ビッグイシュー・オンライン編集部より:地域の未来を変える人材を育成する「東北オープンアカデミー」が公式サイトを公開しました。地域おこしに取り組んでいる方は必見の内容となっておりますので、ぜひチェックしてみてください。


地域の未来を変えたい人は東北へ行こう。

スクリーンショット 2015 02 06 15 52 57

東北オープンアカデミー」は、「世界で最も希望と課題に満ちた東北」で行われる大規模人材育成プロジェクト。対象人数はなんと1,000人。1,000人もの人材が、東北で行われるフィールドワークに参加し、学びを自分のフィールドに持ち帰ります。

スクリーンショット 2015 02 06 15 57 10

エネルギー、限界集落、漁業、林業、福祉、教育などなど、様々なテーマのフィールドワークを選択することができます。2泊3日という期間で、じっくり現地の取り組みを見ることができます。

スクリーンショット 2015 02 06 15 59 31

面白いのは「ファンド」という仕組み。フィールドワークの参加費用5万円の一部は、「ファンド」として積み立てられ、東北で活動を始める人に向けた奨学金や、起業支援金に使われます。

スクリーンショット 2015 02 06 16 01 31

プログラムはフィールドワークで終わりではありません。全国からメンバーが集まるカンファレンスへ、学びを深めるセミナーなどを通して、継続的にコミュニティに関わることができます。

スクリーンショット 2015 02 06 16 02 44

フィールドワークの参加募集はすでに始まっており、公式サイトから申し込むことができます。

スクリーンショット 2015 02 06 16 04 25

このコミュニティの力で、日本の未来が変わっていく予感がします。あなたもぜひ、1,000人のうちの一人になってみてください。

東北オープンアカデミー


もっと詳しく:関連サイト











ビッグイシューをいいね!で応援!



最新情報をお届けします

無料メルマガ登録で「ビッグイシュー日本版」創刊号PDFをプレゼント!






ビッグイシューについて

top_main

ビッグイシューは1991年ロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊したストリートペーパーです。

ビッグイシューはホームレスの人々の「救済」ではなく、「仕事」を提供し自立を応援するビジネスです。1冊350円の雑誌を売ると半分以上の180円が彼らの収入となります。