BIG ISSUE ONLINE

カテゴリ: INSPニュースサービス


 先進国では「食品ロス」が問題となっていると同時に「食の貧困」も広がっている。
そんな中で、廃棄されていたであろう食品の寄付を受け付け、困窮者のお腹を満たす取り組みをおこなっているのがフードバンクだ。スウェーデンのストリートペーパー『Faktum』が、マルメ市とヨーテボリ市のフードバンクを訪れた。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 近頃、英国を中心にSNSでハッシュタグ #TradWife が人気なのをご存知だろうか。
「昔ながらの従順な妻(traditional wife)」を意味するこのキーワードがこの時代に注目を集めているのは意外に思えるが、どうやら50年代の映画に出てきそうな専業主婦イメージを強く支持する層がいるらしい。インフルエンサーの一人、英国人のアリーナ・ペティットは「ダーリン・アカデミー」というサイトを立ち上げ*1、従順で封建的ともいえる女性のライフスタイルを提唱し、さまざまなメディアで取り上げられている。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 米国で「ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)」の概念を支持する動きが市長レベルで加速している。ワシントンD.C.のストリートペーパー『ストリート・センス』の記事を紹介したい。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 ピュー研究所(ワシントンD.C.拠点のシンクタンク)発表の報告書によると、親と同居している18〜29歳の米国人の割合がコロナ禍で増加しているという。関連記事には“世界恐慌以来の高い割合” との見出しが目につくが*1、それほど憂慮すべき問題と言えるだろうか。米クラーク大学心理学部のシニア研究員ジェフリー・アーネットの見解を紹介したい。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


最初に「ファックアップ・ナイト」が開催されたのはメキシコだが、その後、世界的に広がり、今や90か国、321都市で開催されるまでになっている。2018年1月からオーストリアのザルツブルクでこのイベントを主催しているアレクサンドラ・ナガレは、“失敗”に対する人々の受け止め方が変わってきていると喜ぶ。ザルツブルグのストリート誌『Apropos』への寄稿記事を紹介する。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 芸能人が違法薬物の使用で逮捕されるたび、出演作品の放送中止や販売差し止めがおこなわれる日本。それらは本当に必要な措置なのだろうか。罪を犯した人物との関わりを極力避けたい、という風潮からきているのかもしれないが、犯罪者をとにかく社会から「排除」していくことでは犯罪の根絶にはならない。排除されることで「まともな仕事」につくことができなくなると、生きるため仕方なく危ない仕事に手を出す、閉塞感から違法薬物に走るなどして、むしろ再犯率を高めていきかねない。それよりも、犯罪を犯した人たちが人生を立て直していける選択肢を増やしていくべきではないだろうか。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 ノルウェー中部トロンデラーグの警察では、麻薬探知犬の増員をはかっている。だが、1頭の警察犬が誕生するまでには、長い道のりが必要とされる。 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 新型コロナウイルスの流行で「ワクチンの本格展開」が待たれる昨今だが、有効なワクチンの誕生・流通が実現するまでには、適切な研究・開発・万全の試験、費用や入手のしやすさの問題、政府および公共機関の信頼回復、反ワクチン陰謀説の誤りを暴く必要性...まだまだ険しい道のりが待っている。オックスフォード大学の調査専門家サマンサ・バンダースロットが、過去のパンデミックからの学びについて解説する。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 相変わらず新型コロナウイルス感染者増が止まらないが、こと米国においては、もはや感染予防の常識となっている「マスク着用*1」に反対する動きが依然強くある。 大多数の人たちはマスク着用に従っているのだが、その一方で、マスク着用に反対してデモを行うほど強く反対する人たちがいるのだ。実は、米国のマスク着用反対の動きは今に始まったことではない。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ