日本では「ホームレス中学生」だった芸人が有名だが、世界を見渡せば、ホームレス経験を経た後に偉業を成し遂げた著名人は決して少なくない。多くの人々から敬愛・賞賛され、世代を超えて“崇拝”されている人たちも、華やかな世界からかけ離れた路上生活やそれに近い状態を経験したことがある。その事実から言えることは、「ホームレス」という言葉はあくまで家がない「状態」を指すのであって、決してその「人」を表すことばではないということだ。
続きを読む


 AI(人工知能)を駆使した、時代の先を行くバーチャルアシスタントが、実はステレオタイプな性差別を露呈しているー 南アフリカの人間科学研究評議会の専門研究員レイチェル・アダムスが『The Conversation』に寄稿した記事を紹介する。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 2019年4月1日、『ビッグイシューUK』(英国版)が「ペイ・フォワード(Pay It Forward: 親切を次につなぐ、の意)」という新たな取り組みを導入すると発表した。急速な成長を見せているモバイルバンキングサービス「Monzo※」を利用し、販売者たちに新たな収入の流れを生み出す狙いだ。これにより、『ビッグイシューUK』は世界初の “転売可能”な雑誌となる。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 東京地裁(永渕健一裁判長)は9月19日、東京電力の旧経営陣3被告全員(※1)に対し、「無罪」を言い渡した。3被告は東京電力福島第一原発事故後、福島県大熊町の「双葉病院」から避難した患者44人を死亡させたなどの業務上過失致死傷の罪で強制起訴されていた。




続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 米国内で相次ぐ銃乱射事件に、今あらためて銃規制への関心が高まっている。しかし、最近の政治動向を見る限り、大した対策は期待できそうもない。
銃の販売を制限する「銃規制法」が導入される日も、いつかは来るかもしれない。だが国内にすでに数百万丁の銃が出回っている現状では、どれだけの効果をもたらせられるか疑問である。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2019年11月1日発売のビッグイシュー日本版370号の紹介です。
表紙は「ゴッホの見た世界」、特集は「高校生、“食”に挑戦する」です。

370_01s

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


学校教員の長時間労働を改善する流れとともに、見直しが求められている部活動。一部の自治体では、廃止や外部指導者の導入などが実施・検討されつつも、保護者や生徒、そして教員自身の要望などもあり、改革の方向性は定まっていません。

そんな日本とは異なり、オランダには学校の放課後の部活動が一切存在しません。ただし、部活動が存在しないからといって、スポーツの機会が限られているわけではなく、6歳〜17歳の70%が何らかのスポーツクラブに所属し、全国民の50%以上が週に1度は運動するという統計もあります。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


NPO法人パノラマは、週に1度、若者たちが高校で地域の大人たちと触れ合う「ぴっかりカフェ」を開催。地元企業での有給職業体験「バイターン」と組み合わせ、中退や進路未決定の予防支援に取り組んでいる。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 日本ではホームレスの人や、アルコールなどの依存症の人が「スポーツを楽しんでいる」というと、「そんな暇があるならさっさと働け」「その前に病気を治せ」などと言われがち。
しかし、社会的に排除されがちな人にこそ、スポーツは「社会のなかに居場所を見つける」ためにとても有効なのです。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ