健康維持を兼ねてサッカーをプレイする人は多いが、精神的な問題を抱えている人たちが定期的にサッカーをすると健康状態はどうなるのだろうかーー。英国では、心を病む人が急増し、公衆衛生上の大きな懸念事項となっている。実に成人の4人に1人が何かしらメンタルの問題を抱えているとの数字もあり*1、34歳未満の男性の主な死因の一つは自殺である*2。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 国際オリンピック委員会(IOC)は政治的に中立であろうと努めてきてはいるが、オリンピックを含むスポーツには常にさまざまな問題がつきまとうものだ。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


「ホームレスの人たちがサッカーをする」と言うと、「ホームレスのくせにスポーツなんて」「そんな暇があれば働けばいいのに」という反応が返ってくることがある。しかしホームレスになる人たちは、路上に至るまでに著しく自己肯定感をそがれ、他人とかかわることを極度に恐れ、いきなりの就労は考えにくい人も少なくない。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


前回(390号)では福島県飯舘村で進行中のバイオマス発電を報告したが、今回は同村の長泥地区で進行する二つの計画を伝えたい。一つは「除染なき避難指示解除」で、一つは「除染土での食物栽培」だ。 






続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


新型コロナウイルス感染症によって「オンライン授業」の需要がかつてないほど高まった。日本では、ごく一部の学校がオンライン化を急速に進めたものの、多くの学校では早期終息に期待を込めているのか、旧態依然のところが多いようだ。

一方、隣国の韓国ではどうだったのか。韓国では通常3月から新学期が始まるが、2020年3月6日から全国的に学校が閉鎖され、新学期は4月9日からオンラインで始まった。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 ポルトガルで一番人気のスポーツはサッカーだ。クリスティアーノ・ロナウドはじめ、世界的に活躍する選手を輩出してきた。そんなトップアスリートの芽を発掘するための学校スポーツプログラムが長年展開されてきた。「平等」と「包摂」を理念とし、“ポルトガル最大のスポーツクラブ”とも呼ばれている。ポルトガルのストリートペーパー『CAIS』が、このプログラムへの支持者および改善を望む声を取材した。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 「スポーツに政治を持ち込むな」「スポーツ選手は粛々とプレーしてろ」そう主張する声も少なくない。だがこれは、いつも通りスポーツ観戦できれば、自分の知らない誰かが死のうと構わないということなのか。多くの命が理不尽に奪われている現状に、おかしいという気持ちは湧かないのだろうか。選手たちは好きでスポーツに政治を持ち込んでいるわけではない。「あきらかにおかしいこと」を変えようと、穏便に訴えても一向に変わらない現状に業を煮やし、より強くアピールできる手段を行使しているのだ。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 病院にかかる時に気にすることといえば、アクセスや待ち時間の長さ、保険の適用範囲といったことだろうか。だがトランスジェンダー(生まれもった性別と自認の性が一致しない人)やノンバイナリー(身体的な性に関係なく、男性・女性といった枠組みを当てはめない人)の場合は、「ジェンダーに関する差別を受けるのでは」との心配が加わる。 健康保険証にある名前や性別が見た目と違うことで治療を拒否される恐れがあり、ときには命を落とすこともあるのだ*1。現状と対策について、ミシガン大学ソーシャルワーク准教授のシャンナ・K・カッタリが解説する。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2020年10月15日発売のビッグイシュー日本版393号の紹介です。
表紙は「レディオヘッド」、特集は「変われ、スポーツと社会」です。

393_H1_SNS_yokonaga


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ