BIG ISSUE ONLINE

カテゴリ: 新型コロナウイルス感染症


世界全体に大きな衝撃を与え、私たちの生活を一変させた新型コロナウイルス感染症を、「地球の歴史」という壮大なスケールで見るとどう捉えられるだろうか。人間ドラマの数々も長期的な視点でみれば、未来に重要となるものが見えてくるかもしれない。 地質学研究者の考察を紹介しよう。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 新型コロナ感染症に効果があるとされる治療薬を確保しようと躍起になっている国々のありさまが、「ワクチン・ナショナリズム」と非難されている。その実態と道徳的に問題とされている点について、法律と世界の健康問題の専門家マーク・エクルストン=ターナーが解説する。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 新型コロナウイルスの感染者400万人超と世界最悪レベルの感染拡大が起きているブラジル*1。この背景には、パンデミックの危険性を軽視するボルソナーロ大統領の姿勢が大きく加担している。感染防止策を巡って、約1ヶ月の間に2度も保健相が代わるなど政治も混乱、事態は悪化の一途をたどっている*2。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2020年3月、新型コロナウイルスがニューヨーク市に急拡大。元から満員だったホームレスシェルターにさらに大勢の人々が詰めかけ、ソーシャルディスタンスなどままならない “危険な” 状態に。シェルター内ですし詰め状態で雑魚寝してる様子が報じられた(写真)。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 「人間の命」を中心に考えると、新型コロナウイルスの大流行をポジティブに捉えることなどできるはずもない。しかし多くの人たちが「ステイホーム」を強いられるなか、都会の真ん中で野生動物が目撃される事例が相次いだことから、コロナ禍は我々人間に、「生物多様性の保持・改善」および「環境を大切に守ること」の必要性をあらためて突きつけてくれたとも言えよう。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 2020年8月1日、アウトドアフットウェアブランド『KEEN』の「FEEL GOOD TV on KEENSTREAM」がKEEN公式YouTubeチャンネルで放送され、ビッグイシュー日本スタッフ・佐野未来とビッグイシュー基金スタッフ・川上翔がゲスト出演した。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


台風やハリケーンのシーズンが到来した。コロナ禍で手一杯なのに、この上大規模な自然災害が起こればどう対処すればよいのか、多くの自治体が頭を悩ませている。ある予報によると今年は名前のつく熱帯暴風雨が16個発生し、うち8つがハリケーンになり*、少なくとも1つは大型ハリケーンに発達して米国を直撃する可能性が高いとの予測も出ている。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 新型コロナウイルス対策が効果的だったとして世界から称賛されているのが台湾とアイスランドだ。両国とも、初期の段階で「協力的戦略(cooperative strategy)」を取り入れ、多数の組織を連携させることでウイルスの封じ込めに取り組んだという共通点がある。

この協力的戦略は、組織が他の組織の協力を得て目標達成を目指す場合に有効で、その意義は我々の最近の研究からも明らかである。政府と民間企業が協力し、互いに必要な資源や専門知識を補完し合う、そうすることで課題解決に要する時間を短縮することができるのだ。同じような戦略を取った国は他にもあるが(韓国やドイツなど)、台湾とアイスランドでは特にこれが重要な役割を果たした。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 8月12日は「世界ゾウの日」(2012年に制定)。けれど、昨年のゾウの日から、この1年でガラッと世の中が変わってしまった。この1年は特に、気候危機(温暖化)による影響が増え地球の悲鳴を強く感じられる年だったと思う。異常に暑かった北半球の夏、オーストラリアの大火事、雪不足の暖冬、異常な大雨や雹など、世界中でぐっと温暖化の影響が身近になったような気がする。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ