結婚18年目で、子どもが2人。夫は上場企業に勤め、はたからみれば何不自由のない暮らしですが、結婚前から夫がパチンコとスロットにはまる、ギャンブル依存症。お金を使い果たしてしまうと、家にこもり私にべったりの「妻依存症」に。病院に連れて行ったこともありますが、「オレはまだ会社を辞めていないから、依存症ではない」と認めません。精神的苦痛から私も治療中です。心穏やかに暮らせる日はやってくるのでしょうか。

(女性/38歳/会社員)

「こんな旦那さんとは一日も早く、別れてしまいなさい!」って言うのは簡単やけど、18年も一緒におった奥さんにとっては、とてもつらいことやと思うわ。

この記事は2014/08/29に公開したTHE BIG ISSUE JAPAN132号(SOLDOUT)からの転載記事を再編集したものです。

132 



でも奥さん、旦那さんをほんまに愛しているんやったら、甘やかすのではなくて、今すぐ手を打たなあかんね。

キツイ言い方になるけど、私ギャンブル好きというのは、治療しないと死ぬまで治らないと思うねん。

私の友だちのお父さん、入院してもうあかんという時まで、パチンコに行きたいって言い続けたまま、亡くなったらしいわ。それか私らみたいに、家族もお金も何もかも失くして、したくてもできないという状態になってしまうか。

私がこうやって雑誌を売ってても、「ほんまにホームレス?」って驚かれることがあるねん。

はたから見たらホームレスっぽくないのも、これまた私の悩みやねんけど、私は私。昔から毎日髪は洗いたいし、身なりもキレイにしていたい性質。えらそうに言うのも、昔からや(笑)。

今だって幸せってことないけど、自分というのをもっていなかったら、今頃どうなってたんやろうって思うもの。

私はね、この奥さんは、旦那さんと自助グループを一度のぞいてみたらいいと思うねん。アルコールや薬物の依存症の人が集まるところ、あるでしょ。

これまで、エエところの奥さんらしく、上品に振るまっていかなあかんとかあったかもしれないけど、もう人前で格好つけるのはなしやで。

世の中にも自分とよく似た経験をしてきた人が、ぎょうさんおることを聞いたり、ひとりで抱え込まずに何もかもぶっちゃけてみたら、今よりずっと気持ちが楽になれると思う。人間やもん。悪い時もあるけど、またエエ時もくるもんやで。

(大阪/Tさん)



『販売者応援3ヵ月通信販売』参加のお願い
応援通販サムネイル

3か月ごとの『ビッグイシュ―日本版』の通信販売です。収益は販売者が仕事として"雑誌の販売”を継続できる応援、販売者が尊厳をもって生きられるような事業の展開や応援に充てさせていただきます。販売者からの購入が難しい方は、ぜひご検討ください。
https://www.bigissue.jp/2022/09/24354/



過去記事を検索して読む


ビッグイシューについて

top_main

ビッグイシューは1991年ロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊したストリートペーパーです。

ビッグイシューはホームレスの人々の「救済」ではなく、「仕事」を提供し自立を応援するビジネスです。1冊450円の雑誌を売ると半分以上の230円が彼らの収入となります。