2022年2月1日発売のビッグイシュー日本版424号の紹介です。
表紙は「ルース・ネッガ」、特集は「子どもケアラー」です。

424_H1_SNS_yokonaga

スペシャルインタビュー:ルース・ネッガ

黒人と白人の結婚が違法だった時代の夫婦愛を描いた『ラビング 愛という名前のふたり』でオスカーにノミネートされ、2019年のSF作『アド・アストラ』ではブラッド・ピットと共演。ますます注目されるエチオピア系アイルランド人俳優、ルース・ネッガがNetflixで配信中の新作映画『PASSING ―白い黒人―』を語ります。

特集:子どもケアラー

少なくない子どもたち(ヤングケアラー/18歳未満)が家族の介護をしています。介護離職、老老介護、介護と子育てに疲弊する家族など、介護保険制度によるサービスはあっても、介護は多くの人にとって切実な問題です。中でも、子どもたちによる家族の介護は見過ごされてきました。濱島淑惠さん(大阪歯科大学教授)が大阪府立高校10校の高校生を対象に行った調査では、5.2%の生徒がケアラーだという結果が出ています(2016年)。20人に1人、クラスに2人が、家事、介護、感情面のサポートなどを担っています。

この問題の根底には、介護は家族で担うという“家族主義”の思想があります。その歪みと矛盾がヤングケアラーの存在によって浮かび上がってきます。

濱島さんに「ヤングケアラーを生む社会的背景と現状、介護と社会、必要な施策」について、また、元ヤングケアラーなどが立ち上げた2つの当事者の集い、「ふうせんの会」の朝田健太さん、「こどもぴあ」の坂本拓さんに話を聞きました。

オンライン版オリジナル関連記事:大阪・兵庫近辺で、安心して過ごせる「居場所」の紹介(ヤングケアラーと経験者の集い「ふうせんの会」の朝田健太さんが登場します)

国際:クリスマス島。ジャングルから海へ、アカガニ5000万匹の大移動

オーストラリア本土よりもインドネシアに近い小さな島。インド洋に浮かぶクリスマス島では毎年10〜12月頃、数の上で地球最大規模となる「陸ガニの大移動」が見られます。繁殖活動を行う海岸を目指すためで、島民はあの手この手でカニたちの行路を支えています。

国内:“放っておけない”市民の10年。子どもたちの保養の場づくり

2011年の福島第一原発事故後、被曝への不安を訴える声をうけて、放射性物質の影響が少ない地域で子どもや親を一時的に受け入れる「保養」の取り組みが、市民によって全国で始まりました。そんな保養活動の10年とコロナ禍に置かれた現在について、保養をすすめる関西ネットワーク(ほようかんさい)の宇野田陽子さん、小野洋さんが語ります。

国内:冬だからこそ見られる“木々の戦略” 森の案内人 三浦豊さん

常緑樹の緑と落葉樹の茶色い枝が混在する、冬の森。けれど、この時期にも木々は種を飛ばしたり花を咲かせたりして、冬を乗り切る戦略を駆使しています。森の案内人・三浦豊さんと京都・哲学の道を歩き、冬を生き抜く木々の話を聞きました。

424_01-01

ビッグイシュー日本版』424号

本誌の感想を送ってオンラインの「読みどころピックアップ」と本誌「マイオピニオン」をみんなで作ろう!

ビッグイシューオンラインで、本誌の読者アンケートの受付中!

・ビッグイシューオンラインの「読みどころピックアップ」に掲載

いただいた感想は、ビッグイシューオンラインの「読みどころピックアップ」で紹介させていただくことがあります。よろしければ記事に関連したオススメ書籍やイベント、動画もご紹介ください。

・本誌の「マイオピニオン」に掲載の場合は特典も

本誌の「マイオピニオン」に掲載された場合は、図書カード500円分と掲載誌をプレゼントします。

たくさんのご意見・ご感想をお寄せください。
読者アンケートはこちらから



最新号は、ぜひお近くの販売者からお求めください。 販売場所検索はこちらです。






過去記事を検索して読む


ビッグイシューについて

top_main

ビッグイシューは1991年ロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊したストリートペーパーです。

ビッグイシューはホームレスの人々の「救済」ではなく、「仕事」を提供し自立を応援するビジネスです。1冊450円の雑誌を売ると半分以上の230円が彼らの収入となります。
(※2020年4月1日より、価格を改定いたしました)