BIG ISSUE ONLINE

カテゴリ: INSPニュースサービス


ザック・マクダーモットは、公選弁護人(*1)として働いていた26歳のある日、自宅のアパートを出ると、なぜかこの日はコメディ番組のパイロット版の撮影中なんだと思った。いかにもニューヨークっぽいシーンで、出会う人たちはみな俳優。アドリブ演技もできてしまう。服を脱ぎ捨てながら通りを走り抜ける。バスケットボールの試合に飛び込み、何本もシュートを決めた。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ゲームを止められない「ゲーム依存症(Gaming Disorder)」が世界保健機関(WHO)に疾病と認定された。これを受け、医療関係者はこの病気が他の精神疾患と異なり、どのような症状を示し、どのような治療法があるのか、そもそも単独の病気として存在するのかといったことを探ろうとしている。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


米テネシー州ナッシュビルには、毎週、ホームレスの人々向けに無料でヘアカットを提供している団体がある。彼らの活動について、ストリートペーパー『コントリビューター』誌が取材した。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


薬物依存症の人たちは救急外来や総合医による手術、つまり病院の常連である。

「にもかかわらず、彼らの体の健康についてはほとんど調査がなされていません」とノルウェー科学技術大学臨床医学博士のグレテ・フレムメンは言う。 彼女は薬物治療を始めた元依存症の人たちの健康状態と、エクササイズ実践による影響についてマッピングし、以下の結論を引き出した。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


九州と同じくらいの国土に約580万人が暮らす北欧デンマーク。高い税金と引き換えに社会福祉は充実、幸福度の高い国とされているが、通年では約13,000人がホームレス状態に陥っている(*)。デンマークのストリートペーパー『Hus Forbi』の販売者、通称「パイレーツ」もその一人だ。奇抜な見た目とは裏腹に、心根は優しい彼のクリスマスへの想いとは。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


今年もクリスマスの季節だ。しかし、オーストラリアにはまともな寝場所さえない若者ホームレスが何千人もいるのも現実だ。そんな若者たちの支援に奮闘している施設を訪ね、マネージャーのトリッシュ・バークレーらに話を聞いた。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


取材活動中に殺害されるジャーナリストの数はこの数年、減少傾向にある(*1)。しかし、「報道の自由」が世界的に脅威にさらされているのは相変わらずだ。イタリアのストリート誌『スカルプ・デ・テニス』が、「国境なき記者団(Reporters Without Borders)(*2)」発表の2017年度調査結果(*3)と、自らの任務遂行により命を落とした2人のジャーナリスト殺害事件を取り上げる。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


「路上で雑誌を売ってる暇があれば働けばいいのに」と言われることもあるビッグイシュー販売者。ホームレスの人々は、やる気の有無にかかわらず、住所がないゆえに仕事に就けないという事情はあまり知られていない。
そして、ホームレスの人でもできる仕事はビッグイシュー販売や空き缶収集などなど、非常に限られているのが現状だ。

しかし、その常識に風穴を開け、「その手があったか!」と思わせるプロジェクトが登場した。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


近年、経済学者らの関心が「社会的格差」に向いている。(*1) そこで、ロンドン大学で金融ジャーナリズムの教鞭をとるスティーブ・シフェレス教授を迎え、社会問題がもはや経済問題と見なされるようになっている現在の状況について語ってもらった。 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ