(THE BIG ISSUE JAPAN 第129号より)

129人生相談


どうしたら聞き上手になれますか?



私は結構自分から何でも話すタイプなんですが、人の話を聞くのがあまりうまくありません。
というのも、興味のあることにはどんどん入り込んでいくんですけど、興味のないことは無意識のうちに聞き流すところがあって、どうやらそれが相手にもバレてるみたいなんです。「話し上手よりも聞き上手になる方が難しい」とよく言いますが、どうしたらもう少し聞き上手になれますか?
(女性/30代前半/会社員)


私は以前に営業マンをやっていたんだけど、やっぱりあるのね、相手の話を聞いていてつらいという場面は。

たとえば取引先の社長に延々とゴルフの自慢話をされて嫌だなと思ったりとか。でもそこで聞き流さずに、つまんない話だなと思ったら、話題転換するという手を使う。

「ところで社長、他にご趣味ありましたよね。盆栽お好きでしたよね」「その時計いいですね、どこでお買いになりました?」。そこで世間話をしちゃって、相手をなごませて本題の商談にいくとうまくいくっていう、営業マンのテクニックがあるんよね。これは使えると思う。

きっと相談者さんは、自分のことを聞いてもらいたいタイプの人なんですよ。実は人の話を聞いていなくて、その間も次に自分が話したいことを差し込みたくてジリジリしているわけ。話すのが気持ちよくて好きなんじゃないかな。でも自分で自分の一方的な話ばっかりすると相手が白けちゃう。この場合まずは、無理に聞き上手になろうと聞き役に徹するんじゃなくて、話題を自分の興味のもてる方へもっていって一緒にしゃべるのがいいと思う。

たとえば友達と喫茶店にいる時にそこに絵がかかっていたとして、その絵の話をするのはだめだよ。だって友達に関係ないもん。何でもいいから友達に関連することで聞いてあげる。相手の中に、自分の興味のあることを見つける。絶対に何かあるって。そうすると話も広がるし、自然に聞き上手になってくる。

そんな相手への立て方ができるようになったら、話し上手・聞き上手どころか、ものすごく引っ張りだこになるよ。嫁さんに来てって言われるかも(笑)。うまくいけばこれは一生の財産になると思うな。

(大阪/Nさん)