11月に入り、朝晩冷え込むようになってきました。
プライベートスペースを持たないホームレス状態の人々は、気温の変化が直撃しやすく、それでいて"気温の変化に備えて衣類を収納しておく"ということも難しいのが現実です。

そこでビッグイシュー基金では、洗い替えが必要な夏季や、かさのある防寒着・小物が必要な冬季に秋冬衣類や防寒着、防寒小物を、「もう着ない・使わなくなった」という皆様から募集し、必要な人々へお渡ししています。

今回は事務所に送っていただいた衣料が、どのようにホームレス状態の当事者の方々の手に渡るかをご紹介します。


大阪事務所では、当事者の方がゆっくりと談笑できるスペースの横に、種類ごとにラベルを貼ったボックスが設置されています。

IMG_2226

皆さまにご寄付いただいた服や小物は、到着しだいこのボックスに仕分けられていきます。

また、同じスペースにビッグイシュー誌の販売者が、毎日その日の天気予報を黒板に転記しています。
ホームレス状態の方はテレビや新聞、スマホで天気をチェックできないことが多いため、天候をここでお伝えすることで、気温対策の判断をします。

IMG_2227

たとえば「朝晩は上着が欲しい」というコメントをチェックして、その対策となる手持ちの衣服がない場合は、上記の衣料・小物ボックスから当事者の方が必要な服をピックアップしていきます。


この日は、豊中市のM様より事前にお電話で「衣替えで着ない服が出てきたので、今週送りますね」と予告いただいていたとおり秋冬衣料を段ボール1箱寄贈いただきました。(ありがとうございました!)
クリーニング済のジャケット、セーター、ズボン多数、ニット帽、革靴、などが入っていました。

喜ぶTさん。「わお♪」

IMG_2232


大事そうに袖を通して、襟を正して、にっこりピース。
うれしそうです!お似合いです。
大阪駅前で雑誌販売をされているTさん、これで肌寒い日も、しっかり販売できますね♪
IMG_2243


<衣料のご寄付ありがとうございました>
みなさまのおかげで、たくさんの方から秋冬もの衣料をご寄付いただきました!
どうもありがとうございました。2017年秋冬の衣料募集は11月22日をもって終了致しました。
衣料のご寄付は季節ごとに募集をしております。
詳細はビッグイシュー基金のサイトまたはFacebookなどをご確認ください。

※北海道、宮城、石川、愛知、京都、岡山、熊本には、ビッグイシュー販売をサポートするボランティア団体もございます。
https://www.bigissue.jp/sell/supporter/
東京・大阪事務所よりこれらの事務所がお近くの場合は、上記リンクよりお問い合わせいただけると幸いです。
(スペースや受け取りの都合上、予めご連絡いただけると助かります。)



★不要になった古本でも「ホームレスの自立」を支援できます★

関連記事

「ホームレス状態で困ること」例5つ&その解決をサポートするボランティアの人々


ビッグイシュー関連バックナンバー

THE BIG ISSUE JAPAN253号
特集:お金こえる!0円ネットワーク

「所有」から離れて、資源を分かち合う「シェア(共有)」が人気を博し、さらに「必要なものを、お金で売り買いせずに、贈りあう」ムーブメント「0円ネットワーク」の紹介。
https://www.bigissue.jp/backnumber/253/


THE BIG ISSUE JAPAN241号
特集:増殖するシェア

タウンシェア、シェアハウス、空き地シェア。今、「シェア」は増殖し進化している。
https://www.bigissue.jp/backnumber/241/


THE BIG ISSUE JAPAN321号
特集:食SOS!フードバンクのいま

手つかずで捨てられる食品(食品ロス)が年間600万トンを超える日本で、賞味期限の迫る食品を企業から引き取り、福祉施設や生活困窮者支援の団体などに提供する市民活動「フードバンク」を特集。
https://www.bigissue.jp/backnumber/321/



ビッグイシューは最新号・バックナンバーを全国の路上で販売しています。販売場所はこちら
バックナンバー3冊以上で通信販売もご利用いただけます。









過去記事を検索して読む


ビッグイシューについて

top_main

ビッグイシューは1991年ロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊したストリートペーパーです。

ビッグイシューはホームレスの人々の「救済」ではなく、「仕事」を提供し自立を応援するビジネスです。1冊350円の雑誌を売ると半分以上の180円が彼らの収入となります。