9月11日、雑誌『ビッグイシュー日本版』は創刊18周年を、「ビッグイシュー基金」は設立14周年を迎えることができました。
お客様やボランティアの方々からいただいた温かい祝福メッセージの数々を、仕入れに来た販売者にも見えるよう、東京事務所に掲示させていただきました。






07th_board

下記に、皆さんからいただいたメッセージをシェアさせていただきます。

*9月11日はYouTubeのビッグイシューチャンネルにて、周年記念動画公開、オンラインイベント配信します。もしよければこちらもご覧ください。

宮城県

東京に住んでいた頃、新宿西口のスタッフさんからよく買わせて頂きました。

何年か前にステップハウスに入居されたことが分かり、ご本人様の頑張り、スタッフ様の頑張りによって一先ずの目標を達成させられことのお手伝いが出来たと、とても嬉しく思いました。昨今の情勢や今後のことなど、大変なことは山積していますが、あの日ビッグイシューを手渡して頂いた方が今もどこかで頑張られている姿を思い、また最寄りの販売員さんから買わせて頂こうと思います。創立18年、おめでとうございます。
- 和
※ステップハウス:連携団体や、一般の家主の方から提供される空き物件を基金が借り受け、ビッグイシュー販売者をはじめとするホームレス状態の人に、低廉な利用料(15,000円~)で提供する、NPO法人ビッグイシュー基金の事業。参考:https://bigissue.or.jp/action/stephouse/

宮城県

いつも満面の笑顔ありがとう‼️😊 おじさんの笑顔みる度、おじさんとお話する度、わたし、元気になります‼️😊 おじさん、応援しているからね‼️😊
- 仙台チカコ

福島県

鹿児島、熊本、大阪と転勤毎に購入をさせていただきました。寒い日も暑い日も面白い雑誌をありがとうございます。今は、にっこり会員として届けてもらっています。
- おさむ
※にっこり会員:ビッグイシュー基金を継続的に応援したいという方のための「市民応援会員」制度のひとつ。参考:https://bigissue.or.jp/how_to_join/membership/

千葉県

今はコロナの影響で、世の中の皆が大変な時期ではありますが、少しでも収まった時には、ぜひボランティアとして参加させて頂きたく思います。
- coco

埼玉県

陰ながら応援しています。 今は冊子を購入するだけの支援ですが、気持ちはそれ以上です! また街頭に立つ販売者の方々から直接購入できる日が来ることを祈っています。 スタッフの皆さまもコロナ禍で大変なことばかりかと思いますが、どうかご自愛ください。
- ぐるう

埼玉県

皆様、いかがお過ごしでしょうか。いまいましいコロナのせいでボランティア活動ができなくなってから、早くも1年以上がたってしまいました。事務所で10~15合のご飯を炊いて、大量のおにぎりを作る作業は案外(?)楽しく、むしろ気分爽快でしたが、それも今ではずいぶん昔のことのように感じます。 でもまたいつか、できますよね。その時がきたら、クラブ活動も復活させましょう。
料理部は、部長が頑張ってくださいね。家庭菜園部の「○岡ダイコン」は、あと少し大きいのができると料理部としては嬉しいでしょうか。英語クラブのシーロさんとゲッターさん、全部忘れちゃっていても大丈夫です。先生も忘れてますから(こら)。ニシさんは、ソケリッサとの両立が大変と思いますが、よろしければ。 どなたもどうぞご無事で、お元気で。今はそれだけを祈ります。
- おにぎりN

埼玉県

いつもビッグイシューを買って読むのを楽しみにしています。コロナの中で不安もあるかと思いますが、お体に気をつけてください。微力ですが、心から応援致しております。
- 舞

東京都

バイト先が近所にあったから山谷で日雇労働者を大勢見た事があるんです。下町の人間なんで販売者さんに声かけるの平気だし。記事で世界中の販売者さんを知ったり人生相談読んでも生身の声が聞こえてくる。表紙になる人が意外な程多様性に溢れてるし息子が特別支援学校の生徒なんで他人に見えないのよね。優しい媒体ですね。
- なみだばし

東京都

10年前、浪人生としてひとり予備校に通う日々、たまたま乗り換え駅で出会った販売員さんの姿に支えられました。その販売員の方は無事に卒業されたと数年後に知り、嬉しかったです。ほんの数分のやりとりに支え合いの気持ちを感じました。
- ひで

東京都

18周年おめでとうございます!その昔、改装工事中の国立駅前で販売者のKさんと毎週のように立ち話をしていた頃が懐かしいです。あれから15年以上の月日が経ったのですね。BIG ISSUEが日本で今後ますます発展されるよう、微力ながら応援しています。
- マキ

東京都

コロナ禍が収束したら、また街角でお会いしましょう。その時まで、皆さんお元気で、頑張って下さい‼️😍
- 通りすがりの70歳

東京都

14周年おめでとうございます!
遅ればせながら、今朝上司からの紹介を受けビッグイシューについて調べました。事業内容の仕組みを知り、普段何気なく通り過ぎていた販売者の方のことが頭をよぎり、早速お昼に最新号を購入しました。販売者の方の笑顔と優しいお言葉が嬉しくて、コロナ禍であまり人と関わらないこのご時世で久し振りに心がほっこり温まりました。月2回の楽しみにしたいと思います!
- ぴよ

東京都

「ビッグイシュー日本」創立18周年、「ビッグイシュー基金」創立14周年、おめでとうございます。
毎回、拝読しています。お値段以上の素敵な記事内容で、社会/世界で起こっていることを勉強したり、新しい映画や音楽を知りそれが趣味につながったりしていて、編集者の方にいつも感心し感謝しています。また、暑い中寒い中、それを届けてくれる販売者の方々にも感謝しています。コロナ禍でたいへんな時期ですが、これをきっかけに様々な人が社会問題を自分事としてとらえ、より良い世の中に変わっていくといいなとも思います。これからも楽しみにしています。
- りりこにこ

東京都

創立記念日おめでとうございます。今後のさらなる発展と皆様のご健勝を心よりお祈りいたします。また英語クラブが再開し、お会いできる日を楽しみにしています。
- リナ

東京都

いろんな状況にある人の声を、それを知らない人に届ける媒体は有り難いです。誰もが問題解決に参加できる社会になっていく過程を、私たちは体験しています。
- えり

東京都

初めてビッグイシューを知ったのはイギリスにいた時。
イギリス人からしてみれば外国人である私にも、通り掛かれば挨拶をしてくれる販売員さんがいたことを今でも思い出します。駅前のスーパーのあたりで、犬を連れて販売されている方でした。陽気に誰にでも「おはよう」「調子はどうだい」「よい1日を」なんて声をかけてもらってことで、いつも元気付けられていました。
 帰国してから日本にもビッグイシューがあることを知りました。イギリスのその彼とは異なり、静かにたたずむ販売員さんに声を掛けるのは正直まだ緊張してしまいます。でもある時、欲しいバックナンバーをいくつか事前にウェブでチェックしてから勇気を出して声をかけました。たまたま手持ちになかった号もあったのですが、「後でよかったら、ストック持ってきますよ!」とハツラツと声をかけてもらったことが、なんだかとても嬉しかったです。真面目に取り組んでいらっしゃるんだなと思いました。おかげで、欲しかった号を全て手に入れました。また、一冊一冊がスリーブに入っていて、汚れないように大事に扱っているところにも好感が持てました。とても、あたたかい気持ちになったのです。

 とはいえ、日々駅を通る際に、視界の端に販売員さんを見かけても「欲しい号とか決まってないのに声かけたら迷惑かなぁ」なんて思っているうちに通り過ぎるようになっていました。そしてコロナ禍で自分自身も出かけなくなりましたが、皆さんがどうされているか、いつもとても気にしていました。 コロナ禍になってから、緊急応援販売を知り初めて購読しましたが、記事の内容の充実度、そしてフラットな視線で書かれた記事、世の中の様々なトピックを取り扱う個性的なイシューに毎度考えさせられたり、気付かされたりしています。現在は個人的な事情もあって応援販売を停止中ですが、今回のメールを頂いて改めて購入を検討しています。 販売員の皆さまにおかれましても、非常に不安が多い日々をお過ごしかと存じます。いつも恥ずかしがって声をかけられなくてごめんなさい。
どんな号があるんですか?とか言いながら声かけてもいいですか?(流石に急に飲み物とか渡したら不審者ですかね) 暑かったり、急な雷雨があったり、コロナ感染の不安と立ち向かいながらお仕事を続けるのは精神的にも中々ハードなことだと思います。こんなご時世だから、話しかけるにしても飛沫が飛びそうだし、販売もいつも通りにはいかないなどもどかしい事も多々あるかと思います。 でもどうか、私のように応援している人間がたくさんいることを忘れないでください。目の前にいないので、実感するのは難しいかもしれませんが、活動が存続できるように祈っていますし、それぞれの販売員さんが目標や希望に近づいたらいいなと思っています。 そしてこんなに素敵な雑誌を、もっと知ってもらえるように私も友達に勧めますね! 本当はもっと国の支援や社会制度自体が違っていればよかったのに。と悔しい気持ちになります。どうか1日も早くコロナが終息し、皆さんが以前のように販売ができるようになることを祈っています。 
- ロビン

東京都

買いたい時にいつもいてくれるのが嬉しい😃頑張ってくださいネ
- misha

東京都

いつもそこに居て下さってホッとします。 また、ビッグイシューはとても洗練された雑誌だと思います。地味な日常の中、洗練さに触れたい時は販売者さんの所に行きたくなります。
- 芋子

東京都

創立初期からいい取り組みだと 思い応援してきました。多くの卒業生がいると思いますがどうされているのでしようか! 今一番大変な時期ですが、みんなで協力して乗り越えましょう。
- すによひひ

神奈川県

創立18周年おめでとうございます!
わたしは昨年12月に、初めて有楽町駅で購入しました。 わたしは派遣社員として働いており、 正社員から虐げられツラかったときに、 わたしにもできることがないかと思い、 1冊購入しました。 声をかけるとき緊張しましたが 有楽町駅で販売されてる方が とても喜んでくださり、 またこちらの身を心配してくださり 厳しいなかでも人に対する優しさを 忘れない姿に、 とても温かい気持ちになりました。 派遣先が変わったため有楽町駅に 買いに行くことができなくなりましたが、 違う場所で販売されてる方を見かけたら 買うようにしています。 戸塚駅で販売されていた方も とても優しい方でした。 これからも一緒に生きていけるよう 購入し続けます。 皆さまが元気に過ごせるよう祈っております。
- けいこ

神奈川県

暑い中、いつもありがとうございます。
 初めてビックイシューを買ったのは、予備校に通っている時でした。スヌーピーの黄色い表紙に惹かれて、緊張しながら購入したのを覚えています。 それから、1年経ち、初めて買った場所で今も何度か購入しています。 暑い時でも懸命に販売している姿を見ると、こちらまで元気をもらえます。好きな号はジェンダー関連のものです。 どうか、健康にはお気をつけて、頑張ってください!
- ブラウニー

神奈川県

販売者の方々へ 見かけたら必ず買います! 大変なご時世ですが、体に気を付けてお互い頑張りましょう^^
- しゃん

静岡県

ビッグイシューを購読して社会を変えましょう!”を合言葉に静岡県内で「読者会」として活動しています。
このコロナ禍の中であるからこそ、多くの人にビッグイシューの活動を理解してもらい、読者を増やしていきたいと思っています。厳しい環境下ですが、ビッグイシュー活動に共感している多くの読者の為にも、引き続き頑張ってください。ビッグイシュー日本そして販売者の皆様への一助になるように、「読者会」として委託販売先の「フェアトレードショップ」とも連携しながらイベント等を通じて多くの人にビッグイシューの”良さ””大切さ”を伝えていきます!
- ビッグイシュー静岡読者会

富山県

創立18周年おめでとうございます。
ビッグイシューの販売がスタートしたのは私が社会人1年目。地元の富山を離れ大阪で働いていた時でした。 地下鉄四ツ橋線本町駅から階段を上がって地上へ出たところでビッグイシューの販売者さんがおられ、毎号その方から購入させて頂いていました。 毎号発売日に購入していたわけではないのですが、とある号を購入してから数日後に知人の分を買おうとすると「もう買っておられますよ」と声をかけて下さり、「私のことを覚えておられて、且つどの冊子を購入したのか把握されておられるんだ!」と感動したことを覚えています。

また、その方へのインタビュー記事が掲載されていたことがあり、その方の苗字が結婚前の当時の私と同じだったことから運命的なものを感じたりもしていました。 今は地元富山で生活しており、販売者さんと会える機会がなくなってしまいましたが、当時購入した冊子は大切に保管しています。 販売場所へ訪れる事があればぜひまた購入させて頂きたいと思います。 これからも販売者の皆さん、そしてビッグイシューを応援しています。
- 旧姓こだま

大阪府

暑い日も寒い日も立ち続けるお姿にいつも勇気を頂いておりました! 早くコロナが収束して、人出が街に戻りビッグイシューが売れますように!
- こまるちゃん

大阪府

数年前まで、月1度、精神科に通院していた時に、よくお見かけした販売員さん。元気にされいいるでしょうか? 私自身、鬱でモヤモヤの日々でしたが、なぜか、販売員さんの姿をお見かけすると、ほっとしていたのを思い出します。 当時は、自分の周りに心休まる居場所はなく、何か感じるものがあったのかも知れん。 言葉少なで、シャイな販売員さん。お互い必要以上にお話はしたことはありませんでしたが、その関係が心地良かったです。 今も元気にしておられますように。
- あべの太郎

大阪府

販売者の皆さんへ いつも暑い中販売お疲れ様です。 皆さんから雑誌を購入する時のちょっとした会話が心をふっと軽くしてくれます。 雑誌の内容も興味深くて何度も読み直しています。 本当にもっとたくさんの人に読んでほしい雑誌です! 日中は暑い日が続きますが、体調に気をつけてお仕事頑張ってください!
- あきら

大阪府

幼少期、都会に引っ越し、ホームレス状態で暮らす方の存在を知るようになりました。「ビッグイシュー日本」が始まって賛同し、社会人となって社会生活は当方にとっても大変苦手な事柄で、他人事ではなくなりました。疫病で大変ですが、どうか皆様の努力が花開く日が来ますように。困っていることを 困っていると言え、再挑戦できる社会でありますように。
- ニコニコ

大阪府

18年と14年、おめでとうございます。
 初めてビッグイシューを買ったのは阪急高槻市駅前の噴水のとこ。 その後JR高槻駅に定着しイベントに参加したり読者会ができたり。 いろんなことがありました。 《ビッグイシューの思い出》として書き出したのに、書き切れないし、ちょっと人には言いにくいことがいっぱいで具体的に書けなくなりました。 想像だけしてください。 とにかく、ビッグイシューに絡んで出会う人は個性的で愛すべきはみ出し者たち。 これからもはみ出しながら声を上げ行動していきましょう!
- ぬらりひょん

大阪府

『ビッグイシュー』と私 「ビッグイシュー日本」創立18周年、「ビッグイシュー基金」創立14周年、おめでとうございます。
 初めて『ビッグイシュー』のベンダーさんを見かけたのは、2003年の暮れでした。そのときは何を売っているのか分からず、表紙の雰囲気から『Newsweek』か『TIME』みたいなものかと思い、前を素通りしていました。 それから間もなく、ありむら潜さんの著作の中に「日本でも『ビッグイシュー』が始まった。成功して欲しい」と書いてあるのを読み、「あれだ!」と線がつながりました。
 初めて購入したのは、表紙が矢井田瞳さんの号でした。以来、ときどき買いそびれることはあるものの、今にいたるまで読み続けています。そして、読むほどに面白くなってゆく雑誌は、この『ビッグイシュー』をおいて他に知りません。 「面白い」だけでも読む価値がありますが、『ビッグイシュー』は「セイフティーネット」としての役割を果たしているところに最も特徴があると思っています。 路上で販売しているベンダーさんと私の間には何の違いもありません。たまたま今の私には住む家があるだけです。『ビッグイシュー』は私の「セイフティーネット」でもあるのです。だからなんとしても存続していただかねば困ります。そのために、私に何が出来るだろうと、いつも考えています。 『ビッグイシュー』に関わる全ての人の健康を心からお祈りしています。あ、私も「関わる全ての人」のひとりかな?(笑)"
- ヨコスカ・フミコ

兵庫県

猛暑の中、いつも販売お疲れ様です!そしてビッグイシュー14周年おめでとうございます!大変なご時世ではありますが、販売者の方やそのスタッフの方、関わる全ての方がより良い毎日を送れますように。これからのビッグイシューを楽しみにしております!
- ゆうき


今年も無事に周年日を迎えられたのは、皆様のお力添えあってのことと深く感謝しております。 今後とも引き続き、ビッグイシューをどうぞよろしくお願い致します。

9月11日16時より、オンラインイベント開催します。

BIG ISSUE LIVE #7「あらためて語る ホームレス問題」



**新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急企画第7弾**


2021年9月4日(土)~2021年11月30日(火)まで受付。
販売者からの購入が難しい方は、ぜひご検討ください。
https://www.bigissue.jp/2021/09/20562/








過去記事を検索して読む


ビッグイシューについて

top_main

ビッグイシューは1991年ロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊したストリートペーパーです。

ビッグイシューはホームレスの人々の「救済」ではなく、「仕事」を提供し自立を応援するビジネスです。1冊450円の雑誌を売ると半分以上の230円が彼らの収入となります。