BIG ISSUE ONLINE

タグ:脱原発




Genpatsu

(2011年11月15日発売、THE BIG ISSUE JAPAN 第179号より)




原発いらない福島の女たち」が呼びかけた「100人の座り込み」が、10月27日から3日間、経済産業省の前で行われた。初日には、福島から駆けつけた女たちに首都圏の女たちが呼応して700人を超える座り込みとなった。

思い思いのプラカードや幕がにぎやかに経産省を取り囲んでいた。引き続き30日から全国の女たちが1週間座った。同時に広島、大阪、京都、和歌山、富山、北海道など各地でも連動した行動が取り組まれた。

27日、福島の女たちは、野田佳彦内閣総理大臣、枝野幸男経済産業大臣など5人へ要請を行った。その内容は、原発を廃炉にしてほしい、定期検査に入った原発を再稼働しないでほしい、子どもたちの避難・疎開をすすめ、これを補償してほしい、原発交付金制度を廃止してほしい、の4点。11月23日にキックオッフ集会を予定している「脱原発をめざす女たちの会」には、女優の吉永小百合さんや竹下景子さんらも賛同している。広い支持が得られている。

前日には「福島原発震災情報連絡センター」の設立総会が衆議院議員会館で行われた。全国の自治体議員の有志らでつくる連絡センターだ。事故で被曝した子どもたちに汚染されていない食品を届けることや、避難・疎開・保養などの支援などを中心に、復興に向けた活動を進める。また「福島原発被曝者援護法」の制定もめざす。

こうした市民の取り組みに対して、エネルギー政策を議論する政府の委員の中には、まるで事故などなかったかのような意見が飛び交う。原発の輸出で企業の存続と外貨獲得を進めるべき、原発が止まり続けると電気代が上がり企業が海外へ流出する、などなど。さらに、原発のコストが他電源と比較して安いことをどうしても示したいようだ。経産省前で座り込む女たちの願いが彼らに伝わるまで、あきらめるわけにはいかない。

少し明るいニュースもある。政府は食品の放射能汚染(放射性セシウム)の暫定基準値を引き下げて、食べ続けても年間1ミリシーベルトに収まるように厳しくすることを基本に検討すると発表した。待たれていた対応だ。






伴 英幸(ばん・ひでゆき)

1951年、三重県生まれ。原子力資料情報室共同代表・事務局長。79年のスリーマイル島原発事故をきっかけとして、脱原発の市民運動などにかかわる。89年脱原発法制定運動の事務局を担当し、90年より原子力資料情報室のスタッフとなる。著書『原子力政策大綱批判』(七つ森書館、2006年)






    このエントリーをはてなブックマークに追加

Genpatsu

(2011年10月15日発売、THE BIG ISSUE JAPAN 第177号より)




9月19日の明治公園(東京)は老若男女で埋め尽くされた。鎌田慧さん、大江健三郎さん、内橋克人さん、澤地久枝さん、落合恵子さんらが呼びかけた「さようなら原発5万人集会」が行われたのだ。この日、全国各地から6万人が明治公園に詰めかけた。警察発表は2万7000人というが、これは手続きした貸出スペースにいる人だけの数だろう。

福島からのバスが何台も続いた。最寄りの千駄ヶ谷駅は人であふれ、改札を出るのに30分もかかり、駅から会場までは人の列が続いていた。わざわざ隣の駅まで乗り直してやってきた人も多かった。公園のみならず付近一帯が原発からの撤退を求める人、人、人、声、声、声であふれかえっていた。

パレードは午後2時前から始まったが、最後の人が公園を出発できたのは5時を過ぎていたと聞く。出発点から解散地点まで人の流れがつながったのだ。

この日のパレードは明治公園だけではなかった。代々木公園でも行われた。また、札幌、名古屋、長崎でも。そして、全国130を超える各地で、この日へ向けて1週間前からさまざまな催しが繰り広げられてきた。こうした集まりに参加したみんなが、お互いに勇気づけられ「原発は止められる」と確信したにちがいない。

いつもは中野駅(東京)前に立ってビッグイシューを売っている佐藤寿雅さんは、原発特集号を中心にそろえ、19日朝から明治公園に出かけたという。どんどん人が増えていき、あまりの多さに圧倒されたそうだ。「出る杭は打たれるというが、打たれてもまた少し出たい、そんな思いで雑誌を売り、この思いを集会に重ねた」と、哲学的な話をしてくれた。

さようなら原発1000万人アクション--脱原発・持続可能で平和な社会をめざして」はこの日の集会の他に、「脱原発を実現し、自然エネルギー中心の社会を求める全国署名」を呼びかけている。目標は1000万人の署名だ。当原子力資料情報室も呼びかけに加わっている。

集会の挨拶で鎌田慧さんは、この署名を実現させ、来年3月にも再び大きく集まろうと結んだ。脱原発の実現にはまだまだ曲折があるだろうが、打たれてもまた前に出る、そんな思いで広めていきたい。







伴 英幸(ばん・ひでゆき)

1951年、三重県生まれ。原子力資料情報室共同代表・事務局長。79年のスリーマイル島原発事故をきっかけとして、脱原発の市民運動などにかかわる。89年脱原発法制定運動の事務局を担当し、90年より原子力資料情報室のスタッフとなる。著書『原子力政策大綱批判』(七つ森書館、2006年)












ビッグイシューをいいね!で応援!

https://www.facebook.com/bigissue.jp" data-hide-cover="false" data-show-facepile="true" data-show-posts="false">


最新情報をお届けします

無料メルマガ登録で「ビッグイシュー日本版」創刊号PDFをプレゼント!



過去記事を検索して読む


ビッグイシューについて

top_main

ビッグイシューは1991年ロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊したストリートペーパーです。

ビッグイシューはホームレスの人々の「救済」ではなく、「仕事」を提供し自立を応援するビジネスです。1冊350円の雑誌を売ると半分以上の180円が彼らの収入となります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ