BIG ISSUE ONLINE

カテゴリ: 自然・環境・動物


現在、「一般財団法人ネコイコネ」の代表を務める橋本磨季さんが「飼い主のいない猫に避妊去勢手術を行う活動」を始めたのは2003年頃のこと。猫は生後5ヵ月で妊娠が可能になり、1度に5~6匹の子猫を出産する。

「殺処分のために、子猫を持ち込まれる動物愛護センター(以下センター)の職員さんたちは大変な苦悩を抱えています。不幸な命をこれ以上増やさないためにも、飼い主のいない猫に、いつでも、どこでも、避妊去勢手術を受けさせられる体制が不可欠です」

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


欧州議会は2023年3月、大規模な環境破壊「エコサイド」を、ハーグにある国際刑事裁判所(ICC)で訴追可能となる犯罪とみなすEU法案修正を承認した。エコサイドが、戦争犯罪やジェノサイド(集団殺害犯罪)と同様に、EU法に明文化される可能性が高まった。エコサイドの犯罪化を提唱する人たちは、この動きを歓迎しつつも、実現までの道のりは長いことも認識している。こうした動きを踏まえ、エコサイドについて知っておくべきことをまとめてみよう。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


過激な活動を繰り広げ、人々の顰蹙を買うことで気候変動対策を訴えてきた環境保護団体「エクスティンクション・レベリオン(XR)*1」が、方針転換に動いているという。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2023年9月15日発売のビッグイシュー日本版463号の紹介です。
表紙は「ジェーン・バーキン」、特集は「“有事”を防ぐ」です。

463_H1_SNS_yokonaga


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


自分のお気に入りのシャツを作るのに、どれくらいのカーボン・フットプリント(二酸化炭素排出量)がかかっているか考えたことはあるだろうか。綿のシャツで2.1kg、ポリエステルのシャツだとその2倍以上(5.5kg)の二酸化炭素を排出している。実に、地球全体の二酸化炭素排出量の約5%がファッション業界によるものなのだ。RMIT大学ベトナムの准教授ラジキショール・ナヤクが『The Conversation』に寄稿した記事を紹介する。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2023年9月1日発売のビッグイシュー日本版462号の紹介です。
表紙は「羽生善治」、特集は「古気候学と“気候危機”」です。

462_H1_SNS_yokonaga

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


米国カリフォルニア州は、2045年までに同州の温室効果ガス排出量をゼロとし、ゆくゆくは州外の排出量削減までをも視野に入れた大胆な気候変動対策の計画を発表した*1。カリフォルニア大気資源委員会の理事として本計画の策定にかかわってきたダニエル・スパーリング(カリフォルニア大学デービス校土木工学・環境科学政策学部の教授で、国際的な環境賞ブループラネット賞の2013年受賞者)が『The Conversation』に寄稿した記事を紹介する。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


日本では熱中症による救急搬送数が過去最高を記録したとのニュースが流れたが、世界中の国々も記録的な熱波に襲われている。

中国では過去最高気温を記録(2023年7月に52度)し、米国の広範囲で高温に関する警告・注意報が、ヨーロッパでも「ケルベロス高気圧」や、とりわけ南欧エリアには「カロン高気圧」が大きな脅威をもたらしている。欧州の保健機関が先週発表した推計によると、欧州では、2022年に発生した一連の熱波により6万人以上が熱中症で亡くなり、とくに死亡率が高かったのはイタリア、ギリシャ、スペインだった。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2023年8月15日発売のビッグイシュー日本版461号の紹介です。
表紙は「フジコ・ヘミング」、特集は「こころに、自然を取り戻す」です。

461_H1_SNS_yokonaga

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ