2018年11月1日発売のビッグイシュー日本版346号の紹介です。
表紙、特集は「食の原点2―歴史を変えた米や野菜たち」。

346_01s



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


アマチュアスポーツ界を中心に、パワハラや体罰などの問題が相次いでいる昨今。その多くが競争や勝ち負けを最優先される状況下の中で発生していますが、同時に不登校やホームレスの当事者など、スポーツとは無縁と思える人々にサッカーの場を開く取り組みが全国的に広がりつつあります。

2018年8月、ホームレスやひきこもりの経験者など多様な背景を持つ人が参加するフットサル大会「ダイバーシティカップ」を運営するビッグイシュー基金をはじめ、スポーツを通じた*社会包摂に取り組む3つの団体が集い、取り組みや活動ノウハウを広げるためのイベントが開かれました。その模様をレポートします。

*社会包摂とは、社会的マイノリティ(依存症や不登校、ひきこもり、ホームレス、精神障がい者、社会的に孤立しがちな女性)の人々をも含め市民ひとりひとりを孤独や孤立から救護し、社会の一員として支え合うこと。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


国連が発表した最近の報告によると、障害のある子どもは社会で最も疎外されているグループのひとつであり、そのなかでも差別を受ける可能性が高いのは女性や女児だという。障害のある子どもや女性が暮らす世界の現状について専門家に話を聞いた。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


カナダのモントリオールで発行されているストリート誌『リティネレール』では、2018年から「メンター制度」を導入している。メンター(指導者)として選ばれた販売者は、一般市民向けにスピーチも行う。これまでに話されたテーマは、再起する力、自尊心、ホームレス問題・メンタルヘルス・薬物依存などへの啓発。販売者の語りにさまざまな聴衆が耳を傾ける。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


千葉県の松戸駅前エリアで「MAD Cityプロジェクト」を進める寺井元一さん(株式会社まちづクリエイティブ代表)に、寺井さんがここでシェアを目指すまちづくりについて聞いた。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


自動車はその発明以来、私たちを大いに興奮させ、イマジネーションを掻き立ててきた。そして今、「自動運転車」が路上を埋め尽くす未来が現実になろうとしている。自動運転車が日常風景になるまでに解決しなければならない技術的、倫理的、社会的課題について考える。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


福島第一原発の事故処理で発生している汚染水の量はこれまでで約100万トンにおよぶ。経済産業省はこれを薄めて海へ流してしまう計画について、8月30日に福島県富岡町で、31日に同県郡山市と東京で公聴会を開催、応募に当選した漁業関係者や市民ら計44人が意見を述べた。うち42人が海洋放出に強く反対、多くは貯蔵の継続を訴えた。特に原子力市民委員会は10万トンクラスの大型タンクを建造して長期貯蔵が可能な具体案を提案。そもそも、海洋放出は海の環境汚染を招くことから放出するべきでない。




続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


カナダのホームレス問題対策向けの連邦予算は22億ドル(約1870億円)。

ジャスティン・トルドー首相は今後10年でホームレスを「半減」させたいとの意思を示している。
この度、カナダ・モントリオール(ケベック州)のストリート誌『リティニエール』の販売者らがジャスティン・トルドー首相にインタビューするというまたとない機会を得た。販売者らはしっかり質問を用意して臨んだため、対談は国内外のさまざまな問題に及ぶ深く掘り下げたものとなった。その多くは世界各地のストリート誌販売者、ホームレス経験者にも響くものだろう。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブエノスアイレスの「隠された街」に緑が芽吹き、ぐんぐんと成長している。 ビジャ・ルガーノ地区(*1)の住民たちが、廃墟となった病院の裏手に、有機野菜の菜園を立ち上げたのだ。 「菜園の運営」という持続可能な取り組みによって、コミュニティのつながりを深めることが狙いらしい。
 
*1 ビジャ・ルガーノ地区:アルゼンチンの首都ブエノスアイレス特別区の南部に位置し、大規模な公営住宅団地の存在で知られる。人口114,253人。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ