「ビッグイシューを買ってる人っているの?見たことない」とおっしゃる方が時々いらっしゃいますが、ビッグイシュー日本版を買ってくださる方は確かにいらっしゃいます。

bigissue



 その証拠に…と7月1か月分の「購入報告ツイート」をまとめてみようとしたところ、思ったより数が多く、7月1日からの1週間分、かつ写真やエピソード付きのものを中心にまとめみました。
どなたでも気軽にお声がけいただき、購入いただける雑誌(販売者)という雰囲気が伝われば幸いです。

初めて購入された方も、久しぶりに購入頂いた方も、常連の方も、お買い上げくださったうえに、 ツイートまでしていただいて本当にありがとうございます!

購入報告のツイート数々










上記と同じ期間にバックナンバーの購入報告も続々と!

書店で販売している雑誌と違い、販売者はバックナンバーを販売していることも多々あります。 気になる号がある方は、販売者にお伝えいただければ仕入れて次回にお渡しも可能です。






大量まとめ買い!


熱い応援メッセージもいただいております



「ビッグイシュー日本版」購入はこちらから

販売場所はこちらのページ、以下の地図から確認できます

ビッグイシュー日本版は、全国の図書館が年間購読をしてくださっています。近くで販売していないという場合でも、お近くの図書館にビッグイシューがあるかもしれません。
ない場合は、ぜひ購読をリクエストしてみてください。

また、「ビッグイシュー基金」の会員になると、最新号が届く仕組みも用意されています(全国発送します)。「ビッグイシュー基金」ウェブサイトをご覧ください。


おまけ


こちらはたぶん3月の下記のツイートのことかと思います。
ビッグイシュー公式のアカウントとしては珍しく700件を超えるリツイートがありました。

ちなみに2017年上半期で最もリツイートされた公式のツイートは下記です。


ビッグイシューについての疑問についてもなるべくお答えしていきたいと思っています。 もちろん購入報告や雑誌の感想も大歓迎です。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

最後に、最新号の情報はビッグイシュー・オンラインと無料メルマガで案内しています。配信をご希望の方は下記フォームからメールアドレスを入力してください。どうぞよろしくお願いいたします。






過去記事を検索して読む


ビッグイシューについて

top_main

ビッグイシューは1991年ロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊したストリートペーパーです。

ビッグイシューはホームレスの人々の「救済」ではなく、「仕事」を提供し自立を応援するビジネスです。1冊350円の雑誌を売ると半分以上の180円が彼らの収入となります。