233_01s


こんにちは、ビッグイシュー・オンライン編集部のイケダです。現在発売中の234号から、読みどころをご紹介いたします。

被災地で仕事をつくる女性たち



最新号の特集は「被災地、女性の仕事」。被災地から新たなビジネスを生み出す女性たちのプロジェクトが7つ紹介されています。

1つ目に紹介されているのは、編み物チーム「Tsubomi」。不要な服や布を一度切ったり裂いたりしてつなぎ、かぎ針で編む「さき編み」と呼ばれる手法で製品をつくっています。紙面には野田治美さんのインタビューが掲載されています。

IMG 3534

2つ目のチームはアクセサリーブランド「Amanecer(アマネセール)」。おしゃれで丈夫で手頃なアクセサリーが受け、「現在は20代、30代の女性10人以上が月2〜3万円、時給800円程度の収入を得ている」そうです。

IMG 3529

3つ目のチームは「ソーシャルニットワーク・プロジェクト」。会津若松市と宮古市で編み物商品を製作するチームです。地域や団体を超えた横断的な活動となっています。

IMG 3530

4つ目のチームは「にこまるクッキー」。会津市、陸前高田市、遠野市、仙台市、石巻市、そして東京で作られているクッキーです。売上の40%が生産者に分配される仕組みになっています。紙面では東京に自主避難してきている女性たちにお話を伺っています。

IMG 3531

5つ目のチームは「かーちゃんの力・プロジェクト」。約20名のスタッフがクッキー、マドレーヌ、炒り豆、調味料、お弁当などなどの商品をつくっています。「避難直後は目標を持つことさえできなかった私たちが、今は"多くの人に喜んでもらえるものを作りたい"と仕事をしています」と語るのは、代表の渡辺とみ子さん。

IMG 3532

最後に紹介されているチームは「みんなのカフェ」と「キッチンNagomi」の2つのチーム。京都に避難してきた人々が立ち上げた素敵なカフェです。近隣の読者の方はぜひ足を運んでみては。

IMG 3533

紙面では、すべてのチームの方々に、詳しい取り組みの内容と、その想いを語っていただいております。東京からでも関われるプロジェクトも多いので、ぜひご一読の上、アクションを取ってみてください。

その他、最新号では歌手の「ZERO」のインタビュー、16歳にしてグラミー賞を獲得した歌姫「ロード」のインタビューなどが掲載されています。「ピープルツリー」の限定クーポンも付いているので、こちらも気になる方はぜひ。

最新号の目次はこちら
販売場所はこちら
ビッグイシューについて知りたい方はこちら

233_01s



なお、最新号情報は無料メールマガジンでも送付しておりますので、ぜひこちらもあわせてご購読ください。









ビッグイシューをいいね!で応援!



最新情報をお届けします

無料メルマガ登録で「ビッグイシュー日本版」創刊号PDFをプレゼント!



過去記事を検索して読む


ビッグイシューについて

top_main

ビッグイシューは1991年ロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊したストリートペーパーです。

ビッグイシューはホームレスの人々の「救済」ではなく、「仕事」を提供し自立を応援するビジネスです。1冊350円の雑誌を売ると半分以上の180円が彼らの収入となります。