2019年4月15日発売のビッグイシュー日本版357号の紹介です。
表紙は「ティモシー・シャラメ」、特集は「市民発電所」です。

357_H1s




リレーインタビュー・私の分岐点:ダンサー 森山開次さん

2005年『KATANA』で「驚異のダンサー」(ニューヨークタイムズ紙)と評され、07年、ベネチアビエンナーレに招聘。13年には文化庁の文化交流使も務めた、ダンサー・振付家の森山開次さん。人前で踊る仕事をしながら「基本的には今も引っ込み思案なんです」と笑う森山さんのターニングポイントは、大学生の時。たまたま観に行ったミュージカルとの出合いにありました。

スペシャルインタビュー:ティモシー・シャラメ

1995年生まれ、現在23歳。“ミレニアル世代のディカプリオ”とも呼ばれ、『君の名前で僕を呼んで』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた俳優ティモシー・シャラメ。最新出演作は、実話に基づく映画『ビューティフル・ボーイ』です。薬物依存と闘う息子役にかけた深く熱い思いを語りました。

映画『ビューティフル・ボーイ』海外版ロング予告編


特集:市民発電所――都市・里・山の試み

3・11以降、“都市・里・山”で、市民によるエネルギー自給と災害時のセーフティネットをめざす、地域分散型の再生可能エネルギーの試みが広がりつつあります。2018年10月に起こった胆振(いぶり)東部地震の際は、苫東厚真火力発電所1ヵ所依存で北海道の全域が停電、一極集中型エネルギーシステムの“危険”を証明しました。
一方、東京の「多摩電力」は公共施設などの屋根に13の太陽光発電所の建設、また再エネの自家消費を首都圏に広める新会社「たまエンパワー」を立ち上げました。
兵庫の「宝塚すみれ発電所」は作物を育てる畑の上で発電を行うソーラーシェアリングのモデルを構築し、農業と農地を守っています。長野の山間部のNPO「まめってぇ鬼無里(きなさ)」は、地元の木材を資源に変える「薪ステーション」をつくり、キャンプ場、温泉施設などに出荷。地域に仕事や経済をつくっています。都市・里・山の各地域でエネルギーの地産地消を進める市民の試みを取材しました。

国際:今や、日本は唯一の象牙販売国になろうとしている

ケニア、ナイロビ大学で野生動物獣の医師免許を取得し、マサイマラ保護区でゾウ密猟対策活動などを続けながら、2017年にはケニアで外国人として初めて野生動物の治療ができる許可を得た滝田明日香さん。しかしその直後に、腰を痛めて車の運転ができなくなったことから、小型飛行機のライセンスを取得し、現在も野生動物の保護に奔走しています。今回はようやくマサイマラに小型飛行機が届いたというニュースや、日本がいまや唯一の象牙販売国になろうとしている問題をご紹介します。

世界一あたたかい人生レシピ「パソコンのトラブルが起こった時に『教えて』と聞くとすごく不機嫌になる夫」

今回のお悩み相談は、40代女性の方から。「夫は基本的には良い人なのですが、パソコンのトラブルが起こった時に『教えて』と聞くとすごく不機嫌になる」というご相談です。これに販売者さんは「僕の場合は、相手に不満がある時は自分に置き換えて想像してみるようにしています」と自身の対処法を披露。枝元さんからはご褒美を先に渡しちゃう作戦として“ホームメイド・ハンバーガー”のつくり方をご紹介します

本誌の感想を送ってオンラインの「読みどころピックアップ」と本誌「マイオピニオン」をみんなで作ろう!

ビッグイシューオンラインで、本誌の読者アンケートの受付中!

・ビッグイシューオンラインの「読みどころピックアップ」に掲載

いただいた感想は、ビッグイシューオンラインの「読みどころピックアップ」で紹介させていただくことがあります。よろしければ記事に関連したオススメ書籍やイベント、動画もご紹介ください。

・本誌の「マイオピニオン」に掲載の場合は特典も

本誌の「マイオピニオン」に掲載された場合は、図書カード500円分と掲載誌をプレゼントします。

たくさんのご意見・ご感想をお寄せください。
読者アンケートはこちらから



最新号は、ぜひお近くの販売者からお求めください。 販売場所検索はこちらです。






過去記事を検索して読む


ビッグイシューについて

top_main

ビッグイシューは1991年ロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊したストリートペーパーです。

ビッグイシューはホームレスの人々の「救済」ではなく、「仕事」を提供し自立を応援するビジネスです。1冊350円の雑誌を売ると半分以上の180円が彼らの収入となります。