BIG ISSUE ONLINE

カテゴリ: イベントレポート


 18歳未満の子ども6人のうち1人が貧困状態に置かれ、先進国の中でも4番目の高さとなる日本(*1)。
貧困層の子どもは、自己肯定感を喪失しており、その44%は「夢がない」と回答する(*2)。
「どうせ叶わないから」とあきらめてしまうと、学業や仕事に対しても意欲を持てない。
不登校やニート、虐待やDVの件数も増え続け、今や3組に1組が離婚し、ひとり親家庭も増加。
このまま放置して状況は決してよくなることはない…といった、悲観的なニュースを頻繁に目にするが、それに対して出される解決策は部分的、限定的なものが多い。

そこで、関西を中心に子ども支援に関わってきた複数のNPOが集まり、一般社団法人Collective for Children(*3)を設立。
子どもの貧困に対してどうアプローチするのが効果的なのか、英国視察を実施した。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 2月25日・26日に大阪府豊中市で開催された、ひきこもりにかかわるイベント「若者当事者全国集会」のレポート(3/3)です。

 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2月25日・26日に大阪府豊中市で開催された、ひきこもりにかかわるイベント「若者当事者全国集会」のレポート(2/3)です。

第1部ーPart2
  • 「居場所は「場所」ではなく「人」」下田つきゆびさん:つきゆび倶楽部(高知)
  • 「『農』は『生きている、生きていける』という実感を持てる」児島一平さん:NPO法人みんなの未来かいたく団(大阪)
  • 「当事者が地域の中で果たしていく役割は、専門職と同じくらいの力を持っている」田中敦さん:NPO法人レター・ポスト・フレンド相談ネットワーク(北海道)
  • 「ひきこもりという負の経験の価値の転換をはかっていく」木村ナオヒロさん:ひきこもり新聞(東京)
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2月25日・26日に大阪府豊中市でひきこもりにかかわるイベント「若者当事者全国集会」が開催されました。

「ひきこもりの当事者を中心に、その家族・支援者・関心のある人が<全国から>集まる」という珍しい機会に、ビッグイシューオンライン編集部も参加させていただきました。

第1部のひきこもり当事者がかかわる各団体の発表から聞きどころのレポートと、団体の活動を紹介していきます。

ひきこもりに関する当事者や支援者には、これから参加する活動の参考になれば幸いです。
また、ひきこもり状態の人が周りにいないという人も、発表者や発表団体のその活動のバラエティの豊かさ・アプローチのユニークさは、自分の人生を豊かにするヒントになるかもしれません。

IMG_3062
(撮影:宮武 将大)


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ビッグイシューでは、ホームレス問題や活動の理解を深めるため、高校や大学などで講義をさせていただくことがあります。

今回は大阪市立大学杉本キャンパスにお伺いし、総合教育科目Bの「世界のマイノリティ」の授業にビッグイシュー日本・ビッグイシュー基金のスタッフ、そして販売者の吉富さんがお邪魔しました。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な社会的背景・困難を抱えた人たちを対象にしたフットサル大会「ダイバーシティカップ」の第二回報告書より抜粋をお届けします。(インデックスはこちら

左手に先天性の障害を持ち、アルコール依存や不安定な家庭環境が原因で一時はホームレス状態に陥った大江さん。現在は福祉制度等も利用して路上生活を脱し、パリでのホームレスW杯も経験した彼に、ダイバーシティカップの感想をお聞きしました。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な社会的背景・困難を抱えた人たちを対象にしたフットサル大会「ダイバーシティカップ」の第二回報告書より抜粋をお届けします。(インデックスはこちら

野武士ジャパンと愉快な仲間たちは、ビッグイシュー販売者、元路上生活者、ボランティアさんで月2回練習をしています。今回は、プレイヤーとして参加したビッグイシュー販売者の金塚さん、山下さん、岡本さん、そして現在ボランティアとして関わっているビッグイシュー卒業生の入沢さんに大会の感想をお聞きしました。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な社会的背景・困難を抱えた人たちを対象にしたフットサル大会「ダイバーシティカップ」の第二回報告書より抜粋をお届けします。(インデックスはこちら

文化学習蹴球団は、若者の学習支援や居場所づくり、就労支援を行うNPO法人文化学習協同ネットワークの交流スペース「Link(リンク)」に通っているメンバーで構成されたチームです。今回は、メンバーのハヤサキさん、ニイノさん、加藤さん、中村さんに大会の感想をお聞きしました。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な社会的背景・困難を抱えた人たちを対象にしたフットサル大会「ダイバーシティカップ」の第二回報告書より抜粋をお届けします。(インデックスはこちら

養護施設出身者の就労をサポートするフェアスタート。社会的養護を卒業した若者のみ100%で構成されたチームです。昨年のダイバーシティカップでは見事優勝を飾り、今回も優勝候補として大会に臨みました。昨年に引き続き参加してくれたリーダーの中島さんと、フェアスタート*代表の永岡さんに大会の感想をお聞きしました。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ