5月1日発売のビッグイシュー日本版334号の紹介です。
表紙・特集は「動く小屋」、スペシャル取材は「メイヴィス・ステイプルズ」です。

334_01s







続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


関東エリアでビッグイシューを購入いただいている方のなかには、「ビッグイシュートレイン」という活動をご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

「ビッグイシュートレイン」とは2010年に始まった有志の活動で、「偶数月の『ビッグイシュー日本版』の15日号が発売された次の日曜日に、ビッグイシューを持って山手線外回り・池袋発10:01の電車に乗る」というもの。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


「これまで自分を支えてくれた人、この場にいる皆さんに感謝しています」
 
1
(C)Natsuki YASUDA

この言葉はホームレスワールドカップの元日本代表選手の佐々木善勝さんがダイバーシティカップの閉会式で語った言葉です。佐々木さんは10年前にホームレス状態となり、雑誌『ビッグイシュー日本版※』の販売を始めるとともに、ホームレスサッカーチーム「野武士ジャパン」の活動に参加してきました。現在は堀江車輌電装株式会社(以下、堀江車輌)の清掃の仕事をしています。「皆さんに感謝しています」に込められた思いとは。 
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2018年1月某日、プロブロガーでビッグイシュー・オンライン共同編集長のイケダハヤトが来阪。ブロックチェーンという仕組みの基礎とその技術が社会に与えうるインパクトについて、ビッグイシュー日本代表の佐野章二・編集長の水越洋子をはじめとしたビッグイシュー関係者に講義しました。
 


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年は大規模な盗難事件などで報道が増えたこともあり、「仮想通貨」という言葉が以前より世間によく知られるようになりました。しかし仮想通貨はまだまだ投機的な側面で捉えられていることが多く、社会に与えるインパクトという側面で注目している人は少数派のようです。

2018年1月某日、プロブロガーでビッグイシュー・オンライン共同編集長のイケダハヤトが来阪。ブロックチェーンという仕組みの基礎とその技術が社会に与えうるインパクトについて、ビッグイシュー日本代表の佐野章二・編集長の水越洋子をはじめとしたビッグイシュー関係者に講義をしました。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ビッグイシューでは、ホームレス問題や、支援活動について知っていただくため、市民のみなさまを対象にさまざまな講義をしています。

3月30日には大阪市総合生涯学習センターにて「ビッグイシュートークイベント in  梅田」を開催。
 
この日登壇したのは有限会社ビッグイシュー日本・スタッフの吉田耕一と、阪急百貨店うめだ本店前でビッグイシューを販売する羽根(はね)さん。羽根さんはホームレス状態になってしまった経緯やその時の気持ち、これから目指す自立への思いを話しました。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


  「ビッグイシュー」と言えば路上に立つ販売者から購入するのが一般的ですが、販売者のいないエリアでは「定期購読制度」をご利用いただけるほか、委託販売でビッグイシューを販売してくださるショップやカフェで購入する方法もあります。

2017年に始まったこの制度を利用して、現在10以上のショップ等にビッグイシューを置いていただいています。これらのショップで果たしてビッグイシューは売れているのでしょうか?いくつかのショップにインタビューをしてみました。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

Genpatsu

国会の報告書のみ、地震の影響に言及
1号機の炉心溶融は揺れによる配管破断が原因!?

 事故から7年が経ったが、未解決の問題が多くある。その一つは事故の原因で、特に福島第一原発1号機の爆発原因だ。3月8日に衆議院議員会館で行われた集会「あれから7年、生活・健康・避難・技術から福島原発事故を再考する」で、科学ジャーナリストの田中三彦さんが未解決の諸問題について報告してくれた。この集いは新潟県が設置した福島原発事故の検証委員会の概要の報告会でもあり、田中さんは県の委員として技術的側面から事故原因の究明を進めている。




続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 「日々生きることに、目を向けざるえない身体」が踊りで表現するとき、何が生まれるのだろうか――そんな想いから、路上生活経験者によって結成されたダンスグループ「新人Hソケリッサ!」(以下、ソケリッサ)。
ビッグイシュー販売者も参加するソケリッサは、活動10周年を機に、東京近郊の公園、寺院、路上などでの「日々荒野」ツアーを続行中です(2018年9月まで)。ツアー#12となる公演は、南千住駅から歩いて十数分ほどの玉姫公園で行われました。そのときのレポートをお届けします。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ