日本でのビッグイシューの認知度はまだまだ低く、ひとりでも多くの方にビッグイシューの事業を知っていただくことは重要な課題のひとつです。

ビッグイシューを認知・ご理解いただくためのメディア「ビッグイシュー・オンライン」をサポートをしてくださいませんか。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


通常はホームレスの人たちが路上販売している雑誌『ビッグイシュー日本版』だが、ショップやカフェなど人の集まる場所であれば、ホームレスの人でなくともビッグイシューを販売できる「委託販売制度」がある。
新潟県・佐渡島でこの制度を利用して販売しているのが、植物のある暮らしを提案する園芸店「Silt」だ。店長の椎名智代さんに、開店の経緯や委託販売の魅力についてお話を伺った。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ロシアによるウクライナ侵攻により、約200万人のウクライナ難民が押し寄せたポーランド。戦争開始から半年が経った2022年夏、支援現場を視察した米国のネブラスカ大学リンカーン校の政治学教授パトリス・マクマホン(専門は人道主義、非政府組織)が『The Conversation』に寄稿した記事を紹介する。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2022年10月15日発売のビッグイシュー日本版441号の紹介です。
表紙は「ソフィア・ノムヴェテ」、特集は「いいね オーガニック給食」です。

441_H1_SNS_yokonaga
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 通常はホームレスの人たちが路上販売している雑誌『ビッグイシュー日本版』だが、ショップやカフェなど人の集まる場所であれば、ホームレスの人でなくともビッグイシューを販売できる「委託販売制度」がある。
岩手県でこの制度を利用して販売しているのが、フェアトレードショップ&カフェ「おいものせなか」だ。店長の新田史実子さんに、店に込めた想いや委託販売の魅力についてお話を伺った。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


英国のポップカルチャーに多大な影響を与えてきた国民的長寿SFドラマシリーズ『ドクター・フー』。主人公ドクター役の14代目に、初の黒人俳優ンクーティ・ガトワ(29歳)が抜擢された。温かい人柄にユーモアと熱意をあわせ持つガトワは、Netflixの世界的ヒット作『セックス・エデュケーション』でもよく知られている。さらに、『ドクター・フー』の製作総指揮にラッセル・T・デイヴィスの復帰も報じられ、ひときわエキサイティングな展開が期待されている。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ホームレス問題や活動の理解を深めるため、ビッグイシューでは路上でビッグイシューを販売する体験と、ビッグイシューのスタッフと販売者の講義がセットになった研修プログラム「道端留学」を学生や社会人向けに提供しています。

今回「道端留学」を体験したのは、ソウ・エクスペリエンス株式会社の3人の社員さんたち。”道端留学生“として講義を受け、販売体験をしました。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


戦時下のウクライナでは、戦闘要員の対象年齢となる18〜60歳の男性は、原則として出国が認められていない。しかし今回、徴兵を逃れ、ドイツに滞在中の男性アルテム(仮名、33歳)に『ヒンツ&クンスト』誌(ドイツ・ハンブルク)が話を聞くことができた。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


通常はホームレスの人たちが路上販売している雑誌『ビッグイシュー日本版』だが、ショップやカフェなど人の集まる場所であれば、ホームレスの人でなくともビッグイシューを販売できる「委託販売制度」がある。

岡山県でこの制度を利用して販売しているのが、「ヨノナカ実習室」だ。主宰するスミカオリさんに、店に込めた想いや委託販売の魅力についてお話を伺った。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ