「書くことで、社会に役立ちたい」
「NPOの広報をしたい」
「ブログで発信するうえでの注意ポイントを知りたい」
そんな方が学べるWebライティング講座を、オンラインで開催します。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 目が不自由な人のための音声・点字版など、「障害者向けの水害ハザードマップ」を作成している自治体は、国土交通省の調査に応じた1591自治体のうち、2.6%にとどまることが判明した*1。平時に障害者の存在が想定されていないのなら、有事に障害者が取り残されてしまうであろうことは目に見えている。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 東京電力HDは2021年11月17日、汚染水の海洋放出による放射線影響は「極めてわずかだ」とする評価報告書を公表した。「多核種除去設備等処理水(ALPS処理水)の海洋放出に係る放射線影響評価報告書(設計段階)」と題する報告書によれば、汚染濃度の低い汚染水を放出した場合には、年間の被曝線量は法が定める限度(1ミリシーベルト/年)の約1万分の1以下と評価し、放出できる最大濃度で計算すると約2000分の1と評価した。設計段階としているのは、まだ、放出設備の許可申請を行っていないからだろう。



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


日本でのビッグイシューの認知度はまだまだ低く、ひとりでも多くの方にビッグイシューの事業を知っていただくことは重要な課題のひとつです。

ビッグイシューを認知・ご理解いただくためのメディア「ビッグイシュー・オンライン」をサポートをしてくださいませんか。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 2019年に小説『Girl, Woman, Other』(未邦訳)で黒人作家として初めて、英国で最も権威ある文学賞「ブッカー賞」を受賞したベルナルディン・エヴァリスト。この作品は、オバマ元大統領が2019年の推薦書に選んだことでも知られる。著者に、『ビッグイシュー・ノース』がインタビューした。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 空き缶などの資源ごみは貴重な収入源となることもあり、日本の自治体では持ち去りを禁止するところも多い。しかし、リサイクルされるでもなく「誰かが捨て、処分されゆくもの」を拾ってきて有効活用することは、善なのか、悪なのか?
フードロス削減が叫ばれる今、「ダンプスター・ダイビング(ゴミ箱あさり)」の現状をドイツのストリートペーパー「bodo」が取材した。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


ケニアのマサイマラ保護区(※1)で小型飛行機を自ら操縦し、ゾウ密猟対策活動や野生動物の保護に奔走する滝田明日香さん。象牙・銃器の探知犬、密猟者の追跡犬とともに保護活動している中、追跡犬ユニットにいくつもの試練が降りかかる……。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2022年1月15日発売のビッグイシュー日本版423号の紹介です。
表紙は「ザ・ビートルズ」、特集は「冬こそ、鳥見」です。

423_H1_SNS_yokonaga
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨今、気候危機、貧困、ジェンダー不平等などの社会問題はもはや多くの人々に認知されるようになってきている。また、コロナ禍以降は中小企業や個人への経済的な補償や失業対策、医療体制の充実などの問題も可視化されている。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ