日本では「クリーンなエネルギーで電力がまかなえたら理想だけど、無理でしょ?」とハナから諦めている人も多いが、チリは2014年にエネルギーアジェンダを定め、国を挙げて再生可能エネルギーを生み出しつつあり、四国電力などの日本企業も30年規模の事業として関わりを持っている。(参考

いまを遡ること3年前、2017年にチリで市民による太陽光発電所がどう始まったのかを振り返ることで、日本国内で太陽光発電普及に奮闘する人たちの励みになれば幸いだ。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 カナダの路上で暮らす若者ホームレスの多くは、ペットを飼うことで孤独と闘う。 彼らが頼れる数少ないサポートの一つとして、ボランティアの獣医師による無料診察日が設けられている。 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 教育の場で、疎外されるとはどういうことか。

 その実感がないまま教師になろうとする人も多い。ドイツで、障害のある講師が、教師向けのワークショップを行った。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 「多数の幸福のためには少数の犠牲は仕方がない」「そんなにここが気に入らないなら国から出ていけ」こういう思想を持つ人々はどの国にも一定数いるようだ。「この状況ならばしょうがない」という限定された条件下で生まれた極端な思考というのは、是正される機会がない限り、次第にエスカレートしていく。

人は限定された選択肢しかない状態におかれると、通常であれば選ばないような過激な思考と行動を取りがちだ。その行動が、犯罪、暴力、殺人にまで至ることだってある。
「自分で選んだ」と思い込んでいた考えが、実はコントロールされているものだと気づく機会は、教育過程においてはほとんどない。自分が過激な考えを持つこと、やすやすとコントロールされうることを実体験できるドイツ発のプログラム「エックス・ゲームズ」についてストリート誌『Trott-war』が調査した。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


フードロス問題から子どもの貧困問題の解決へと活動の幅を広げてきたフードバンク山梨(山梨県南アルプス市)。食料支援の利用者が置かれている現状や新型コロナウイルスの影響、全国のフードバンクをネットワークで結び、組織基盤強化のノウハウを共有する取り組みについて聞いた。 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2020年6月15日発売のビッグイシュー日本版385号の紹介です。
表紙は「アダム・ランバート」、スペシャルは「コロナ禍で、世界の路上は」。

385_H1_SNS_yokonaga





続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


犯罪者はどうしたって「厄介者」と思われがちだが、適切な機会さえあれば、人はまた社会でやり直していくことができる。「食」の世界でコツコツと更生への道を歩んだ男を紹介しよう。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 受刑者が釈放後にいかにして社会復帰するかー 再犯率の高さやホームレス化とも切り離せない問題でもある。イタリアでは、服役中の受刑者たちが「実社会」での仕事に従事*して技能を磨き、社会復帰の準備をすすめるプログラムが、特に「食」の分野で盛んだ。イタリアのストリートペーパー『スカルプ・デ・テニス』が取材した。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 ライターのマルコス・パウエルは、オクラホマのストリート誌『カーブサイド・クロニクル』の元販売者だ。住む所を見つけ仕事を得て『カーブサイド』を卒業した彼は今、空き時間に大好きな映画の論評を書いている。すべてのアフリカ系米国人にとって重要な意味をもつ「ブラックスプロイテーション映画(※)」の世界への案内が届いた。 

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ