BIG ISSUE ONLINE

カテゴリ: INSPニュースサービス


(前編)」を読む

 -太平洋岸北西部では、極右勢力の台頭、ヘイトクライムの増加、ボツになったはずの化石燃料施設建設の動きが起こっています。気候変動と人種問題などそもそも分野が異なる問題を、批判も激化しているなかでどのように連携させていけばよいのでしょうか。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


カナダ人のジャーナリスト・作家のナオミ・クラインが、これまでの作品と違い、たった数ヶ月で書き上げた最新作を発表した。ドナルド・トランプが大統領選に勝利して以来、米国を苦しめている混沌を和らげる方法について明晰かつ深い洞察力で解き、アメリカが歴史上どんな転換点にあるかを解説する。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 統計によるとドイツの失業者数は250万人、過去26年間で最低の数字を記録した。しかし、この裏には、100万人近くが統計から漏れているという事実がある。政治家からの要請により、統計から除外されている人々がいるのだ。長期失業者のミリアム・Sとピーター・Kもそのうちの2人で、彼らはドイツ連邦議会選挙の投票をあえて棄権している。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2018年1月23日のアーシュラ・K・ル=グウィン死去のニュースを受け、『ビッグイシュー日本版』250号のスペシャル・インタビューより記事を転載します。

 米国の作家アーシュラ・K・ル=グウィン(以下、ル=グウィン)は、大人と子どもの両者に向けた数々のSF小説やファンタジー小説を発表してきた。そんな彼女に、米国オレゴンのストリートマガジン(Street Roots誌)記者、スー・ザロカーがインタビュー。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加



 2013年に財政破綻した自動車の街デトロイト。一人の大学生のアイディアから生まれた防寒コートが、女性たちに仕事の場を提供し、ホームレス状態から抜け出すチャンスを作っている。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


「ハームリダクション」って聞いたことありますか?

日本語に訳すのがとても難しいのですが、敢えて日本語に置き換えるなら、「実害軽減措置」でしょうか。薬物使用などの分野で生まれた考え方ではあるものの、すべての依存症、そして精神症状などの支援にも適用できる考え方です。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 水を守るべく、背景の異なる数百万もの人々が立ち上がる動きが広がっている。スローガンは「Water is Life(水は生命)」。「水に生かされ、関心が水を生む」を意味するスペイン語の標語が書かれたポスター、壁画、TシャツがSNSで拡散されている。自分たちの身を危険にさらしながら、大企業や政府に立ち向かう彼らの活動を追った。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 エリン・サックスは16歳のある日、急に席を立つと教室を出て、学校を抜け出し、自宅へと向かった。なぜそんな行動をとったのか自分でも分からなかった。近所まで来ると、家々が侮辱的な、敵意に満ちた言葉を浴びせてきて、頭の中でこだました。
これはサックスが初めて精神に変調をきたし、統合失調症患者としての人生が始まった時のことだ。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 2017年10月にノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ。
「ビッグイシュー日本版」では今をさかのぼること13年前、2004年11月1日発売のTHE BIG ISSUE JAPAN 16号(SOLD OUT)の国際記事にカズオ・イシグロのインタビューを掲載していました。
今回はその記事をビッグイシュー・オンラインに転載します。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ