BIG ISSUE ONLINE

カテゴリ: INSPニュースサービス


ウェス・アンダーソン監督の最新作『犬ケ島』は大物スターが勢ぞろい、美的な魅力に溢れるだけでなく、大切なメッセージも込められた作品だ。ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、ブライアン・クランストンら主役スターが作品について語ってくれた。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


18世紀フランスの思想家ヴォルテールがこんな言葉を残している。
神は現世におけるさまざまな心配事の償いとして、われわれに希望と睡眠を与え給うた。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


今、「ひとり暮らし世帯」が世界レベルで増えている。まだ十分に注目されているとは言い難いこの事象の今と考慮すべき影響について、国連経済社会局人口部の元ディレクターで人口統計学者のジョゼフ・チャミーが解説する。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 「退屈」を感じると、すぐに気を紛らしてくれるものに頼ってしまいがちな今の世の中。
だが、退屈な時間を大切にすることが、興味を広げ、創造性を育み、息の長い幸福感を得る上でキーになるという。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年公開のチリ映画『ナチュラルウーマン』は、トランスジェンダーの女優が主演を務めた映画として初めてアカデミー賞外国語映画賞を受賞、映画史にその名を刻んだ。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ウガンダ出身のデザイナー、ジョシュア・ムグメ・ムプウガ(25)は初めてドイツを訪れた時、路上生活者がたくさんいることにとても驚いた。ウガンダのみならずドイツもがホームレス問題に直面していることを知った彼は、「希望」のメッセージを込めたイラスト作品を描いた。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 「高齢者」の研究者、パスクアリーナ・ペリグ・シエロアに話を聞いた。高齢化に対する私たちの考え方を改めるべきであること、女性がはるかに自由になったこと、世代間の結束の重要性などについて語ってくれた。(スイスのストリートペーパー、『サプライズ』より)続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 カナダのケベック州で提供されている里親プログラム「ユース・プロテクション・サービス(DPJ)」。このサービスを通じて里子になった経験を持つ4人が体験談を語った。

最初に紹介するのは、子ども時代に虐待とホームレス状態を経験、里親に引き取られたこともあるが、今はシングルファーザーで3人の実子と9人の里子の親になっているイブ・マンソー。彼の子ども時代とは、 親になって感じていることとは?

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ヨーロッパ各都市に難民が大量に押し寄せること数年、支援にあたる組織や慈善事業者らは難民が新たな環境に馴染めるよう、斬新な方法をひねり出す必要性に迫られている。「ガーデニング」や「園芸」を通じて社会の融合を目指すオーストリアの事例を取り上げる。 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ