BIG ISSUE ONLINE

カテゴリ: 被災地から


 市民の手による地域発電所でエネルギーを生み出し、原発や化石燃料に依存しない安心で安全で持続可能な社会を実現しよう―。

 11月2日~4日、福島市で「市民・地域共同発電所全国フォーラム」が開かれ、多様でユニークな取り組みが報告された。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


今年3月31日、国、福島県、川俣町の協議を経て、居住制限区域と避難指示解除準備区域という二つの避難指示区域が同時に解除され、帰還が決まった福島県川俣町山木屋地区。約580世帯1260人の住民のうち、帰還したのは6分の1の約100世帯240人。震災前の地域社会が戻ってきたとはとても言えない。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


生命の尊厳とは何か。豊かさのかたちとは。幸せはどこにあるのか。 東日本大震災後、国が出した家畜の殺処分指示と、それに抗う農家たち、その農家を支援する人々の姿から、哲学的な問いが投げかけられる映画が完成した。ドキュメンタリー映画『被ばく牛と生きる』(松原保監督)だ。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


なぜ『夏の花』?平和を求めた詩人・原民喜を訪ねる

東日本大震災で原発事故に遭った福島県や周辺地域で、「放射能汚染の被害や復興の課題を自由に語れない」「私たち被災者は忘れ去られようとしているのではないか」という声が聞こえる。被災地で自由に自分の意見を表現し、語るのが難しいのはなぜなのか? 私はそれをずっと考え続けている。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


東京電力福島第一原発事故は予測され、防ぐことはできたのか? 被告の東電役員の責任は? 数えきれない人々を巻き込み、生活や人生を一変させた史上最悪の原発事故をめぐる世紀の裁判が始まった。

317hisaichikara2
初公判の開廷を前に行われた原発告訴団のアピール(6月30日、東京地裁前)

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


国策で原発を推し進めた国はあまりにも無責任すぎないだろうか。本誌295号(2016・9・15)でもレポートしたが、原発事故後の子どもの広域保養事業への国の無策の問題だ。事故から7年目の夏休みを前に、被災当事者や保養事業に取り組むグループなど、民間の全国108団体が公的支援を求め今回初めて、復興庁、文科省、環境省の3省庁と福島県に要望書を手渡した。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


被災者、避難者の命が、ギリギリのところにきている―。
震災からすでに7年目。国や行政は「復興事業」「復興五輪」と、当事者を復興へと駆り立てるが、実際には、仕事や家庭、生活環境の厳しい困難さに直面している。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


熱気、満員で立ち見も出る
大好評だった東京公演


「2つのウラン」をめぐり、時代を超えて若者たちは何を見、何を感じたのか。安全神話はどのように作られていったのか―。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


生涯被曝、住民帰還区域で推計調査
飯舘村、今後70年で30~183ミリシーベルト

3月31日から4月1日にかけて、原発事故後に指定された「居住制限区域」「避難解除準備区域」が、浪江町、飯舘村、川俣町山木屋、富岡町で解除された。震災から6年間、避難先の仮設住宅や借り上げアパートなどで暮らしていた被災者の中には、この指定解除に伴って、再び本来の自宅に戻り、生活を始めた人がいる。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ