2022年7月1日発売のビッグイシュー日本版434号の紹介です。
表紙は「サム・フェンダー」、特集は「ふり返る、コロナ政策の費用と効果」です。

434_H1_SNS_yokonaga





続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 街角で雑誌販売をするビッグイシュー販売者は、人通りが見込める場所に立つことが多い。そのため、その場所は、選挙時には選挙活動にも使われることもよくある。

選挙期間になると、ビッグイシューを応援してくださる方の中には「選挙活動で人が集まりすぎて、販売者が販売しづらいのでは?」「候補者は販売者のことをいないものとしているのではないか?」とご心配をいただくことがあるため、実際のところを東京9名・大阪13名の販売者に聞いてみた。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 世界の温室効果ガス排出量の約3分の1は、農業や食料生産システム(栽培、加工、輸送、廃棄)によるものだ。気候変動の影響を受けやすい農業と、地政学のリスクにさらされやすい食料生産システム(ウクライナ危機による影響など)。いま、生産者と消費者をつなぐ複雑なしくみの「脱炭素化」を目指した技術開発が進められている。カナダのゲルフ大学農業カレッジ(OAC)学部長レネ・ヴァン・アッカ―たちが『The Converesation』で、今後導入すべきとして、5つの技術を提唱している。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 米コロラド州デンバーのサウス・ブロードウェイは、歴史がありながら常に進化を続ける、この街の魅力を語るには欠かせない通りだ。レストラン、バー、コーヒーショップ、古着屋、ガーデニングショップなど新旧さまざまな店が建ち並び、朝から晩まで楽しめる。新たなビジネスが次々と生まれるこのエリアで今注目を集めているのが、2021年半ばのオープン以来大盛況の「カオス・ブルーム劇場」だ。コメディや即興劇の上演だけでなく、コメディアン養成コースも提供している。(『デンバー・ボイス』掲載記事より)続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 近年、日本でも「ヤングケアラー」の存在が注目されるようになってきた。厚生労働省の定義によると、大人並みのケア責任を負う18歳未満の子どもとされ、2020年の調査によると中学2年生の17人に一人が該当し、1日平均4時間がケアに当てられているという*1。しかし18歳以上の若者でも深刻な状態に置かれているケースがある。英国スタフォードシャー大学保健学部ジェシカ・ルナクレス上級講師らが、『The Conversation』に寄稿した記事で各国の「大学生ケアラー」の実態を概観している。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 「算数ができると得をする」ー小学生の頃、先生から言われたことはないだろうか。当時はそうは思えなかったかもしれないが、「先生の言い分」は多くの研究で実証されている。富や幸福度の捉え方と認知の役割を研究しているスウェーデンのヨーテボリ大学の心理学者らによる『The Conversation』寄稿記事を紹介しよう。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ブロックチェーン、NFT(非代替性トークン、いわば偽造不可な所有証明書付きのデジタルデータ)、暗号資産(ビットコインなど)といった言葉を目にする機会が増えている。従来の銀行に代わるしくみを提供できる、アート作品の新しい購入方法になる、大きな投資チャンスだ、メタバースに不可欠などと言われている。しかし多くの人にとって、そのしくみは理解しがたく、リスクも大きく感じられる。こうした新しい技術をいち早く受け入れ、信念を持って支持している人と、大多数の人との違いは何か。そこにあるのは社会変革のイデオロギーだと主張するミシガン州立大学准教授でサイバーセキュリティ研究者リック・ウォッシュの見解を紹介しよう。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 元路上生活者のドミニク・ブローは自身が身体を洗えず苦しんだ経験から、友人たちと約2200万円を調達し、シャワー付きのバスを開発した。現在、ハンブルク市内をほぼ毎日走らせ、行政に代わって誰でも利用しやすい衛生施設を提供している。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 経済的困難がある人でも、無料または低額で必要な医療が受けられる「無料低額診療事業」。同事業の周知に尽力する社会医療法人同仁会・耳原総合病院(大阪府堺市)の田端志郎理事長に話を聞いた。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ