BIG ISSUE ONLINE

カテゴリ: INSPニュースサービス


2015年6月5日、科学者として世界的に知られるアミーナ・グリブ・ファキムがモーリシャス共和国第6代大統領に就任した。世界でも数少ないイスラム系女性国家元首のひとりだ。

IPS_interview President Mauritius
モーリシャス共和国第6代大統領アミーナ・グリブ・ファキム
Credit: Nasseem Ackbarally/IPS
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 8月21日〜24日に、イギリス・マンチェスターで行われた国際ストリートペーパーネットワーク(INSP)主催の年次総会「グローバル・ストリートペーパー・サミット2017」。ビッグイシュー日本のスタッフも参加したこのINSPサミットの様子をレポートいたします。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 2017年8月21日〜24日に、イギリス・マンチェスターで行われた国際ストリートペーパーネットワーク(INSP)主催の年次総会「グローバル・ストリートペーパー・サミット2017」。ビッグイシュー日本のスタッフも参加したこのINSPサミットの様子をレポートいたします。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 ニカラグア先住民族の農家であるフランシスカ・ラミレス(40)は、自分の家を守るため、自国の大統領と長期に渡る戦いを続けている。彼女の家はニカラグア運河(*1)の建設予定エリア内にあり、地域全体が立ち退きを強いられているのだ。抗議運動についてラミレス本人に話を聞いた。

IPS_Farmer Who Stood Up to President of Nicaragua_1
農民運動のリーダー、フランシス・ラミレスさん。
ニカラグアで進められているカリブ海と太平洋をつなぐ運河建設への反対運動を率い、ダニエル・オルテガ政権からの嫌がらせを受けている。
Credit: Luis Martinez/IPS

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


マイクロファイナンスと言えば、ノーベル平和賞を受賞したグラミン銀行の創設者ムハマド・ユヌス氏が有名ですが、本日紹介する「オイコクレジット」は、何と1975年に設立されました。西側諸国で集めた出資金を発展途上国の貧困層を対象に融資する社会的投資の先駆けです。

一度貧困に陥ると社会的信用が失われ、生活を立て直したくても銀行からお金を借りることもできません。信用がないだけに何をするにも余計にお金がかかります。一度はまったらもう出られない底なし沼のよう。発展途上ではないはずの日本にいても痛感する毎日です。「オイコクレジット」は完全に二極化してしまった世界のありよう、お金の流れを変えることができるでしょうか?


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

8月21日〜24日に、イギリス・マンチェスターで行われた国際ストリートペーパーネットワーク(INSP)主催の年次総会「グローバル・ストリートペーパー・サミット2017」。ビッグイシュー日本のスタッフも参加したこのINSPサミットの様子をレポートいたします。

INSPサミット報告その2を読む


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 8月21日〜24日に、イギリス・マンチェスターで行われた国際ストリートペーパーネットワーク(INSP)主催の年次総会「グローバル・ストリートペーパー・サミット2017」。ビッグイシュー日本のスタッフも参加したこのINSPサミットの様子をレポートいたします。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


8月21日、ビッグイシュー日本も加盟する国際ストリートペーパーネットワーク(INSP)主催の年次総会「グローバル・ストリートペーパー・サミット2017」がマンチェスターで幕を開けた。今年は、マンチェスターを中心に、北イングランドで販売されているストリートペーパー、『ビッグイシュー・ノース』がホスト役を務める。

1Image1


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


インタビュー前編を読む

 2016年8月19日、「Make America Rage Again (アメリカに再び怒りを、の意)」をスローガンとしたプロフェッツ・オブ・レイジのツアーが初日を迎えた。ライブ開始前に、チャックD、トム・モレロ、DJロードにインタビューし、彼らがホームレス問題に取り組む理由を聞いた。聞き手は本誌販売員兼ライターのロナルド・ダドリー(ちなみに彼は「プーカヌー(Pookanu)」という名でラッパーとしても活動している)。

SSE_Prophets of Rage5
初ツアー開始前のプロフェッツ・オブ・レイジにインタビューをした、米国・ワシントンD.C.のストリートペーパー『ストリート・センス』の販売者でラッパーのロナルド・ダドレー (a.k.a. Pookanu) 。 Credit: Rodney Choice続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ