BIG ISSUE ONLINE

カテゴリ: 若者・教育


かつては女性の役割とされてきた「ケアラー(介護者)」に男性や30~50代の独身者が増えているという。介護の問題に20年近く取り組んできた「NPO法人介護者サポートネットワークセンター・アラジン」代表の牧野史子さんにそんな事情を聞いた。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


「何をしている人だかわからない」「ホームレスの人に話しかけるのがためらわれる」と言われることの多いビッグイシューの販売者。
購入経験がない方の「未知のものへの恐れ」や「ホームレスの人は怖いという思いこみ」といった購買へのハードルは、創刊以来ずっと解決できていない問題です。

その問題を解決するべく、2017年4月より大阪大学経済学部の松村真宏教授とそのゼミ生とともに、「仕掛学」の研究としてビッグイシューが売れる仕掛けの考案と効果検証をしています。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ビッグイシューでは、ホームレス問題や活動の理解を深めるため、学校や団体などで講義をさせていただくことがあります。
今回の訪問先は「Kインターナショナルスクール」。ホームレスや貧困の問題について考える高校2年生の授業として、ビッグイシュー日本のスタッフ、そして販売者のニシさんがお邪魔しました。

cc55f2e264ac6ce6ba123e7c56c4907bdcd2dd93big

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


若者のおよそ10人に1人は少なくとも1回以上の自傷行為をしたことがある、という調査結果*がある。あなたの身の回りに「自傷」の経験者はいるだろうか。心当たりがない場合は「なぜ自分の体にわざわざ傷をつけるのか」が想像もつかないかもしれない。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 ひと昔と比べてLGBTへの理解も少しずつ浸透してきた昨今ですが、いざ我が子に、そして親しい友人や同僚にLGBTであることをカミングアウトされたらあなたはどういう反応を示しますか。

LGBTコンサルタントである増原裕子さんの講義のエッセンスの後編をレポートします。
前編はこちらから


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ひと昔と比べてLGBTへの理解も少しずつ浸透してきた昨今ですが、いざ我が子に、そして親しい友人や同僚にLGBTであることをカミングアウトされたらあなたはどういう反応を示しますか。

年LGBTコンサルタントである増原裕子さんの講義のエッセンスをレポートします。



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


5月15日発売のビッグイシュー日本版335号の紹介です。
表紙「ポール・マッカートニー」、特集は「樹木と対話」です!

335_01s



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ホームレス問題や活動の理解を深めるため、ビッグイシューでは学生や社会人向けに「道端留学」という研修プログラムを提供しています。
路上でビッグイシューを販売する体験と、ビッグイシューのスタッフと販売者による講義がセットになっています。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 「退屈」を感じると、すぐに気を紛らしてくれるものに頼ってしまいがちな今の世の中。
だが、退屈な時間を大切にすることが、興味を広げ、創造性を育み、息の長い幸福感を得る上でキーになるという。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ