水戸地方裁判所(前田英子裁判長)は3月18日に「東海第二発電所の原子炉を運転してはならない」という判決を下した。判決理由は「現実的な避難計画及びこれを実行し得る体制が整えられているというにはほど遠い状態であり、(中略)具体的危険があると判断した」というものだ。東海第二原発の30km圏内には94万人が住んでおり、実効性ある避難計画が不可能であることは誰が見ても明らか。判決はこの現実を直視して運転を差し止めたのだ。



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 日本でもそうだが、アメリカでも大学生の生活苦が大きな問題になっている。大学入学後に両親からの支援が終了して貧困に陥る場合もあるが、それ以前から食や住まいに不安を抱えてきたケースもある。なんとか学費を納めても、生活で最低限必要なものを手に入れる経済的余裕がない学生もいる。さらには、そんな学生を大学側が十分に支援できていないことも多い。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


シーン#1: 映画公開から25年、スコットランドの深まる薬物危機

Choose Life 人生を選べ
映画『トレインスポッティング』の主人公レントンの有名なセリフだ。アーヴィン・ウェルシュの同名小説をダニー・ボイル監督が映画化。ユアン・マクレガーら俳優陣の出世作となったこの作品は、スコットランド・エディンバラが抱えるドラッグ・カルチャーという暗部を白日の下にさらした。1996年2月23日に公開されるや、スコットランド国民のアイデンティティを揺さぶり、薬物問題をめぐる議論を巻き起こした。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 緊急事態宣言が繰り返されるたびに経済も甚大なダメージを受けており、「現金給付」の必要性がかつてないほど叫ばれている。このような緊急事態においては、速やかな支給があって然るべきだ。困窮者への現金給付の動きは、世界的に広がっているものの、万能薬にはなりえないとドレイク大学の経済学准教授ヒース・ヘンダーソンは指摘する。ヘンダーソン教授がオンラインメディア『The Conversation』で発表した記事を紹介しよう。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2021年5月15日発売のビッグイシュー日本版407号の紹介です。
表紙は「カズオ・イシグロ」、特集は「“調べる”っておもしろい」です。

407_H1_SNS_yokonaga




続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 ここ数年、「フードバンク」や「フードドライブ」といった言葉をよく見かけるようになった。「家庭で余っている食材を、困窮家庭へ」という目的のもと、多くの自治体やNPOなどが活動しているため、一部の家庭では以前より意識が高まっているだろう。
しかし、各家庭が「生産や流通における大量の食料廃棄」に気づく機会は少ない。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 米国の個人寄付総額は30兆円規模、日本の40倍近いと言われている*1。そんな寄付大国で、寄付者にある変化が起こっているという。アメリカの一般家庭のチャリティー寄付について、インディアナ大学傘下の女性慈善研究機関(Women’s Philanthropy Institute)で副所長を務めるジャクリーン・アッカーマンらが行った最新の調査結果を紹介する。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 大阪市内における2020年の孤独死(死後4日以上経って発見された死亡)は年間1,314人にも上り、増加傾向にある。その多くが65歳以上だ*。しかし、「高齢者の孤独」という深刻な社会問題に悩むのは日本だけではない。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 「この詩を書いた女、頭おかしいんじゃね?」

シドニーにある男子校の授業で、米国の詩人シルヴィア・プラスの詩を読んでいると、ある生徒がそう強く批判した。教室にいたのは教師(筆者)を含めて全員が男性だった。生徒たちのディスカッションを促す立場にあった筆者は、ジェンダーに関する批判的意見が出てくることをある程度は予測していたが、ここまで露骨とは...。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ