BIG ISSUE ONLINE

カテゴリ: イベントレポート


 ビッグイシューでは、ホームレス問題や活動の理解を深めるため、教育機関や各種団体などに出張して授業をさせていただくことがあります。今回訪れたのは、大阪商業大学堺高等学校。昨年度に引き続き、2回目です。
体育館を訪れると、3年生400人余が既にスタンバイ。早速、ビッグイシュー日本のスタッフ・吉田耕一の話が始まりました。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 2019年12月22日(日)、「ホームレスクリスマスパーティ」を開催しました。NPO法人ビッグイシュー基金が主催する、今年で11回目のイベントです。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


  2020年は、オリンピックイヤー。オリンピック開催国では、多くの人々の来訪に合わせ、再開発が進みます。そのため、家賃や宿泊費の高騰、老朽化した建物の取り壊しなどで退去を迫られる人の増加などが起こります。また、路上や公園も「美化」という名目のもとホームレス状態の人々が街から締め出される傾向にあります。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 ビッグイシューでは、ホームレス問題や活動の理解を深めるため、教育機関や各種団体などに出張して授業をさせていただくことがあります。今回訪れたのは、龍谷大学。社会学部の「社会企業論」の授業ということもあり、スタッフの吉田耕一の話に、皆さん熱心に聴き入ります。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


学校教員の長時間労働を改善する流れとともに、見直しが求められている部活動。一部の自治体では、廃止や外部指導者の導入などが実施・検討されつつも、保護者や生徒、そして教員自身の要望などもあり、改革の方向性は定まっていません。

そんな日本とは異なり、オランダには学校の放課後の部活動が一切存在しません。ただし、部活動が存在しないからといって、スポーツの機会が限られているわけではなく、6歳〜17歳の70%が何らかのスポーツクラブに所属し、全国民の50%以上が週に1度は運動するという統計もあります。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 日本ではホームレスの人や、アルコールなどの依存症の人が「スポーツを楽しんでいる」というと、「そんな暇があるならさっさと働け」「その前に病気を治せ」などと言われがち。
しかし、社会的に排除されがちな人にこそ、スポーツは「社会のなかに居場所を見つける」ためにとても有効なのです。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 ビッグイシューでは、ホームレス問題や活動の理解を深めるため、高校や大学などに出張して授業をさせていただくことがあります。

今回の訪問先は、大阪教育大学附属高等学校平野校舎。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ビッグイシューでは、ホームレス問題や活動の理解を深めるため、教育機関や団体などで出張講義をさせていただくことがあります。

今回、スタッフの吉田が向かったのは鳥取県米子市。県立米子ハローワークから職員向けの“人権研修”のご依頼をいただいたのです。
なぜ、ハローワークで人権研修を、そしてなぜ人権を学ぶのにビッグイシューを招こうと思われたのでしょうか。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 2019年8月。京都に、ソウル大学、台湾大学、京都大学の学生たちが集まり、「東アジアジュニアワークショップ」が開かれた。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ