BIG ISSUE ONLINE

カテゴリ: 若者・教育


 「退屈」を感じると、すぐに気を紛らしてくれるものに頼ってしまいがちな今の世の中。
だが、退屈な時間を大切にすることが、興味を広げ、創造性を育み、息の長い幸福感を得る上でキーになるという。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


夏休み明けの9月に子どもの自殺が増えることは深刻な問題として認知されるようになってきていますが、長期休暇中、子ども達とどのように過ごせばいいのか、またどんな点に注意すればいいのか、不登校に関する情報や交流のため発行されている「不登校新聞」の編集長、石井志昂さんにお話を聞きました。 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ビッグイシュー日本では、ホームレス問題や活動の理解を深めるため、高校や大学などで講義をさせていただくことがあります。
 
今回の行き先は青山学院大学。講演会を企画してくださったのは、2022年4月に設置されたシビックエンゲージメントセンターの皆さんです。
元々はボランティアセンターとして設置されていましたが、ボランティアに限らず、学生・教職員の皆さんの幅広い社会貢献活動に関するサポートを目的としてオープン。
 
今回は、ビッグイシュー日本東京事務所長の佐野未来と、販売者のやまのべさんがお伺いしました。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ビッグイシュー日本では、学校や各種団体などに出張して、ホームレス問題や取り組みへの理解を深める講義をさせていただくことがあります。
今回は兵庫県神戸市にある灘中学校へ。担当教諭の片田先生より、有限会社ビッグイシュー日本スタッフの吉田と、国立大卒の販売者・うえださんを講師として道徳の授業にお招きいただきました。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 近年、日本でも「ヤングケアラー」の存在が注目されるようになってきた。厚生労働省の定義によると、大人並みのケア責任を負う18歳未満の子どもとされ、2020年の調査によると中学2年生の17人に一人が該当し、1日平均4時間がケアに当てられているという*1。しかし18歳以上の若者でも深刻な状態に置かれているケースがある。英国スタフォードシャー大学保健学部ジェシカ・ルナクレス上級講師らが、『The Conversation』に寄稿した記事で各国の「大学生ケアラー」の実態を概観している。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 ビッグイシューでは、ホームレス問題や活動の理解を深めるため、高校や大学などで講義をさせていただくことがあります。

今回の行先は早稲田大学の平和学Iの授業。講義を企画してくださったのは、社会科学総合学術院の堀芳枝先生です。国際社会や日本の様々な問題について直接・構造的暴力や文化的暴力の観点から検討し、積極的平和の実現を考え、そのための行動を促す授業を受けている皆さんへ向け、ビッグイシュー日本東京事務所長の佐野未来と、販売者のニシさんがお話しました。


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


子どもがランドセルを背負い、一人で徒歩または電車で通学する光景は日本ではごく普通のこと。しかし、世界的に見るとまだまだ「親の送り迎え」が通学手段の主流だ。国によって治安や距離の問題もあろうが、子どもたちだけで通学することを推進している動きを追った。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 ホームレス問題や活動の理解を深めるため、ビッグイシューでは路上でビッグイシューを販売する体験と、ビッグイシューのスタッフと販売者の講義がセットになった研修プログラム「道端留学」を学生や社会人向けに提供しています。

今回「道端留学」を体験したのは、東京都町田市にある和光高等学校の生徒の皆さん。8名が”道端留学生“として販売体験と講義を受けました。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 サイバーセキュリティに関する人材は不足がちで、特に女性が少ない分野だ。この点に注目した教育者と研究者の共同チームが、小学生女子向けの教育プログラムを開発した。開発メンバーであるフロリダ大学で教育テクノロジーを専門とするカーラ・ドーソン教授らが、その背景とプログラムについて『The Conversation』に寄稿した記事を紹介しよう。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ