BIG ISSUE ONLINE

カテゴリ: 地域活性化


2024年6月15日発売のビッグイシュー日本版481号の紹介です。
表紙&特集は「まちに座る」、スペシャルは「エイミー・ワインハウスが遺したもの」です。

481_H1_SNS_yokonaga-01


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


阪神・淡路大震災を経験した167人に、ボランティアスタッフとともにアンケートを実施。寄せられた回答をもとに『地震イツモノート』をまとめた渥美公秀さん(大阪大学大学院教授)が語る、ライフスタイルとしての防災。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 世界中がコロナ対策に苦闘しているなか、台風シーズンが到来した。日本の避難所は世界的に見ても何十年と進化がないと批判されがちだが、アジアの最貧国の一つとされるバングラデシュは災害対策で着実な進化を遂げている。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2023年12月1日発売のビッグイシュー日本版468号の紹介です。
表紙は「趣里」、特集は「廃屋DIY」です。

468_H1_SNS_yokonaga






続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


「パウンドベリー」は、チャールズ英国王(当時は皇太子)が1993年から大切に温めてきた街づくりのプロジェクトだ。英国ドーセット州ドーチェスターの西、コーンウォール公領(皇太子の領土を指す)の400エーカーにおよぶこの 土地で、チャールズ国王は30年以上をかけて、自身が思う“英国のあるべき姿”を形作ってきた。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ベトナムの首都ハノイ、4人家族のトラン家では夕食の準備が進む。材料は冷凍庫から取り出して解凍するのではなく、母のハ・トランが仕事帰りに近所の市場で買ってきた新鮮な豚肉と卵だ。こうした習慣は多くのベトナム家庭に染みついている。「私はハノイで7歳の頃から、おつかいで市場へ行っていました。近所には市場が二つあり、どちらも2ブロック先の近さでした」とトランは言う。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


有限会社ビッグイシュー日本では、企業や各団体が主催するイベントで雑誌『ビッグイシュー日本版』の出張販売をさせていただくことがあります。
今回は、JR住吉駅の販売者・Iさんと六甲道駅の販売者・木下さん、ビッグイシュー日本スタッフが、生活協同組合コープこうべ主催「『つながり』から考える持続可能な社会づくり 地域つながるフォーラム」へお伺いしました。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


市民と行政・企業、行政と企業などの間に立ち、活動や連携を支援する”中間支援“の機能を持った施設は全国にある。大阪府箕面市にある、みのお市民活動センター(以下、同センター)もその一つだ。
箕面市より指定管理者として指定を受け同センターの運営をしている「特定非営利活動法人市民活動フォーラムみのお」(以下、同団体)スタッフの松木 亮さんより、同センターの取り組みや、雑誌『ビッグイシュー日本版』との関わりについてお話を伺った。
 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


パン屋さん「美味しいパンをつくったけれど、営業時間内に売り切れなかった」--
お客さん「パンがほしかったけれど、営業時間内にお店に行けなかった」--

この2者をつなぐ「夜のパン屋さん」は、営業時間内では販売しきれなかったパンをお店から引き取って代理販売することで、食品ロスを削減し、生活が困窮する人にすぐできる仕事を提供する取り組みです。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ