(本文ダイジェスト)

23歳のバフィーは人生でセックスの経験がない。今後セックスをしたいとも全く思っていない。彼女は人口の少数派である無性愛者に属しているのだ。人口の1%ほどである彼らへの人々の理解度は、決して満足できるものではない。

「ほとんどの人は無性愛が何なのか知らないわ。もしくは気にもしていないの。」とバフィーは言う。「親友の2人は私を嘲笑うし、学校の教室の前で私が無性愛者だと暴露する人もいるのよ。」

By Marilen Johns and Tina Sander / From “HEMPELS”

翻訳協力:國元愛優、監修・編集:ビッグイシュー・オンライン編集部

Love without sex

【Photo: REUTERS/Amir Cohen】


「セックスは経験したことがないわ。したいと思ったこともない。これからも絶対に経験したくない。」

これは、多くの人々が愕然とする一言だろう。大抵の人間がこの世で最も素晴らしいと明言するものに、興味すらないなどありえるのだろうか?

これは、バフィー(23歳)の言葉である。なお、バフィーという名前は本名ではない。彼女は新聞上や暮らしている場所で、自分の本名を見たくないのだと言う。彼女はとある大都市の大学生である、ということだけ伝えておこう。


そして、彼女は「無性愛者」である。バフィーは、彼女のような人々が社会でしばしば直面する問題を説明するため、自身のストーリーを語ってくれた。

私たちはここで、性的交渉の欲求のない人々について説明するために、「無性愛者(訳注:原文では”asexual”)」という専門用語を使う。

無性愛は、異性愛、同性愛のように性的指向のうちの一つの形態である。必ずしも幼少期の頃のトラウマや、禁欲主義的生活の追求などが無性愛の原因になっているわけではない。

そして、無性愛者は他の者と同じように、誰かと親密な関係を築きたいと思っている。無性愛は、単に性的欲求の不在を意味するため、セックスはするが情熱的で愛情のある関係性を求めていない「非ロマン主義(訳注:原文では”aromanticism”)」とは混同されるべきでない。

無性愛者がどれほど存在するかを知ることは困難だ。自身の内の無性愛の存在にすら気付いていない、もしくは自分が無性愛者であると認めたくない、という人々もいることがその理由のひとつだ。調査によって違うが、無性愛者の割合は人口の1~3%前後だと考えられている。


バフィーは15歳の頃、学校の研究課題の調査中に、ふとある論題に出会い自身の無性愛に気付いたという。それまで彼女は性的感情を抱くことがなかったので、他の若者はそういった話を誇張して話していると決めつけていた。しかし、調べるうちに彼女は自身が「無性愛者」であると認識することができた。

最初にそのことを打ち明けたのは、こうした事情に理解のあるレズビアンの友達だった。他の友達は、彼女の相談に対して、おおよそ友達と思えないような反応をした。

今では誰かに伝える前に慎重に考える。「長年の知り合いに秘密を打ち明けるのは簡単ではないわ。知り合って間もない人との会話で打ち明ける方が楽に感じる」という。


少し前に、バフィーは過去に付き合ったことがあり、バフィーの性に対する考えを知っていた彼と新たに関係を始めた。しかし、この関係も続かなかった。彼女は、再び恋人が欲しいと語る。愛し、抱きしめ、手を握り合うことが出来る相手だ。

こうした関係を切望する無性愛者もいるが、違った態度の人々もいる。どの程度の親密さ、距離を求めるかは人によって違う。多くの無性愛者は、「普通」の恋愛関係を築いている。パートナーと性交渉をしないという点を除けば、他のカップルと同様に生活し、人を愛している。


他人と親しくなり始めた時、たとえば未来のパートナーとしての可能性がある人に出会った時、バフィーは最初のうちは自身の性的指向についてあまり話さないようにしているという。「ストレートに言及はしないけれど、包み隠さずに話せる日が来るまで、境界線はきちんと伝えるようにしているわ。」これまでのところ、この方法で上手くいっている。

バフィーは、彼女が無性愛であることがある人々には、彼女を拒絶する理由になりうることに気付いている。彼女は、自身を拒絶する人々と友達ではいたくないと語る。

「否定的な反応をする人は、結局私にとって良い存在にはならない、と自分に言い聞かせているの。」

このような理由から、多くの無性愛者は無性愛者同士と、もしくは禁欲主義者や、性的欲求があまりないといった人々を選んで関係を発展させていく。


無性愛者はしばしばパートナーからもプレッシャーを受ける。

不十分な理解や潜在的不信感、批判などは多くの無性愛者に影響を及ぼしている。バフィーもまた最も近い家族に自分の性的指向を説明する時、彼らの拒絶反応に苦しんだという。適切に情報が行き渡ることで、現状が変わることを彼女は期待している。

「一方で、保守的な私の家族が少しずつ、私を受け入れようとし始めてくれているの」と彼女は言う。

「でも、未だに私が無性愛者だとは信じ切れていないわ。私の無性愛を肯定してはくれないし、そのことについては触れないようにしているの」

時々、友達や身内がセックスは人生において最高のものであると彼女を納得させようとするが、彼女にとって、それはとても耐えがたいものでもある。

「興味の無いものに興味を持てと人が私に強要することで、今までの多くの関係がダメになってきたわ。」


日々の生活の中で、「セックス」は彼女が向き合わざるをえないトピックである。

しかし、彼女は徐々に慣れてきているようだ。「映画の登場人物が、セックスをすることのみが重要で、それしか目に入らないといったようなときにはがっかりするけど、セックスシーンを見るのは気にしないから問題ないわ。」

彼女は無性愛者だが、子どもが欲しいと考えている。将来的には養子縁組を考えるつもりだと彼女は語る。無性愛者のコミュニティの中で、バフィーのこの願いは珍しいものではない。子どもを欲する人もいれば、欲しない人もいる。中には、子どもを持つ願いをかなえるために、我慢してセックスをする人もいる。


インタビューの終わりに、バフィーは「性的な感情や欲望を持たなくても、いつか、愛するパートナーと親密な関係になれると思う」と言った。そして、「セックスだけが良い関係を作る要素ではないわ」と付け加えた。

彼女は自身の信念を要約するような質問で、このインタビューを締めくくった。


「お互いを受け入れることと、寛容であることが、何よりも大切だと思わない?」






ビッグイシューをいいね!で応援!



最新情報をお届けします

無料メルマガ登録で「ビッグイシュー日本版」創刊号PDFをプレゼント!






ビッグイシューについて

top_main

ビッグイシューは1991年ロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊したストリートペーパーです。

ビッグイシューはホームレスの人々の「救済」ではなく、「仕事」を提供し自立を応援するビジネスです。1冊350円の雑誌を売ると半分以上の180円が彼らの収入となります。