SNS等での不適切な投稿で本人が意図しない「炎上」が起こり、厳重注意を受ける人や職を失う人はあとを絶たない。未成年はもちろんだが、まっとうな判断力を期待される職業や年齢の人もだ。
TwitterやFacebookが生まれてからまだ10年やそこらであることを考えると、未成年も、いい大人も、意識してそれらを利用しない限りは、似たようなリテラシーレベルといえるのかもしれない。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


5月15日発売のビッグイシュー日本版311号の紹介です。
表紙表紙は「ビートルズ」、特集は「ダークウェブ―あぶないネット社会」です。

unnamed

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


現在の日本の路上生活者は約6200人(2016年厚生労働省調べ)。それに対し、日本に空き家は何戸あるかご存知ですか?続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 スイスの首都ベルンには、ユネスコ世界遺産にも登録された中世の古い街並みが残る。中心部の国会議事堂に近いベーレンプラッツ(熊の広場の意)には、毎日青空市が立ち、市民の憩いの場となっている。そのベーレンプラッツのトラム(路面電車)の駅の近くで、『サプライズ』誌の販売をしているのがロジャー・メイヤーだ。

309kongetsunohito1
Photo: Ruben Hollinger

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


フィラデルフィアにあるNPO団体Hand2Pawは、ホームレスの若者と保護動物を双方に有益な方法でつなぐ活動をしている。若者に自らの価値を認め職業訓練技能を習得するチャンスを与えつつ、飼い主のいない動物たちには相応のケアが確実に受けられるようにしているのだ。「あの子たちが受けている試練と自分の身に起きていたことはとても似ていました」と語るジェロームは元ホームレスで、今はこのNPOとの関わりをきっかけにフルタイムの職に就いている。

kitten-held-hand
©Hand2Paw
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年4月26日(水)、ビッグイシュー初のバーイベントとして、ビッグイシュー誌309号の「ワンダフルライフ」に登場した、日替わり店長が活躍する店「週間マガリ」を間借りして「ビッグイシューファンの集い」を開催しました。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


アフリカゾウの密猟対策のために、NPO法人「アフリカゾウの涙」を立ち上げた滝田明日香さん。今回は、東アフリカを襲う干ばつ、災害を利用したケニアでの土地の収奪と部族間抗争について、滝田さんからレポートが届いた。

303takitasan-kao










続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 1990年のある日、「ラジオマン」は世界貿易センタービルの近くを足を引きずりながら歩いていた。すると向こうから、茶色の紙袋に入った酒瓶をらっぱ飲みしてるホームレス風の男が歩いてきた。「俺はそいつに近づいて行ったんだ。ラジオをガンガン鳴らしながらね。するとその男、『頼むから静かにしてくれないか、撮影中なんだ。』って言うんだよ。」なんと、そのホームレスらしき男はブルース・ウィリスだったのだ。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


生涯被曝、住民帰還区域で推計調査
飯舘村、今後70年で30~183ミリシーベルト

3月31日から4月1日にかけて、原発事故後に指定された「居住制限区域」「避難解除準備区域」が、浪江町、飯舘村、川俣町山木屋、富岡町で解除された。震災から6年間、避難先の仮設住宅や借り上げアパートなどで暮らしていた被災者の中には、この指定解除に伴って、再び本来の自宅に戻り、生活を始めた人がいる。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ