「キャプテン・アメリカ」と聞いて、多くの人はどんな姿を思い浮かべるだろう? 原作コミックのファンなら、長身で屈強な体格、はっきりした顔立ちのスーパーヒーローのイメージが記憶に刻み込まれているだろう。映画版も人気なだけに、俳優クリス・エヴァンスを思い浮かべる人も少なくないかもしれない。

漫画家ヴィシャヴジット・シンが「キャプテン・アメリカ」のコスプレをするとき、その外見は独特だ。 痩せた体型にターバン、長い髭、メガネ、褐色の肌 ー 我々が見慣れたヒーロー像とはずいぶん違う。これに対する人々の反応はいろいろ。不快感を口にする者もいるが、大半の人は一緒に写真を撮ってほしいと気さくに話しかけてくる。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 14歳の子どもが「やりたいことがあるから学校をやめたい」と言ってきたら、とにかく反対する人が多いのではないだろうか? だが、その説得が本当に正しいかどうかは誰にも分らない。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 精神疾患のある人たちはただでさえ苦しい状況にあるのに、偏見や差別に遭うとその苦しみは何倍にも膨らんでしまう。しかし現実には、日常生活だけでなく医療の現場ですら偏見を持たれている実態がある。この問題解決に向け「デジタルツールの積極活用」を提案するウェスタン大学(カナダ)のジャビード・スクヘラ准教授の意見を紹介する。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 新型コロナウイルスの感染拡大が世界を脅かしている。英国のガイドラインには、しっかり手洗いしウイルス付着を防ぐこと、電話による医療相談サービス「NHS24」から勧告された場合は14日間の自主隔離をするようにとある。

「住まい」 がある人はこれでよいだろうが、路上生活者の場合はそう簡単にできることではない。特に冬場は厳しい寒さから逃れるため、路上生活者向けシェルター(緊急一時宿泊施設)に身を寄せる人が多い。狭い空間で多くの人と一緒に過ごすこととなるため、ウイルスの感染リスクは高まる。『ビッグイシューUK』(英国版)が、最前線でホームレス支援を行っている団体に対策状況を聞いた。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


広島高等裁判所は1月17日に四国電力・伊方原発3号機(愛媛県)の運転を差し止める仮処分を決定した。差し止めの理由は原子力規制委員会の審査で活断層問題と火山問題で審査されていない点がそれぞれにあり、四電もこれに対して納得できる説明ができなかったというものだ。活断層と火山、その二つの面で違法性を指摘したのは画期的だ。






続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 ヘイトをまき散らす人に正論で説得したところでうまく伝わるだろうか? ヘイトが社会問題であることをより多くの人に知ってもらうことはできるだろうか?
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 米国の食の専門テレビ局「フード・ネットワーク」などでは、制限時間内に限られた食材でシェフたちが料理の腕を競うガチンコ勝負の様子がひっきりなしに流れている。“テレビ受け”する設定だが、実のところ、路上生活者たちのシェルター(簡易宿泊所)で働く料理人たちは、毎日この手の難題にぶつかっている。寄付された乏しい食材のみを使って、食料不足に見舞われている人たちに料理する日々なのだから・・・。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 国連の報告書「世界社会情勢報告2020」(1月21日発表)によると、世界人口の7割以上の人々が「格差」が広がっている国々に暮らしており、今後はさらに社会の分断が進み、経済的・社会的発展が妨げられるおそれがあるとのこと。 特に「所得格差」はほとんどの先進国および一部の中所得国*1 で拡大しており、これには世界一の経済成長を見せてきた中国も含まれる。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 2019年に建て替えで移転を余儀なくされたビッグイシューの東京事務所ですが、幸運にも以前より少し広い物件と出会うことができ、ちょっとしたワークショップや勉強会の会場としても使えるスペースが登場しました。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ