋と同様に数枚にわたってもよい。絵はがきの余白に、私の今を書いてみませんか。




パソコンを使った“言葉を贈るはがき”もお気に入り。書物や新聞で、またネット上で、心を惹かれた言葉・詩句などをテキストボックスに書き込み、画像とともに構成する。

コンパクトにするため原文を縮めたときは、省略部分にその印をつけ、出典も明記すれば完璧である。結局、誰に出すことなく手元にしまっておくこともあるが、それはそれでよい。愛着を持った言葉は、自分にとってきっと意味があるから。




はがきの表の半分の面に手紙文を書くときは、相手の人のことを思いながら、自分の中から言葉をひきよせ、たぐりだして書く。

そのときの何ともいえないよるべなさと緊張感が、手紙を書くという時間のいちばんのおもしろさでもあり、かけがえのなさでもあると思う。かたわらに人がいるところでつける日記のようなもの、かもしれない。

(國井由紀子)





(2007年1月15日発売、THE BIG ISSUE JAPAN 第65号 [特集 冬、満喫—冬ごもりレシピ]より)
    このエントリーをはてなブックマークに追加






スクリーンショット 2012 12 21 14 34 02





“ホームレス”の定義とは?



「ビッグイシューの販売者が若年化している」、「若者ホームレス」が増加傾向にあると言われてもピンと来る人はほとんどいないかもしれない。

路上にいるよりも、ネットカフェやファーストフード店などの終夜営業店舗などに滞在していることが多い彼らを路上で見かけることは少なく、彼らは“見えにくい存在”になっているからだ。

さらに彼らは日本で一般的に使われているホームレスの定義によって、“見えにくい存在”になっている。そこでここでは、“ホームレスの定義”について見ていくことにしたい。




現在、日本で法的(2002年ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法より)に定められているホームレスの定義は、「都市公園、河川、道路、駅舎その他の施設を故なく起居の場所とし、日常生活を営んでいる者」となっており、ネットカフェやファーストフード店など深夜営業店舗で過ごす人などを含んでいないのだ。

しかし、人はある日突然、住居を失い、ホームレスになるといったことはなく、不安定な就労、不安定な住居を経て、徐々に路上に近づいていく。




一方、EU 加盟国では、「路上生活者」に加え、知人や親族の家に宿泊している人、安い民間の宿に泊まり続けている人、福祉施設に滞在している人なども含む、となっている。

ホームレス=路上生活と考えるのではなく、そこに至るプロセスすべてを視野に入れることが予防や支援を考えていく上で重要だと考え、本書では、稲葉剛氏の「ハウジングプア」の概念図に基づき、ホームレスの定義を下記のようにしたい。




家はあっても居住権が侵害されやすい状態を視野(C)に入れをホームレス状態と定義する。
屋根はあっても家がない状態(ハウスレス:B)及び、屋根がない状態(ルーフレス:A)






スクリーンショット 2012 12 21 14 45 12





NPO法人ビッグイシュー基金を応援する
・「若者ホームレス白書」を読む









過去記事を検索して読む


ビッグイシューについて

top_main

ビッグイシューは1991年ロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊したストリートペーパーです。

ビッグイシューはホームレスの人々の「救済」ではなく、「仕事」を提供し自立を応援するビジネスです。1冊350円の雑誌を売ると半分以上の180円が彼らの収入となります。


    このエントリーをはてなブックマークに追加




かぶり倒してわかる帽子の楽しさ--冬の帽子道楽



雪が降っても、暖かなウールの帽子をかぶれば散歩も楽しい。
「あの帽子をかぶっている人」と言えば伝わるくらい、いつもおしゃれな帽子をかぶっている、
帽子デザイナーの鏑木和恵さんに、帽子をかぶる楽しさを聞く。





P18帽子h
(鏑木和恵さん)




大げさでない素敵な帽子がほしかった



この日、鏑木和恵さんがかぶっていたチェックのハンティングは、2006〜7年、秋冬コレクションの一つ。今シーズン、鏑木さんが自分のために選んだ帽子は洋服に合わせて5つから6つ。毎シーズン増えていくので、持っている帽子の数はわからないそうだ。もともといつも帽子をかぶっているので、かぶっていないことが考えられないほどの帽子好き。

「1990年代の初め頃は、輸入ものの帽子が今よりもずっと高かったんです。ぴったり合うサイズもなかなか見つからないし、“大げさでないけど素敵な帽子”を探すのはとても大変でした」

ならば自分で作ってしまおうと、鏑木さんは94年から2年間、帽子作りの第一人者として知られる平田暁夫さんの帽子教室に通う。ヘアメイクの仕事もしていたので、次第にモデルやアーティストがかぶる帽子のオーダーを受けるようになっていった。

「どの帽子をデザインする時も、かぶる女性のイメージやシチュエーションを考えて作っています。長い髪と一緒に、風になびいたらきれいだろうなあとか、青空の下にこんな色があったら人目を引くだろうなあとか想像しながら」

99年にレディースの帽子ブランド「Miss Cabour」、06年にはメンズの帽子ブランド「KiKi Senor」を立ち上げた。そんな鏑木さんにお気に入りの帽子を尋ねた。「全部がお気に入り。お気に入りじゃない帽子は発表しませんよ」





スクリーンショット 2012 12 04 12 41 27



手持ちのトップス3つ以上と相性がいいものを選ぶ



「靴の似合わない人がいないように、帽子が似合わない人はいません」と、きっぱりと言い切る鏑木さん。確かに、選び方がわからずに帽子が似合わないと思い込んでいる人は多いに違いない。

「まずはサイズを合わせることが大切なんです。小さな帽子を無理にかぶっても似合うわけがないですから。ただし、髪の長い人がアップした髪を中に入れてボリュームを持たせてかぶるように、わざとぶかぶかに作ったキャスケットなんかもあります。どういうフォルムの帽子をどんな狙いでかぶれば自分が素敵に見えるかわかるまで、とにかくお店に足を運んで帽子をかぶり倒してみてください」




洋服との合わせ方にもコツがある。

「帽子は、洋服よりも目立つようなコーディネイトにならないこと。いつも着ている洋服の素材や色にスッとなじむものがいいと思います。とりあえず、自分が持っているトップス三つ以上と相性がいいものを選べば、一つの帽子で幾通りもの着こなしができますよ」





P18帽子




コサージュやリボンを加えたり、自分で作るという手もある



おなじみのベレー、テンガロンハットに、キャスケット。帽子には、つばの広いもの、つばの下がったもの、トップがくぼんでいるもの。エレガントなものからカジュアルなものまで、さまざまな種類がある。自分に似合う形が必ずあるはずだと言う鏑木さん。

「かぶり方ひとつでも、だいぶ印象が変わります。まっすぐのつばを少し曲げて、顔の輪郭に沿うようにするだけでも全然なじみ方が違いますよ。買っていただいた帽子を自由にアレンジして自分らしくかぶってくださったら、うれしいです」




そして、店頭で気に入ったものやサイズがない人は、自分で作るという手もある。鏑木さんは帽子教室も開き、最近、初心者のための帽子作りの本も出した。デザインは同じでも、帽子の素材を変えれば、夏の帽子が冬の帽子になるし、世界にたった一つしかないオリジナルの帽子が作れるのが魅力。

でも、いきなり作るのはハードルが高いと感じる人は、買った帽子にコサージュやリボンを加えてみるだけでもいいという。それだけで、帽子が自分だけのものになる。

帽子を作ることは夢を形にすることだと思っている鏑木さんは、映画を見て素敵なかぶり方を研究することもすすめる。『華麗なるギャツビー』、『プレイタイム』などの登場人物に、鏑木さんは毎回うっとりしてしまうそうだ。

(香月真理子)

Photo:高松英昭




鏑木和恵(かぶらぎ・かずえ)
帽子デザイナー、ヘアメイクアーティスト。1994年から2年間、平田暁夫帽子教室にて帽子作りを学ぶ。99年、レディース帽子ブランド「Miss Cabour」、06年、メンズ帽子ブランド「KiKi Senor」を設立。









(2007年1月15日発売、THE BIG ISSUE JAPAN 第65号 [特集 冬、満喫—冬ごもりレシピ]より)


    このエントリーをはてなブックマークに追加




冬の雑木林、命の神秘に出会い、春の訪れを想像する



東京から車で約3時間。八ヶ岳南麓大泉村にある「八ヶ岳倶楽部」に柳生真吾さんを訪ねた。晴れた日には八ヶ岳や富士山が間近に見えるここは、真吾さんの父で俳優の柳生博さんが約30年前、荒れ果てた人工林に手を入れ、雑木林に戻すところから始めたもの。今では四季折々の美しさを見せるこの雑木林に、ギャラリーとレストランを併設し一般に開放している。





DSC0175

(柳生真吾さん)





冬の“スッピンの林”を知らないと、本当の林を知ったとは言えない



まずは柳生さんと一緒に雑木林を歩いてみることにした。葉が青々と生い茂る夏や、紅葉に彩られた秋の風情とは異なり、冬の雑木林は閑散として静まり返っている。





DSC0055




「冬の雑木林は、枯れ木や枯れ草の集まりだと思ったらオオマチガイ(笑)。よく観てください。花の芽がここに出ているでしょう」と柳生さん。確かに枝をじっくり観察してみると、そこにはしっかりした突起が付いている。




「一つの枝には、花の芽と葉の芽の2種類の突起がついているはずです。それはレンゲツツジの芽。丸いほうが花の芽で、細長いのが葉になります。花や葉のつぼみは秋にはもうできあがっているんですよ。

そっちにあるグレムリンみたいな顔をしている芽はムシカリ。耳の部分が葉の芽で、顔の部分が花の芽です。毛を生やすことで寒さを防ぎ、外敵から身を守っている。どれも実に個性的で観ているだけで楽しいでしょう。落葉樹は葉っぱをすべて落として、小さな芽にすべての栄養を詰め込んで厳しい冬を越すんです」





Pho324q

(ムシカリ)




冬の雑木林には、新しい命の芽がたくさん隠れている。「冬は、飾らない“スッピンの林”が見られるまたとない機会」だと柳生さんは言う。

「スッピンの林とつきあわないと、本当の林を知ったとは言えないと思うんです。葉がない分、林の骨格がはっきりとわかる。葉や花ではなく、木肌や芽を見ただけで、何の木かわかるようになると、冬の散歩もぐっとおもしろくなりますよ」





冬の雑木林を歩くことで命の神秘に遭遇し、春の訪れを想像する楽しみを味わうことができる……凍てつく冬も億劫がらず、屋外に一歩足を踏み入れることで、新しい発見があるに違いない。

真冬の「八ヶ岳倶楽部」は、最低気温がマイナス10度を下まわる日もあるという。

「そんな時はやっぱり外に出るのは辛いですよね。だから僕は自分なりに気持ちを高めることにしているんです。かっこいいダウンジャケットを着て、おしゃれな長靴を履いたりしてね……。道具とか形って結構大切なんですよ」





もう一つ、柳生さんにとって欠かせない道具がデジタルカメラだ。

「自然をじっくり観察するには、デジカメが一番。僕はよく写真を撮るんですが、カメラを持ってファインダーをのぞくと“何か探さなきゃ”という意識がムクムクと出てくる。“カメラの眼”になるから、同じものが違って見えてくるんですよ」

 寒い冬、だからこそ、デジカメ片手に屋外に出てみてはどうだろう。




後編へ続く




柳生真吾(やぎゅう・しんご)
1968年東京都生まれ。玉川大学農学部卒。10歳のころからほぼ毎週八ヶ岳に通い、父の雑木林作りを手伝う。大学卒業後、生産農家「タナベナーセリー」での園芸修行を経て八ヶ岳へ移住し、雑木林を核としたギャラリー&レストラン「八ヶ岳倶楽部」を運営。2000年からはNHK『趣味の園芸』のメインキャスターを務めるほか、全国各地で講演活動なども行っている。著書に『柳生真吾の八ヶ岳だより』(NHK出版)、『柳生真吾の、家族の里山園芸』(講談社)、『男のガーデニング入門』(角川書店)などがある。








(2007年1月15日発売、THE BIG ISSUE JAPAN 第65号 [特集 冬、満喫—冬ごもりレシピ]より)








ビッグイシューをいいね!で応援!

https://www.facebook.com/bigissue.jp" data-hide-cover="false" data-show-facepile="true" data-show-posts="false">


最新情報をお届けします

無料メルマガ登録で「ビッグイシュー日本版」創刊号PDFをプレゼント!



過去記事を検索して読む


ビッグイシューについて

top_main

ビッグイシューは1991年ロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊したストリートペーパーです。

ビッグイシューはホームレスの人々の「救済」ではなく、「仕事」を提供し自立を応援するビジネスです。1冊350円の雑誌を売ると半分以上の180円が彼らの収入となります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

P16映画




外界を完全遮断して、映画の世界に浸るマイ・シネマ!




日々の繁忙に追いたくられ、ちょっと人間関係にも疲れた時、「あーひとりになりたい!」って思いませんか?  そんな時って、意外と知識欲は旺盛。頭ん中は水を吸収するスポンジみたいに、普段の日常とは違う世界を欲してる。

だからこそ、外界との接点を完全に遮断して自宅でマイ・シネマ!


そう、映画館の人ごみに気分をそがれることもない。せっかく足を運んだレンタルビデオ店で観たい作品の「貸出中」に舌打ちすることもナシ。観終わったビデオの返却にめんどくささを感じることもない。自宅でひとり気分よく上映会を楽しむのが、マイ・シネマ。

マイ・シネマは、今やブロードバンドを利用すれば簡単。さまざまな映像コンテンツを配信するシステム「ビデオ・オン・デマンド」の広がりで、パソコンのインターネットで映画をダウンロードできるし、テレビでも専用機器を取り付けるだけで観たい映画を観たい時に視聴できる。会費も必要なく、レンタル料金も2〜3枚まとめれば意外と安い。レンタルビデオ店とほぼ同額か、むしろ安いぐらい。1ヶ月1500円で見放題というプランもある。

できるだけ多くの作品から選びたいという人には、「ツタヤ ディスカス」の宅配サービスがおススメ。このサービスは、ネットで予約すれば、DVDを自宅まで届けてくれて、返却時は最寄りの郵便ポストに入れるだけ。一枚レンタル525円とちょっと高めだが、月額プランだと1974円で8枚レンタル、すべての映画が予約可能だ。

あとは、映画ガイド本の伴走があれば、準備万端。『死ぬまでに観たい映画1001本』や『見ずには死ねない!名映画300選』で新たな発見をするのもよし、映画通なら『友達より深く楽しむ外国映画の歩き方』で洋画に出てくる外国文化の違いや背景などをトリビア的に楽しむのもおもしろい。

(稗田和博)






(2007年1月15日発売、THE BIG ISSUE JAPAN 第65号 [特集 冬、満喫—冬ごもりレシピ]より)





ビッグイシューをいいね!で応援!

https://www.facebook.com/bigissue.jp" data-hide-cover="false" data-show-facepile="true" data-show-posts="false">


最新情報をお届けします

無料メルマガ登録で「ビッグイシュー日本版」創刊号PDFをプレゼント!



過去記事を検索して読む


ビッグイシューについて

top_main

ビッグイシューは1991年ロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊したストリートペーパーです。

ビッグイシューはホームレスの人々の「救済」ではなく、「仕事」を提供し自立を応援するビジネスです。1冊350円の雑誌を売ると半分以上の180円が彼らの収入となります。


    このエントリーをはてなブックマークに追加




Genpatsu

(2012年10月15日発売、THE BIG ISSUE JAPAN 201号より)




自然エネルギーへ、未来のCO2削減策を



連続する猛暑日と記録的な残暑、そしていきなり仲秋がやってきた。天候の変化の激しさは地球があったまっている証拠だろう。地球温暖化は温室効果ガスの人為的な排出増が原因とする説が有力だ。人口が少ない大昔なら、新天地に大移動できたろうが、現在では不可能と言える。私たちにできることは排出量を減らすことくらいだ。

温室効果ガスの中で影響が大きいのは二酸化炭素(CO2)だ。中でも発電部門からの排出量が、大きな割合を占めている。電気事業連合会の発表によれば、電力10社の2011年度のCO2排出量は昨年度より29パーセントも増加した。その量は4億3900万トンで過去最高の排出量となった。公表されている日本全体のCO2排出量は10年度の値が最新で、およそ12億5800万トンとなっている。

大幅な増加の原因は福島原発事故だ。原発が順次止まっていき、その分火力発電所を使ってきたからだ。新しい原子力規制委員会が設置されて、福島原発事故を踏まえた新しい基準作りが始まろうとしている。これを踏まえた安全確認になお時間がかかり、全国の原発の停止状態がまだまだ続くことは確実だ。大飯原発2基が政治判断で運転されているが、新基準による検査が整わないうちに再び定期検査に入るかもしれない。

政府はこれまでCO2排出量を削減するために原発を活用する政策をとってきた。電力会社はもうかるので消費量を増やそうとする。増える電力消費に対応するために、さらに14基も原発を作ろうとしていた。この電力消費増を前提とする現実的とはいえない計画では、排出量は増えこそすれ、減らすことはできない。福島原発事故は原発によるCO2削減策の危険をいっそう明らかにした。

電力の消費を賢く減らして、自然エネルギーによる発電をいっそう増やしていくことで、本来の意味でのCO2削減が可能となる。温暖化問題に取り組む多くのNGOがこれまで繰り返し主張してきたことだ。しかし電力会社がことごとく反対してきたのだった。自然エネルギーが増えると原発が立ち行かなくなるという理由だ。

今ようやく、こうした歪んだ構造が改められようとしている。ここ数年は排出量が増えるかもしれないが、省エネと再エネを着実に増やしていけば、25パーセント削減という国際公約も可能となる。






伴 英幸(ばん・ひでゆき)

1951年、三重県生まれ。原子力資料情報室共同代表・事務局長。79年のスリーマイル島原発事故をきっかけとして、脱原発の市民運動などにかかわる。89年脱原発法制定運動の事務局を担当し、90年より原子力資料情報室のスタッフとなる。著書『原子力政策大綱批判』(七つ森書館、2006年)









    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ