BIG ISSUE ONLINE

カテゴリ: アート・文化


2023年11月15日発売のビッグイシュー日本版467号の紹介です。
表紙は「奈良美智」、特集は「ジェンダーの生物学」です。

467_H1_SNS_yokonaga




続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2023年11月1日発売のビッグイシュー日本版466号の紹介です。
表紙は「美弥るりか」、特集は「スポーツを文化にする」です。

466_H1_SNS_yokonaga

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


6万5000年以上前、オーストラリア大陸へ渡り、全土に居住していた先住民たちは、今や人口の3・3%だ。入植した英国人による大虐殺の歴史は現在も話題にされにくいが、蓋をした過去に目を向けてもらうべく踊るダンサーたちがいる。 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2023年5月、マーティン・スコセッシ監督の最新作『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』がカンヌ国際映画祭でプレミア上映された。1973年の『ミーン・ストリート』から、2019年の長編ギャング映画『アイリッシュマン』に至るまで、高い評価を受けてきたスコセッシ監督(80歳)の作品群に、また一つ新しい作品が加わった。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


オレゴン州ポートランド郊外にあるアニメ制作会社「スタジオライカ」(2005年設立)は、ストップモーションという撮影技法で知られる。長編映画『コララインとボタンの魔女』(2009年)でデビューして以来、これまでに5作品を公開してきた。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


アラン・メンケンという名前を聞いてピンとくるだろうか。長く子どもたちに愛される映画サントラを数多く生み出した男だ。1980年代以降、『美女と野獣』『アラジン』『リトルマーメイド』などディズニー音楽をいくつも担当し、エミー賞、グラミー賞、アカデミー賞、トニー賞すべてを獲得するなど、銀幕の裏で輝かしい功績を挙げてきた。そんな彼の“マジック”がまたもや、ディズニー最新作で発揮されている。 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


車上生活者の生きざまを描いた映画『ノマドランド』が突きつけたように、2008年の金融危機以降、高い住居費を節約する手段として「車上生活」を選ぶ人が増えている。パンデミックによって、その数はさらに増えている。トンプソン・リバース大学ヒューマンリソース学部のアンガス・J・ダフ准教授が『The Conversation』に寄稿した記事を紹介しよう。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


世界的に芸術家(アーティスト)の収入は、教育や資格を必要とする他の職業のプロよりもかなり低い。女性となると、さらに不利な状況にある。オーストラリアの芸術家をとりまく環境について、豪マッコーリー大学の経済学教授デイヴィッド・スロスビーらが『The Conversation』に寄稿した記事を紹介しよう。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


雑誌『ビッグイシュー日本版』の第1号が世に出たのは2003年のこと。来年の創刊20周年を記念した企画の第一弾として、ビッグイシューで大人気連載中の「マムアンちゃん」を一冊に取りまとめた単行本、愛蔵版『ビッグ マムアンちゃん』が発売となった。

2022年12月3日に行われたオンラインイベント『BIG ISUUE LIVE』では、「マムアンちゃん」の作者であるタイの漫画家、ウィスット・ポンミニットさん(通称・タムさん)をお迎えし、ビッグイシュー日本編集長・水越洋子と、ビッグイシュー日本東京事務所長・佐野未来がお話を伺った。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ