ダイヤモンドの採掘労働者を支援する「ダイヤモンド・フォー・ピース」。3年継続して助成を受けており、関心が高い欧米での支援者を増やすための取り組みや、消費行動の変革に向けた啓発活動、今後の展望について話を聞いた。 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2020年5月15日発売のビッグイシュー日本版383号の紹介です。
表紙は「BABYMETAL」、特集は「コロナ補償とベーシック・インカム」。

383H1_SNS_yokonaga


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 新型コロナウイルス感染症によって、「ソーシャルディスタンス」「手洗いや手指の消毒」「マスク着用」「外出自粛」という新たな規範が生まれた。だがこれらは、受刑者たちには意味がない。 米国には連邦・州・地方の拘置所や刑務所に200万人以上が収容されている*1。刑事司法学者でデイトン大学(オハイオ州)のマーサ・ハーレー教授が、受刑者たちの感染リスクおよび米国で取られている異例の措置について解説する。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 政府も地震学者も「地震予知は困難」とする中、独自の予測を『MEGA地震予測』で配信してきた村井俊治さん(地震科学探査機構〈JESEA〉取締役会長)に、プライベート観測点の設置や「ミニプレート理論」の発見で見えてきた新たな展開について聞いた。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 新型コロナウイルス感染拡大によって多くの人が大きな不安を抱えている今だが、LGBTQの人たちはより精神が削られる状況に陥りやすい。コロナ危機がLGBTQの人たちに及ぼしているものについて、クイア文化研究を専門とする英ラフバラー大学上級講師のロヒット・K・ダスグプタがレポートする*1。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 新型コロナウイルス感染症の影響により、世界中で大多数の学校や大学が長期の休校となっている。学生たちの学習機会を提供し続けるべく、とりわけ高等教育機関では教育のオンライン化を慌ただしくすすめている状況がある。すべての学生が授業についていけるよう教師の側が心に留めておくべきこととはーケープ半島工科大学(南アフリカ)の研究者ダイアン・ベルが解説する。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年にケニアで外国人として初めて野生動物の治療許可を得た滝田明日香さん。ケニア、マサイマラ保護区(※1)で小型飛行機を自ら操縦し、ゾウ密猟対策活動や野生動物の保護に奔走する。ケニアでも今、新型コロナウイルス感染症が広がっているという。 












続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、終わりの見えない自宅待機が続くーー米国各地で大勢の人々がトイレットペーパーや缶詰を求めて店に押し寄せる様子が報じられる一方、また別の大きな不安を感じている人々が数百万人規模でいると考えられている。家庭内暴力(DV)から逃れられない人たちだ。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加


 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界がかつてなく “停止”している。

1月後半からロックダウン(都市封鎖)を実施してきた中国・湖北省の都市(武漢など)では少しずつ規制を緩和する動きも出てきたが、欧州では多くの国がいまだ“自宅軟禁”の状態にある。学校は長期休校、バー、レストラン、スポーツジム、“生活に必要不可欠でない” 店舗は休業、再開の目処は立っていない(4月24日時点)。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ