ビッグイシュー・オンライン編集部より:のべ9万人を動員する「311東日本大震災 市民のつどい Peace On Earth」のイベントレポートが届きました。息長く継続する関東最大規模の「追悼と未来への場をつくる」音楽フェスの一幕をぜひ写真でお楽しみください。(提供:earth garden、一部編集して掲載)


s2000_DSC_5871

<311東日本大震災 市民のつどい Peace On Earth>、3/7〜8にかけて行われた、日比谷公園のステージが終了しました。お越しいただいた、たくさんの市民、出展(店)者、ステージに立っていただいたたくさんの出演者、ボランティアおよびスタッフ、本当にありがとうございました。

この場所に集まる意味

両日とも、天気はくもり空で、時々弱い雨が降るような状況でしたが、会場全体に「この場所に集まる意味」という確かな空気感がただよっていたように思えます。

二つのステージから発せられる強く、温かい音。美しさと優しさをまとった献花・追悼ドーム。想いをこめてつくられたグッズや食べもの。大震災を通じて今に伝えようとするさまざまな展示物。会場に来られたかたは、少なからずこの場の空気に触れ、4年経とうとする、311からの時間に想いをよせられたと思います。

s2000_DET_3918

s2000_DSC_4757

s2000_DET_5467

素晴らしいステージと黙祷の静かな時間

二日目のステージでは、市議でラッパーのDELI、アコースティックバンドOAU、加藤登紀子、NAMBA69、そして覆面バンドのエセタイマーズという、普通のフリーライブでは実現不可能なラインナップでした。噴水ステージも常に存在感のあるアーティストのかたがたによる、力強さと優しさのあるライブが続きました。

s2000_DET_4767

s2000_DET_5080

s2000_DSC_6160

日比谷公園でのステージに人の気が最も集中するお昼過ぎ、14時46分には、たくさんの出演者のかたがたとたくさんのお客さんと一緒に黙祷の時間を共有しました。

驚くことに、それまでずっと厚い雲に覆われていた空が、本当にその数分感だけ、雲がひらけ、日比谷公園に太陽の光に包まれたのです。祈りという目に見えない力がなにか大きなものと共鳴する、その不思議さを、忘れないように心にとどめておきたいと思う瞬間でもありました。

s2000_DSC_5467

最後のステージは、ズクナシによる熱い熱いライブ。灯されたキャンドルのなかで、パンチのあるリズムをきざみ、歌声を震わせ、みているものの心の奥の奥に熱いものを響かせる、その場がひとつの楽器になったような、素晴らしいライブでした。

s2000_DSC_6251

みなさまの更なるご協力を

4回目の開催となったピースオンアースという、311の追悼とその先の未来を描くためのつどいの場。今年は資金集めに苦労し、さまざまな工夫をして、開催にこぎつけましたが、いまだ資金が足りていません。

このつどいの場にご賛同いただけるかた、可能な範囲で結構ですので、なにとぞお力添えをいただけたらと更なるお願いをさせていただきます。

関東最大規模の”東日本大震災追悼音楽フェスイベント”を開催!
https://readyfor.jp/projects/peaceonearth2015

readyfor

toshilow4


合わせて読みたい

ピースオンアース1日目終了!寒いなか盛り上がりました!
http://www.earth-garden.jp/festival/41435/






ビッグイシューをいいね!で応援!



最新情報をお届けします

無料メルマガ登録で「ビッグイシュー日本版」創刊号PDFをプレゼント!






ビッグイシューについて

top_main

ビッグイシューは1991年ロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊したストリートペーパーです。

ビッグイシューはホームレスの人々の「救済」ではなく、「仕事」を提供し自立を応援するビジネスです。1冊350円の雑誌を売ると半分以上の180円が彼らの収入となります。