8月1日発売のビッグイシュー日本版340号の紹介です。
表紙は「サヘル・ローズ」、特集は「難民を知る」です。

340_01s続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ホームレスの人々に無料住宅を提供 - こうした対策に懐疑的な人たちがいる。税金がもったいない、家賃を稼ぐため一生懸命働いてる自分たちは何なのだ、という発想だ。しかし、路上生活者を放置しておくと結局はよりコストがかかり、その負担は社会全体で負わざるを得なくなると、カナダのストリートペーパー「Alberta Street News」が指摘している。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


路上生活者および路上生活経験者のメンバーで構成されたダンスグループ、「新人Hソケリッサ!」。
10周年企画 東京近郊路上ダンス 「日々荒野」ツアーが行われている。
14回目の会場、国立奥多摩美術館でのパフォーマンスをレポート。


**続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 ビッグイシューでは、ホームレス問題や活動の理解を深めるため、高校や大学などで講義をさせていただくことがあります。
今回は早稲田大学ボランティアセンター「ボランティア論2」の時間に、ビッグイシュー日本東京事務所長の長崎、そして販売者の上野さんがお邪魔しました。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 2018年5月22日、東京都港区で「孤立しがちな若者と支援者はどう繋がるか」を考えるイベントが開かれた。主催したNPO法人「OVA」など3団体は、マーケティングの手法を活用して、検索エンジンでの「死にたい」といったキーワードに対してウェブ広告を表示する試みや、LINEや通話アプリを使って妊娠相談を受ける試みなどを紹介した。得意分野の異なるNPO団体の連携は、多様な悩みを持つ当事者を見逃さない支援に繋がると期待される。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ビッグイシュー日本版 329号の『ビッグイシューアイ:目指すのは、優しくて柔軟性がある強い社会』に登場のARCHさんが「東京ストリートカウント」1000人がホームレス問題を考えるきっかけを作りたい!」のクラウドファンディングに挑戦中です。
東京にはどれだけの人がホームレス状態にあるのか?はじめて明らかにした取組みが「東京ストリートカウント」です。見えにくい問題だからこそ、皆で「見ようとすること」自体が解決への重要なアクションだと思います。深夜に自分の足で歩き、普段と違う街をみて、東京がどんな都市になればいいか、一緒に考えましょう。
このクラウドファンディングのリターン品として『ビッグイシュー日本版』329号をお届けすることになりました。 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


学習障害のある若者たちと、教えることが大好きなボランティア指導者がタッグを組むと、まさに生きる喜びを体感できる体験を生み出せるようだ。イタリアで発行されているストリートペーパー「Scarp de’ tenis」が、学習障害者向けに新体操教室を開催するミラノでの活動を取材した。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 豊かな森林資源を活用した取り組みで、環境モデル都市にも認定されている岡山県英田郡西粟倉村。1966年に建設されて47年間運転、間近に改修工事を控えた西粟倉村小水力発電所を訪ねた。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


絶滅が危惧されるニホンウナギ。「絶滅危惧種なのに“食べて応援!”なんて理解不能」という声もあるなか、人とうなぎの持続可能な関係構築にチャレンジしている人々がいる。
岡山県西粟倉村の森の中でうなぎを養殖する、エーゼロ株式会社だ。

海に面していない、森に囲まれた村で、なぜ、うなぎ?
ビッグイシュー・オンライン共同編集長でプロブロガーのイケダハヤトがエーゼロ株式会社を訪問、お話を伺った。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ