BIG ISSUE ONLINE

カテゴリ: 自然・環境・動物


 自然の中に身を置くと、多くの人が心がほぐれると感じるだろう。自然に触れることは、リラックス効果があるだけでなく、認知機能の向上や、トラウマ症状の改善、子どもの注意力欠如障害(ADHD)の症状を緩和するともいわれている*1。しかし、パンデミックにより外出を自粛している人も多いだろう。家の庭や室内のグリーンでも同じ効果が期待できるのか、シェフイールド大学園芸学の研究者ラウリアネ・スイン・チャルミン-プイが研究結果を発表した。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2021年6月15日発売のビッグイシュー日本版409号の紹介です。
表紙&特集「ひきこもりアップデート」、スペシャル「オリビア・ニュートン・ジョン」です。

409_H1_SNS_yokonaga
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 近年、日本の消費者文化にも根づき始めた「ブラック・フライデー」。こうしたセールは、毎年新製品が登場するスマホやパソコンの購入意欲を高める契機となっているものの、捨てられた製品はどこへ行くのだろうか? その行方を追うと、そこには目を背けたくなる現実と、立ち向かう起業家たちの姿があった。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2021年6月1日発売のビッグイシュー日本版408号の紹介です。
表紙&特集は「植物力 毒・薬と香り」、スペシャルは「リズ・アーメッド」です。

408_H1_SNS_yokonaga
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ケニアのマサイマラ保護区(※1)で小型飛行機を自ら操縦し、ゾウ密猟対策活動や野生動物の保護に奔走する滝田明日香さん。象牙・銃器探知犬のゲージが天国に旅立った後(※2)、新しい探知犬を育てあげることにした滝田さんからレポートが届いた。












続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2021年4月15日発売のビッグイシュー日本版405号の紹介です。
表紙は「ソフィア・ローレン」、特集は「“渡り”と“回遊”」です。

405_H1_SNS_yokonaga
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 コロナ禍が使い捨てプラスチック容器の需要を急激に押し上げている。市場の年間成長率も5.5パーセントとの予測(コロナ禍前の4パーセントからさらに上昇)だ。“買っては捨てる”のライフスタイルのおかげで、英国では一年間に出すプラスチックごみは一人当たり平均99キロにも上る*1。ランカスター大学サステナビリティのシニア研究員、キャサリン・エルズワース・クレブスのプラごみ削減の提案を見てみたい。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 今、古着市場がすごい勢いで伸びている。古着市場に関する最新の報告書*1によると、米国の古着市場は一般のアパレル市場の21倍のスピードで拡大し、市場規模は今後10年で金額ベースで3倍以上拡大すると予測されている(2019年の280億米ドル → 2029年には800億米ドルへ)。



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


服をどこで買うにしても、できるだけ人や環境に配慮した“エシカル”な服を選びたいものだ。しかし、エシカルファッションの定義は多岐にわたり、製品の認定や認証を行う機関も複数あり、エコを装ったマーケティング戦略やうわべだけ取り繕った“グリーンウォッシング”な企業も存在するので、実際はそう簡単ではない。

オーストラリアで2018年に成立した「現代奴隷法(modern slavery laws)*1」は、消費者のエシカルファッションの意識に影響を及ぼしているのか。メルボルン大学で文化研究に関わるハリエット・リチャードとナターリャ・ラスティの調査を紹介しよう。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ