BIG ISSUE ONLINE

カテゴリ: 本誌からの転載記事


福島第一原発の爆発事故から13回目の311日がやってくる。第一原発の中では廃炉作業が思うように進んでいない。このところトラブルが続いている。202310月にはアルプス装置の中で作業員5人が被曝するという事故が起きたばかりであった。






続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


1月1日16時6分から始まった能登半島地震は、これまでに新潟地方まで含めて1400回を超える地震を記録し(1月16日8時58分現在)、今も余震が続いている。うち1月1日16時10分には震度7の巨大な地震が石川県志賀町で記録されている。
地震の影響は石川県のみならず富山県や新潟県へも及んでいる。家屋の倒壊や津波の影響など激甚災害となっている。亡くなられた方々のご冥福を祈ると同時に一日も早い復旧を望むばかりである。





続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


一風変わったリサイクルショップがある。使われなくなった家具や家電に再び命を吹き込むのは、薬物やアルコール依存症の克服に奮闘している人たちだ。
依存症を抱える人に修理技術を習得してもらい、廃棄物を減らして環境問題にも寄与する北マケドニア首都近郊にある回復施設「レト・ホープ」を訪ねた。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


世界的な食糧不足が懸念される中、永久凍土に囲まれたノルウェーの「スヴァールバル全地球種子庫」が人類を救う“最後の砦”になるかもしれない。『ビッグイシュー英国版』が潜入取材した。 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2024年3月1日発売のビッグイシュー日本版474号の紹介です。
表紙は「ノバク・ジョコビッチ」、特集は「ふくしまの13年」です。

474_H1_SNS_yokonaga




続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2023年12月3日の朝刊で目に飛び込んできたのは、原発を3倍に増やすという記事だった。アラブ首長国連邦のドバイで開催されている気候変動枠組条約締約国会議(COP28)で米国と英国が呼びかけて、2050年までに世界の原発の容量を3倍に増やす宣言を出したというのだ。宣言には22ヵ国が賛同し、その中に日本も含まれている。




続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2011年3月の福島第一原発事故で放射能が降下し、高濃度汚染地域になった福島県飯舘村。いまだに長泥地区に帰還困難区域が残る同村で11月3日、「被災後12年の被害実態、暮らしと村人・村の将来を語る」と題したシンポジウムが開かれた(※1)。避難生活を送る村民や支援者、研究者ら約80人が集い、村の現状に理解を深めるとともに、必要な支援について考え、議論した。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2011年の東日本大震災時、被災3県での障害者手帳保持者の死亡率は全住民の約2倍で、死者数の約6割を占めていたのは65歳以上の高齢者だ。
災害時に支援が必要な人をどう避難させるかが大きな課題となっている中、その手段の一つとして注目を集める「JINRIKI®」開発者の中村正善さんに話を聞いた。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2023年10月25日に福島第一原発内のALPS(多核種除去設備)施設内で、配管の清掃作業を行なっていた作業員5人が汚染水を浴びて被曝する事故が起きた。東京電力によれば5人の被曝線量はベータ線量で最大6.6ミリシーベルト(20代の男性)と評価されている。5人のうち1人は身体汚染なし、4人のうち2人は除染して基準以下に(4Bq/cm2)なったが、残る2人は線量が下がらず、福島県立医大附属病院に入院した。




続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ