286_01s
5月1日発売のビッグイシュー日本版286号の紹介です。
表紙はエルトン・ジョン、特集は「憲法のあした」。

スペシャルインタビュー エルトン・ジョン

3月に69歳になったエルトン・ジョン。3月にリリースした『Wonderful Crazy Night』には、長年の仲間たちとぴったり息を合わせた、アップテンポでハッピーな曲がそろいました。尽きることを知らない創作意欲と、若々しさの秘密とは?

特集 憲法のあした


戦後71年、今ほど「改憲」が騒がれた時はないでしょう。政府は折にふれて改憲をアピールし、参院選挙の大きな争点にもなろうとしています。
しかし、政治のあり方を最終的に決める権利(主権)をもつのは市民です。そして憲法は、主権者である市民の手を離れて政府が暴走しないよう、権力を縛る目的で誕生しました。その原点に立ち帰り、憲法のどこを変える必要があるのか、ないのかを、考えてみませんか?
そこで、比較憲法学者の山元一さんに「知りたい! 海外の憲法と改憲のいま」、憲法学者の渋谷秀樹さんに「もう一度、憲法基本の基」、海外在住の若者グループ「VOYCE」に「自民党の改憲草案、英訳プロジェクト」について聞きました。また、ドキュメンタリー『不思議なクニの憲法』を制作した松井久子さんにもインタビュー。
憲法の基本、世界の改憲を知るなかで、私たちの憲法の明日を考えたい。

リレーインタビュー 紫吹淳さん

宝塚歌劇団で数々の主役に抜擢、01年には月組トップとなり、04年からは女優としてだけでなく、バラエティ番組でも活躍する紫吹淳さん。順風満帆に見える道のりですが、実は最初の公演が酷評され、そこから洋画を観まくる「徹底的な研究生活が始まった」と語ります。

監督インタビュー 『LISTEN リッスン』牧原依里 & 雫境 監督

映画の幕開けから最後の一秒まで、一切の音が入っていないのに、全編“音楽”であふれた『LISTEN リッスン』。
http://www.uplink.co.jp/listen/
ともにろう者である二人の監督に、この前例のない映画の制作までの経緯、手話から生まれる“ろう者の音楽”について聞きました。

ワンダフルライフ シングル、夫婦、子ども連れ「銭湯シェアハウス」髙橋政臣さん

横浜市鶴見区、商店街の一角にあるレトロ感あふれる銭湯が、さまざまな人を呼び込み、つなぐ場所になっています。仕掛け人の髙橋政臣さんに、お話を聞きました。

この他にも、「ホームレス人生相談」やオンラインでは掲載していない各種連載などもりだくさんです。詳しくはこちらのページをごらんください。

最新号は、ぜひお近くの販売者からお求めください。 販売場所検索はこちらです。

販売者不在地域限定の定期購読もご利用ください。
http://www.bigissue.jp/subscription/subscription.html





ビッグイシューをいいね!で応援!



最新情報をお届けします

無料メルマガ登録で「ビッグイシュー日本版」創刊号PDFをプレゼント!



過去記事を検索して読む


ビッグイシューについて

top_main

ビッグイシューは1991年ロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊したストリートペーパーです。

ビッグイシューはホームレスの人々の「救済」ではなく、「仕事」を提供し自立を応援するビジネスです。1冊350円の雑誌を売ると半分以上の180円が彼らの収入となります。