【開催案内】
ホームレス状態となってしまう人を生まない社会。ホームレス状態に陥ったとしても再チャレンジできる社会。ホームレス状態にある人々の支援を通して、そうした社会に近づくことが、ホームレス問題を根本的に解決していくことに繋がっていくのかもしれません。しかし、そうしたインクルージブな社会は、NPOや行政だけでなく医療・福祉・企業・市民など、あらゆるセクターの理解と協働なしでは成し得ません。そして、それは多分野の人々がホームレス問題に関わりはじめることで生まれるはずです。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


「ひきこもり」の人は日本全国に何人くらいいるかご存じだろうか。

内閣府は昨年9月、15歳~39歳までの「ひきこもり」の人は54万人いると推計し、2010年時より10万人以上減少したと発表した。
しかしこの数には注意が必要である。40歳以上の人は含まれていないのだ。

愛媛県松山市の実態調査では、ひきこもりの人のうち40歳以上は65%以上、岩手県洋野町の調査でも40歳以上が64%以上占めるという結果が出ている。そのまま計算すると15歳~39歳までの「ひきこもり」の人が全国に54万人(35%)だとすると、40歳以上は100万人(65%)、計154万人いるという推計になる。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2月15日発売のビッグイシュー日本版305号の紹介です。
表紙は「エマ・ストーン」。特集は「出(しゅつ)ひきこもり―“対話”へ」です。

unnamed













続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


イギリスのドラッグ依存症のホームレス男性、ジェームス・ボーエンが書いた「A Street Cat Named Bob」という実話をもとにした小説を、ビッグイシュー・オンライン編集部が取り上げたのは2013年のこと。

その後映画化されたこの作品が、英国のNational film Awards2017の一般投票部門賞にノミネートされたというニュースが飛び込んできました!

IMG_2884

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

節分の恵方巻の大量廃棄問題がネット上で話題になりましたが、大量廃棄は恵方巻に限った話ではありません。世界中では、食料の3分の1、年間量にして約13億トンが捨てられています。(日本はその中でも「廃棄大国」。大量の食糧を廃棄している国です。)

  続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

ビッグイシューオンライン編集部より。1月15日発売の303号から、毎号各地のビッグイシュー・ストリートペーパーの販売者を紹介している「今月の人」を転載します。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


アフリカゾウの密猟対策のために、NPO法人「アフリカゾウの涙」を立ち上げた滝田明日香さん。滝田さんから、レオナルド・ディカプリオ制作の『THE IVORY GAME(アイボリー・ゲーム)』というドキュメンタリー映画、犬型ジステンパーウイルスの流行の兆しについてのレポートが届いた。

303takitasan-kao










続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

ひきこもりや長期の就労ブランクなど、さまざまな事情から働きづらさを抱える人の就労を支援してきたユニバーサル就労ネットワークちば。中間的就労の仕組みと、新設する「チャンス創造ファンド」について聞いた。

universalshurochiba_01
鈴木由美さん


*ビッグイシュー・オンライン編集部より:本誌連動企画として、「中央ろうきん若者応援ファンド」の特集記事をお届けします。

[この記事は「中央ろうきん若者応援ファンド」の提供でお送りしています]続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

ビッグイシューオンライン編集部より。1月15日発売の303号から、「被災地から」を転載します。

16年オープン「コミュタン福島」
市民による見学と勉強会

 今年3月を目途に、原発事故と避難者に対する政策や予算、支援事業が、大幅に打ち切られる。そんな中、福島第一原発事故の被害の記録や当事者の記憶を将来にどう残していくのかを考える市民勉強会が11月23日、「コミュタン福島」(福島県環境創造センター内/三春町)で開かれた。主催は市民グループ「フクシマ・アクション・プロジェクト」。県外からも多数の参加者が訪れた。講師は、後藤忍さん(福島大学大学院准教授)。 303hisaichikara1
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ