2024年5月15日発売のビッグイシュー日本版479号の紹介です。
表紙は「井浦新」、特集は「『認知症』を更新する」です。

479_H1_SNS_yokonaga




リレーインタビュー 私の分岐点:髙田春奈さん

公益社団法人日本女子プロサッカーリーグ(WEリーグ)チェア(理事長)である髙田春奈さん。一昨年、チェアに就任したことが、人生にとって大きな分岐点だったと言います。長崎で生まれ育ち、幼い頃から平和な世の中を作りたい、社会に貢献したいという思いを強く持っていた髙田さんを、女子サッカーを通じた社会貢献へと導いた出来事とは?

2.479_モックアップ_目次


スペシャルインタビュー:井浦新

今や日本の映画・ドラマ界では欠かせない存在となった井浦新さん。6月7日公開の映画『東京カウボーイ』で米国映画デビューを果たした彼が、自らの俳優人生と本作のテーマでもある人生の豊かさ、そして社会とのかかわりについて語ります。


3.479_モックアップ_スペシャルインタビュー

特集:「認知症」を更新する

身近に「認知症」のある方はおられますか? 認知症の人に見える不思議な世界を知りたいと思いませんか? 当事者である丹野智文(たんのともふみ)さんは、認知症当事者のための総合相談窓口「おれんじドア」を開き、多くの当事者から相談を受けてきました。丹野さんは「認知症と診断された時から当事者の暮らしは、それ以前とはまるっきり変わってしまう。それは認知症になったら“何もわからなくなる”などの間違った情報や、重度の症状だけが伝わっているからだ」と言います。

そこで、筧裕介(かけいゆうすけ)さん(issue+design代表)は、100人以上の認知症のある人にインタビューをして、当事者の世界を具体的にイメージできる“14の世界”のストーリーを描きます。筧さんは「認知症の方が抱えている問題の大半は、人との関係や周囲の環境との関係の中で起きています」と話します。

超高齢化が進む今、誰でも認知症になる可能性があります。丹野さん、筧さんに、当事者、家族、支援者、そして私たちと社会ができる工夫や備えについて聞きました。

4.479_モックアップ_特集

国際:『ターニング・ポイント:核兵器と冷戦』

今年に入って原爆をテーマにした映画が話題ですが、注目したいのは3月13日に全世界同時公開された、インターネットの会員制動画配信サービス「Netflix」のドキュメンタリー映画『ターニング・ポイント:核兵器と冷戦』(ブライアン・ナッペンバーガ監督/全9回・約10時間)です。米国人スタッフらとともに、映画制作に携わった共同プロデューサーの大矢英代(はなよ)さん(ジャーナリスト、ドキュメンタリー制作者、カリフォルニア州立大学フレズノ校助教授)と、古賀野々華(ののか)さん(早稲田大学学生)に話を聞きました。

表現する人:鈴木康広さん。一瞬の世界、身近なものを作品に

日常の見慣れたものを独自の視点で捉え直し、作品を制作する鈴木康広さん。巨大なファスナーの形をした船をつくり、その水しぶきがまるで海をファスナーが開いているように見える「ファスナーの船」や、巨大な人型をした「空気の人」など、作品を観た人が「笑える」かどうかを意識して制作していると語ります。

5.479_モックアップ_表現する人

本誌の感想を送ってオンラインの「読みどころピックアップ」と本誌「マイオピニオン」をみんなで作ろう!

ビッグイシューオンラインで、本誌の読者アンケートの受付中!

・ビッグイシューオンラインの「読みどころピックアップ」に掲載

いただいた感想は、ビッグイシューオンラインの「読みどころピックアップ」で紹介させていただくことがあります。よろしければ記事に関連したオススメ書籍やイベント、動画もご紹介ください。

・本誌の「マイオピニオン」に掲載の場合は特典も

本誌の「マイオピニオン」に掲載された場合は、図書カード500円分と掲載誌をプレゼントします。

たくさんのご意見・ご感想をお寄せください。
読者アンケートはこちらから

最新号は、ぜひお近くの販売者からお求めください。 販売場所検索はこちらです。


『販売者応援3ヵ月通信販売』参加のお願い
応援通販サムネイル

3か月ごとの『ビッグイシュ―日本版』の通信販売です。収益は販売者が仕事として"雑誌の販売”を継続できる応援、販売者が尊厳をもって生きられるような事業の展開や応援に充てさせていただきます。販売者からの購入が難しい方は、ぜひご検討ください。
https://www.bigissue.jp/2022/09/24354/


過去記事を検索して読む


ビッグイシューについて

top_main

ビッグイシューは1991年ロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊したストリートペーパーです。

ビッグイシューはホームレスの人々の「救済」ではなく、「仕事」を提供し自立を応援するビジネスです。1冊450円の雑誌を売ると半分以上の230円が彼らの収入となります。
(※2020年4月1日より、価格を改定いたしました)