BIG ISSUE ONLINE

カテゴリ: アート・文化

2009年にミラノで開催されたホームレスワールドカップに日本代表選手として参加した佐々木さん。

現在は、様々な社会制度を活用して路上生活を脱し、仕事をつづけながらサッカーの練習に参加。 ダイバーシティカップに参加しての感想を聞きました。(聞き手:長谷川/写真:横関一浩)
 

5続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

7月4日(土)に東京・国立代々木フットサルコートで、様々な社会的不利・困難を抱える人々が、フットサルを通じて交流する「ダイバーシティカップ」を開催することができました。

今大会は、今までビッグイシュー基金が応援してきたホームレスサッカーチームに留まらず、不登校やひきこもりの経験者、福島県の若者やLGBTの当事者など、

多様な背景を持つ人たちが、それぞれでチームをつくり、総勢10チームが集まりました。


(写真提供:横関 一浩)
 

1続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


今回は「ダイバーシティ・フットサルカップ」を発案者である長谷川知広の想いについてお伝えしたいと思います。

Tumblr inline npnxd6up6P1tury1l 500
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームレスサッカーチーム「野武士ジャパン」のメンバーの古谷さん(59歳)。今は路上生活を脱し、派遣会社の紹介で建築現場で働きながら、月2回のサッカーの練習に足を運んでいます。

なぜ、サッカーを続けているのか、どんな想いをもってダイバーシティカップにのぞむのか意気込みを聞きました。

Tumblr inline npepdiza5l1tury1l 500

(写真提供:葛原信太郎)

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


作家の星野智幸さん。2010年からは、ホームレスサッカーの練習に参加し、ダイバーシティフットサルカップの実行委員にも参加。サッカーへの想いやダイバーシティ・フットサルカップの目指す先について語って頂きました。

(聞き手:ビッグイシュー基金 長谷川知広)


あるかのようにされている境界線を、楽々と越えられる体験

Tumblr inline npmnlnTODC1tury1l 500続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2009年にミラノで開催されたホームレスワールドカップに日本代表選手として参加した佐々木さん。現在は、様々な社会制度を活用して路上生活を脱し、ホームレスサッカーチーム「野武士ジャパン」にはボランティアとして練習に参加しています。

誰よりも勝負にこだわる熱血漢で、7年の歳月には様々なことがありましたが、それでもサッカーを続ける理由、そして7月のダイバーシティ・フットサルカップにかける思いを聞きました。(聞き手:長谷川知広)

Tumblr inline npeqs5ii5t1tury1l 500

ホームレスワールドカップミラノ大会:写真(安田菜津紀)


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

人類学の専門家によると、アートとは他者の美的鑑賞のために作品を生み出す、人間固有の行動であるという。とすると、小鳥の美しいさえずりや、求婚ダンスの複雑なステップは何だろうか。ニワシドリはメスにアピールするために木の枝で彫刻作品を創り出す。これらはダミアン・ハースト(英国を代表するコンテンポラリー・アーティスト)的アートではないのだろうか。英国サルフォード大学で野生動物を研究するロバート・ジョン・ヤング教授が検証する。


from "THE CONVERSATION", 30 March 2015

By Robert John Young, Professor of Wildlife Conservation at University of Salford

Courtesy of the INSP News Service www.street-papers.org / The Conversation theconversation.com

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ビッグイシュー・オンライン編集部より:ビッグイシュー基金が「ダイバーシティ・フットサルカップ」の実現に向けて、クラウドファンディングを実施しています。スポーツを切り口に「多様性(ダイバーシティ)」を社会に根付かせるプログラム、ビッグイシュー基金のメッセージをぜひチェックしてみてください。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ人写真家、セス・キャスティールの作品は、人間の最高の友の魅力的でユニークな姿を見せてくれる。キャスティールは、最新の写真集『Underwater Puppies(水中の子犬たち 未邦訳)』(ベストセラーになった『水中犬』の続編)を撮るために、1500匹以上の子犬たちに泳ぎを教え、犬たちが水面に飛び込む瞬間をとらえた。

from "THE BIG ISSUE SOUTH AFRICA"

Photos: Courtesy of Seth Casteel

Uwp cover highres
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ