BIG ISSUE ONLINE

カテゴリ: 特集


大阪北部地震、西日本豪雨、台風21号。さらに北海道胆振東部地震での大規模停電など、想像を超える災害が続いている。

停電が続き機能がストップする地域がある一方で、自家発電設備を持つ北海道のコンビニチェーン店の通常営業が多くの人々を支えたのは記憶に新しい。

“備え”を「自分ではない誰かがやってくれること」と切り分けてしまうのではなく「自分たちですること」と思っている市民・家庭が多いまちは、災害にも強い。
『ビッグイシュー日本版』では過去の特集で、有事の際の備えにもなる方法を何度かお伝えしてきた。今回はそのなかから長期停電などに備えて検討してもらいたいものをいくつかご紹介する。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


高齢化、過疎化など、さまざまな理由で増えつづける「買い物難民」。そこへ千点以上の品物とともに駆けつける「移動スーパー とくし丸」は、地域資本のスーパーと連携して仕入れを行うなど、スモール経済の活性化も目指す。買い物から生まれた、路上コミュニティの現場を取材。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 阪神・淡路大震災を風化させない「シンサイミライノハナ」プロジェクトを機に立ちあがったNPO「Co.to.hana(コトハナ)」。3・11以降の取り組みを代表の西川亮さんに聞いた。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


たとえ1つの農作物が病気や気候変動に襲われても、タネの多様性さえあれば、生きのびられる--。「タネの銀行」を世界中に広げてきた「シード・セイバーズ・ネットワーク」の思いとは?続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


銀座ミツバチプロジェクトの立ち上げをはじめ、全国各地で日本ミツバチの「伝道師」を務める藤原誠太さん。養蜂家の3代目として生まれたものの「ハチが大嫌い」、日本ミツバチは「将来性がない」と、紆余曲折を経てきたミツバチとの交流は、今アジアにも飛び立とうとしている。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

(2010年2月15日発売、ビッグイシュー日本版137号より転載)

20年の飼育歴があり、長崎県の離島で絶滅していた日本ミツバチを復活させた久志冨士男さん。日本ミツバチと話すことができるという稀代の専門家に、日本ミツバチの知られざる魅力とその可能性を聞いた。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


老舗や洗練された店舗が軒を並べる東京・銀座の真ん中で、ミツバチを飼っている人たちがいる。「おもしろそう」から始まったプロジェクトは、今や銀座という街の境界線を越えて、多くの人と人とを結びつけ始めている。田中淳夫さん(NPO法人 銀座ミツバチプロジェクト副理事長)に、お話を聞いた。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

(2009年12月15日発売、ビッグイシュー日本版133号より転載)

一年中で最も空が澄み渡るこの季節、夜空を見上げて冬の星座を探してみよう。ちょっとしたコツさえ知っていれば、都市部に住む人だって星空を満喫できるのだ。星空観望をする際のポイントと、プラネタリウムの活用方法などを嘉数次人さん(大阪市立科学館)に聞いた。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

(2010年1月1日発売、THE BIG ISSUE JAPAN 第134号より転載)

 

インタビュー前編はこちら

 

貧困に衝撃を受け
小学校付属果樹園のアイディア

砂漠の緑化、それはロマンとして語られてきた。高見さんも最初はそうだったという。でも、現場で苦闘するうちに、考えが変わってきた。「木を植えれば砂漠が砂漠でなくなるわけでも、砂漠化が止まるわけでもない」

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ