BIG ISSUE ONLINE

カテゴリ: アート・文化


 米国の自転車事故による負傷者数は年間4万5千人から5万人、2016年は840名の死亡者を出した(*1)。そんな中、亡くなった現場に「ゴーストバイク」が設置されるムーブメントが広がっている。事故に遭った自転車を真っ白に塗り、道路の策や街灯に鎖でつなぎ、花を供えて、亡くなった人を追悼するのだ。

TCC_Ghost bikes_3*3
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 暑さ厳しい7月某日、写真家の岡原功祐さんが新宿南口のビッグイシュー販売者を撮影しました。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 あらゆる人が「自分らしく」生きることを応援している「ビッグイシュー日本版」。
この雑誌では「ワンダフルライフ」という「自分の興味・関心を極めて生きている人々」を紹介するコーナー(不定期掲載)がある。
読むたびに「…こんな人が世の中にいるのか…」と唸ってしまうようなラインナップだ。その一部をご紹介しよう。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


趣味や嗜好で繋がるSNSにどっぷり浸かっていると気づきづらいことだが、世の中には「文化コード」という概念がある。
同じ文化コードの中にいる間は摩擦が少ないが、違う文化コードに触れるときには他者は自分とは異なる文化コードがあると自覚することが大切だ。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ウェス・アンダーソン監督の最新作『犬ケ島』は大物スターが勢ぞろい、美的な魅力に溢れるだけでなく、大切なメッセージも込められた作品だ。ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、ブライアン・クランストンら主役スターが作品について語ってくれた。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ウガンダ出身のデザイナー、ジョシュア・ムグメ・ムプウガ(25)は初めてドイツを訪れた時、路上生活者がたくさんいることにとても驚いた。ウガンダのみならずドイツもがホームレス問題に直面していることを知った彼は、「希望」のメッセージを込めたイラスト作品を描いた。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 モノが溢れている日本において、「断捨離」や「ミニマリズム」を実践しているという人は多いだろう。これらは「本当に必要なもの」を自分に問いかけるきっかけにもなるため、ずいぶんと広まってきたように感じられる。
しかし “家の中のモノの所有を必要最低限にする”というだけでなく、家も小さくしてしまう「タイニーハウスムーブメント」を実践している人はあなたの身の回りにいるだろうか?

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 「日々生きることに、目を向けざるえない身体」が踊りで表現するとき、何が生まれるのだろうか――そんな想いから、路上生活経験者によって結成されたダンスグループ「新人Hソケリッサ!」(以下、ソケリッサ)。
ビッグイシュー販売者も参加するソケリッサは、活動10周年を機に、東京近郊の公園、寺院、路上などでの「日々荒野」ツアーを続行中です(2018年9月まで)。ツアー#12となる公演は、南千住駅から歩いて十数分ほどの玉姫公園で行われました。そのときのレポートをお届けします。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 THE BIG ISSUE UKは、ロンドンで『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を撮影中のマーク・ハミル(1977年公開のエピソード4からルーク・スカイウォーカー役)と懇意になった。弊誌ライター、アドリアン・ロブが「銀河系大スター」と過ごした7日間のサーガ(物語)をお送りしよう。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ