BIG ISSUE ONLINE

カテゴリ: アート・文化


ピアニストのフジコ・ヘミングさんが亡くなった。2023年11月に自宅で転んで入院。その療養中に膵臓がんが見つかり、2024年4月21日に容体が急変したとのこと。フジコさんの友人であり、2023年『ビッグイシュー日本版』461号の巻頭インタビューを執筆したライターの森山文央さんから、追悼記事が届いた。クリスチャンだった奇蹟のピアニストは、ついに「念願の」天国に旅立ったのだという。 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 “10代の心(実年齢問わず)を刺激する古本屋”をコンセプトにした古本屋がある。大阪市阿倍野区にある「大吉堂」だ。立ち読み自由、おやつつき。なんなら、本を読まずボーっとしても、スマホをいじっていてもいい。
今回は、店主の戸井律郎さんに、お店のなりたちやビッグイシューとの関わりについてお話を伺った。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


世界的な音楽家であると同時に、数々の環境・平和活動にも取り組む坂本龍一さん。3・11市民のつどい「Peace on Earth(ピース・オン・アース)」に参加した坂本さんが語る、3・11後の日本の変化と社会活動、そして未来。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


『ビッグイシュー・ノース』(英国北部で販売)が、マンチェスター出身の著名アーティスト、スタンリー・チョウと、オンライン靴下専門店スタンドフォーソックス(Stand4Socks)とタッグを組み、チャリティー靴下を発売している*1。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2020年3月、新型コロナウイルスが猛威を振るい世界が“停止”したとき、何を食べて過ごしただろう? 

多くの街が封鎖され、大半の飲食店が臨時休業となり、スーパーには食料品や生活必需品を買い込む人々が殺到。スーパーの棚はたちまち空っぽになり、企業は商品の補充に追われ、自治体は住民たちに冷静な対応を呼び掛けた。いざという時の備えの必要性を感じた人たちも多いだろう。

世の中には自然災害や金融崩壊といった大きな危機を想定して、十全な備えをしている人たちがいる。米オクラホマシティのストリートペーパー『The Curbside Chronicle』の記事を紹介する。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


英国の慈善団体「アーツ&ホームレス インターナショナル」が、「アートとホームレス問題」の分野における卓越したプロジェクトや個人の貢献をたたえる国際賞を立ち上げた。賞は6つの部門から成り、受賞者(プロジェクト)は、各分野の専門家、およびホームレス状態を経験したことがある者たちで構成される第三者委員会によって選出される。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2024年1月1日発売のビッグイシュー日本版470号の紹介です。
表紙は「トーベ・ヤンソン」、特集は「沖縄、百年の食卓」です。

470_H1_SNS_yokonaga








続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2023年12月15日発売のビッグイシュー日本版469号の紹介です。
表紙は「からすのパンやさん」、特集は「行ってみたい、あの町この町」エッセイ10編です。

469_H1_SNS_yokonaga







続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ポケモンは25年以上にわたり、任天堂が世界に誇るタイトルであり続けてきた。海外ではポケモン人気はどう解釈されてきたのだろうか。英ポーツマス大学にてメディア文化について教鞭をとるリンカーン・ジェラティ教授が、『The Conversation』に寄稿した記事を紹介しよう。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ