8月15日発売のビッグイシュー日本版317号の紹介です。
表紙・特集は「いま遊べ!―子育ての未来」です。

317_01s









スペシャルインタビュー:アダム・ドライバー

『スター・ウォーズ』の新たな悪役、カイロ・レンとして一躍有名になったアダム・ドライバー。映画『パターソン』公開を前に、憧れの存在だというジム・ジャームッシュ監督との初仕事について語ります。

<映画・パターソン 予告編>


関連記事


特集:いま遊べ!―子育ての未来

“子どもの仕事は遊ぶこと”それを体現する保育園があります。
「うらら保育園」(東京)は、下町の暮らしを大切にしています。クラスを保育者の名前で「○○家」と呼び、ちゃぶ台を囲んでおひつご飯のお昼。家同士が入り乱れて遊びますが、もちろん一人になれる路地のような場所もあります。
「川和保育園」(横浜)は“自分で考え、自分で遊べ”がモットー。3歳以上の子どもたちは森のような園庭で90%の時間をすごします。砂山、ツリーハウス、じゃぶじゃぶ池などで遊ぶうちに「自分の身は自分で守る」感覚が身につきます。
一方で、少子化が進む中にあって、保育園に入園する子どもの数は2005年に199万人だったものが、16年には245万人となり、10年で45万人増えました。「保育は社会全体の問題」と言う、ジャーナリストの猪熊弘子さんに「日本の保育の今と未来」について聞きました。


滝田明日香のケニア便り:一頭のキリンの「死」が何百もの動物の「生」を支える

アフリカゾウの密猟対策のために、NPO法人「アフリカゾウの涙」を立ち上げた滝田明日香さん。そんな滝田さんが、18年間のアフリカ生活で初めて経験した、野生キリンとの信じがたい交流について語ります。今回は前編(316号)に続く後編です。

コラム:池内了の市民科学メガネ

コンビニの主力商品であり、熱中症予防のためにも欠かせない存在と思われている清涼飲料水ですが、遺伝子組み換え食品と意外なつながりがありました。


ビッグイシュー・アイ:「主権なき“無法”平和国家」日本―伊勢崎賢治さん

日本ではなかなか議論にならない日米地位協定の改正。しかし、その実情は同盟関係なら当たり前の“互恵性”すらない極めて不平等なものです。一方で、日本は相手国の主権を侵害する地位協定をジブチ共和国と結んでいます。伊勢崎賢治さん(東京外国語大学教授)に話を聞きました。

ワンダフルライフ:少女まんが館―大井夏代さん&中野純さん

東京・あきる野市、秋川渓谷の近くに佇む水色の館。大井夏代さんと中野純さん夫妻は、「少女まんが館」の館長として、全国から届いた6万冊の寄贈本を、その思い出とともに大切に守っています。

本誌の感想を送ってオンラインの「読みどころピックアップ」と
本誌「マイオピニオン」をみんなで作ろう!

ビッグイシューオンラインで、本誌の読者アンケートの受付中!

・ビッグイシューオンラインの「読みどころピックアップ」に掲載

いただいた感想は、ビッグイシューオンラインの「読みどころピックアップ」で紹介させていただくことがあります。よろしければ記事に関連したオススメ書籍やイベント、動画もご紹介ください。

・本誌の「マイオピニオン」に掲載の場合は特典も

本誌の「マイオピニオン」に掲載された場合は、図書カード500円分と掲載誌をプレゼントします。

たくさんのご意見・ご感想をお寄せください。
読者アンケートはこちらから



最新号は、ぜひお近くの販売者からお求めください。 販売場所検索はこちらです。

販売者不在地域限定の定期購読もご利用ください。 
http://www.bigissue.jp/subscription/subscription.html







過去記事を検索して読む


ビッグイシューについて

top_main

ビッグイシューは1991年ロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊したストリートペーパーです。

ビッグイシューはホームレスの人々の「救済」ではなく、「仕事」を提供し自立を応援するビジネスです。1冊350円の雑誌を売ると半分以上の180円が彼らの収入となります。