またもや規制改革によって、漁業権を企業に開放しようとする動きが進んでいる。伊勢志摩の漁村で生まれ育った鈴木宣弘さん(東京大学教授)に、漁村の共同体の役割と漁業権開放の問題点などについて聞いた。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


夏の暑さは誰にとっても厳しいものだが、路上生活者にとっては特に「危険」でもある。
ショッピングモールや図書館など冷房が効いた場所や、食事やシャワーなど生きていく上で必須のものを提供してくれるサービスを利用できないと、なおさらだ。日本だけでなくヨーロッパ各地も猛暑に見舞われるなか、米ワシントンD.C.のストリート紙『Street Sense』では、ホームレスの人々がどう酷暑を乗り切っているかを調査した。続きを読む


日本で深刻に捉えている人はまだほんの一部だが、プラスチックごみが起こす海洋汚染、生態系への影響は国際的な課題になっている。さらに、その危機に対し、イノベーションの力で超巨大かつ持続可能な環境にやさしいビジネスが世界では生まれつつあるのをご存じだろうか。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2019年9月1日発売のビッグイシュー日本版366号の紹介です。
表紙・特集は「プラスチック革命」、リレーインタビューは道端アンジェリカさん、スペシャルインタビューは「クリスチャン・ベール」です。


366_01s


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


犯罪組織に一度入ってしまうと、 “早死に” か “刑務所行き” 以外に人生の選択肢などほとんどないと思われがちだ。 しかし世界を見渡してみても、こうした先入観が当てはまるのはごく一部に過ぎず、その世界から足を洗った後は社会の一員として過ごしているケースも多い*。私がニカラグアで実施した長期的リサーチからも、犯罪組織にいたときの経験を現業に活かしている者もいれば、それなりの暮らしをしている者もいた。続きを読む


2016年にリリースされるや、大きな社会現象を起こした「ポケモンGO」。当初の爆発的な利用はおさまったものの、今でもヘビーユーザーがしっかりと使い続けている*。さらに昨今では、社会的に孤立している人々を救う上でもこのゲームが一役買っているという。ロイヤルメルボルン工科大学教授のラリッサ・ヒョースとカタルーニャ公開大学教授ジョルディ・ピエラ・ジメネスが、学術研究ウェブメディア『The Conversation』に寄稿した記事を紹介する。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


少し前、「不登校YouTuber」について賛否両論が巻き起こっていた。「いまの社会、大学を出たところでまともな仕事につけるとも限らないから、それもよいのでは」という意見もある一方で「(社会で自分が査定・選択されることに備えて)基礎学力や人間関係を学ぶために学校には行くべきだ」という意見もあった。どちらの意見も、持続可能なかたちで “儲けられる” 仕事につくことを前提としている。

しかしだ。生活費は用意してあげると言われたらどうだろう? 働かずとも毎月の家賃・光熱費・食費は口座に振り込んでおくと言われたら? 「ベーシック・インカム」がもたらす未来とはまさにそういうことなのだ。オーストリア・ザルツブルグで発行されているストリートペーパー『Apropos』が取材した。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


どうすれば大人は、子どもや10代の若者たちが体験する苦しみを理解し、サポートできるのだろうか。オーストリア・ザルツブルクのストリート誌『Apropos』が、児童・思春期を専門とする精神科医であり子どもや10代の若者たちの悩みに精通しているレオンハルト・トゥーン=ホーエンシュタインに話を聞いた。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人には当たり前のように信頼されている「ハンコ」だが、ハンコが法的に意味を持つ国は稀であり、「象牙のハンコを使っている」などと言おうものなら、国際的には非難の対象になるということをご存じだろうか。象牙はワシントン条約で象牙の輸出入が禁止されているにもかかわらず、象牙目当ての密猟で、アフリカゾウが絶滅の恐れに瀕しているからだ。

それを止めようと滝田明日香さんと友人の山脇愛理さんは、2012年に任意団体「アフリカゾウの涙」を立ち上げ、現在認定NPO法人として活動を続けている。 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ