Genpatsu

(2011年11月15日発売、THE BIG ISSUE JAPAN 第179号より)




原発いらない福島の女たち」が呼びかけた「100人の座り込み」が、10月27日から3日間、経済産業省の前で行われた。初日には、福島から駆けつけた女たちに首都圏の女たちが呼応して700人を超える座り込みとなった。

思い思いのプラカードや幕がにぎやかに経産省を取り囲んでいた。引き続き30日から全国の女たちが1週間座った。同時に広島、大阪、京都、和歌山、富山、北海道など各地でも連動した行動が取り組まれた。

27日、福島の女たちは、野田佳彦内閣総理大臣、枝野幸男経済産業大臣など5人へ要請を行った。その内容は、原発を廃炉にしてほしい、定期検査に入った原発を再稼働しないでほしい、子どもたちの避難・疎開をすすめ、これを補償してほしい、原発交付金制度を廃止してほしい、の4点。11月23日にキックオッフ集会を予定している「脱原発をめざす女たちの会」には、女優の吉永小百合さんや竹下景子さんらも賛同している。広い支持が得られている。

前日には「福島原発震災情報連絡センター」の設立総会が衆議院議員会館で行われた。全国の自治体議員の有志らでつくる連絡センターだ。事故で被曝した子どもたちに汚染されていない食品を届けることや、避難・疎開・保養などの支援などを中心に、復興に向けた活動を進める。また「福島原発被曝者援護法」の制定もめざす。

こうした市民の取り組みに対して、エネルギー政策を議論する政府の委員の中には、まるで事故などなかったかのような意見が飛び交う。原発の輸出で企業の存続と外貨獲得を進めるべき、原発が止まり続けると電気代が上がり企業が海外へ流出する、などなど。さらに、原発のコストが他電源と比較して安いことをどうしても示したいようだ。経産省前で座り込む女たちの願いが彼らに伝わるまで、あきらめるわけにはいかない。

少し明るいニュースもある。政府は食品の放射能汚染(放射性セシウム)の暫定基準値を引き下げて、食べ続けても年間1ミリシーベルトに収まるように厳しくすることを基本に検討すると発表した。待たれていた対応だ。






伴 英幸(ばん・ひでゆき)

1951年、三重県生まれ。原子力資料情報室共同代表・事務局長。79年のスリーマイル島原発事故をきっかけとして、脱原発の市民運動などにかかわる。89年脱原発法制定運動の事務局を担当し、90年より原子力資料情報室のスタッフとなる。著書『原子力政策大綱批判』(七つ森書館、2006年)






    このエントリーをはてなブックマークに追加

P16 台所

加害男性たちの脱暴力化を追う



加害男性たちは、なぜ一番大事なはずの妻や彼女を殴り続けたのか?
そして、自らの暴力を乗り越えることはできるのか?
過去のあやまちを償いながら、暴力をふるった自分を見つめ直す「男たちの脱暴力化」を追った。



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

60 23




部屋を片付けられなくて悩んでいます



Q:一人暮らしをしてみて気づいたのですが、部屋をかたづけられなくて悩んでいます。家に帰ってごみが散乱している部屋を見ても、全然片づける気になれないんです。家にいるときは母親が知らない間に片づけていてくれたので気になりませんでした。いるものもいらないものもたまっていく一方で、これでは友達も呼べません。
(25歳女性)

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加




Genpatsu

(2011年11月1日発売、THE BIG ISSUE JAPAN 第178号より)




「気候変動とエネルギーの選択肢」に招かれ参加してきた。このフォーラムはクアラルンプールにあるマレーシア大学で開催された。主催者はマレーシアと日本の「地球の友」やペナン消費者協会など4団体。日本の他、韓国、オーストラリア、タイからも招かれた。2013〜15年に100万キロワットの原発2基をマレーシアに建設する計画に対抗した会合だった。

導入のための手続きや建設期間を考えると、すでに相当に計画が進んでいるとも考えられる。オーストラリアの参加者に、ウラン購入契約は済んでいるのかといった質問が飛んでいた。マレーシアは国民への情報公開に乏しく、透明性の確保が、NGOにとっての大きな課題となっていた。日本では原発建設前に公聴会が開かれるが聞きっぱなしの形式的なものだと説明したら、「やっぱり」という感じでみな一様にうなずいていた。どこの国も似たようなものだ。

もう一つ警戒していたことは、土地の強制収用が容易なことだった。公共事業を理由に政府が強制収用し、原子力発電を導入するために新たに設立した会社へ転売することが可能という。

石油も天然ガスも産出しエネルギーを自給できているマレーシアだが、急成長を続けているため10年後の電力不足に対応し、二酸化炭素削減のために必要というのが政府の考えだ。一方、NGO側は電力の無駄が多く省エネ機器の導入を進めること、小水力発電や、ヤシ油やこの搾りかすを使ったバイオマス発電などの再生可能エネルギーの導入を増やす政策で対応できるとの考えだ。実際に小水力の実験的導入を進めているNGOからの報告もあった。この点でも、どの国のNGOも主張は同じだと感じた。

日本からは福島原発事故の概要を筆者が、「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」の取り組みを代表の中手聖一さんが、原発輸出への日本の姿勢などを「地球の友日本」の渡辺瑛莉さんが報告した。参加者はNGO、学生、大学教授や政府関係者など政策決定に関心の高い人たちで、事故の影響のみならず、日本の法的な仕組みなど、活発な意見交換が行われた。原発導入がいかにリスクの大きいものかわかってもらえたのではないか。日本の原発事故の影響が確かにアジアへ広がっていることを実感した。







伴 英幸(ばん・ひでゆき)

1951年、三重県生まれ。原子力資料情報室共同代表・事務局長。79年のスリーマイル島原発事故をきっかけとして、脱原発の市民運動などにかかわる。89年脱原発法制定運動の事務局を担当し、90年より原子力資料情報室のスタッフとなる。著書『原子力政策大綱批判』(七つ森書館、2006年)






    このエントリーをはてなブックマークに追加

(2006年8月15日発売 THE BIG ISSUE JAPAN 第55号 特集「愛と暴力の狭間で—D.V.(ドメスティック・バイオレンス)からの出口はある」より)

DVか?愛か?映画の中で探してもらいたい



モンスターに出会ってしまった不幸な女の話にだけはしたくなかった。
男女の恋愛、性愛を撮り続けてきた中原俊監督は語る。
男女両方の視点から描かれた映画『DV ドメスティック・バイオレンス』。


P1415 p1
(中原俊監督)
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加



人間の暴力性と可能性 ドメスティック・バイオレンスを描く映画



相手を思っての「愛」と勘違い、コンプレックスと背中合わせの歪んだ暴力、煩悩とともに生き右往左往する人間。人間の暴力性と可能性を問い直す映画たちのご紹介。



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

P22 02


 

4年もつき合って結婚もない今、このまま関係を続けるか、一人暮らしに戻るか迷っています。


 
Q:18歳から3年間一人暮らしをしていました。まわりの友だちが結婚したり実家へ帰ったりして、寂しく感じた頃、マンションの更新時期も重なり、同棲を始めました。今年で交際4年、同棲して2年目。そろそろまたマンションの更新時期です。4年もつき合って結婚もない今、このまま関係を続けるか、一人暮らしに戻るか迷っています。寂しいから一緒にいるのって、本当の愛じゃないかもしれない。
一人で生きていくのって寂しくないですか? 本当の愛って何ですか?(23歳/女性)

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

Genpatsu

(2011年10月15日発売、THE BIG ISSUE JAPAN 第177号より)




9月19日の明治公園(東京)は老若男女で埋め尽くされた。鎌田慧さん、大江健三郎さん、内橋克人さん、澤地久枝さん、落合恵子さんらが呼びかけた「さようなら原発5万人集会」が行われたのだ。この日、全国各地から6万人が明治公園に詰めかけた。警察発表は2万7000人というが、これは手続きした貸出スペースにいる人だけの数だろう。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 

(2006年8月15日発売 THE BIG ISSUE JAPAN 第55号 特集「愛と暴力の狭間で—D.V.(ドメスティック・バイオレンス)からの出口はある」より)

暴力=愛情という理屈がデートDVを生む


DVというと夫婦だけの問題と考えられがちだが、結婚していない若いカップルの間でも「デートDV」と呼ばれる暴力行為が行われている。2002年に「アウェア」(aware)を設立し、加害者の男性が自分のDV行動に気づき、暴力を克服する再教育プログラムを実施している山口のり子さんに話を聞いた。

 
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ